スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コ式を知らないハリィがカンでコ式を作ってみる

ナマズ,ライギョの季節がどんどん終わっていく中,残された獲物はコイじゃね?
というのが先日のお話。じゃあ,もしコイをやるとしたら何で釣るか。

流行りのコ式・パンコイしかないんじゃないかと。一応トップウォーターですし。パンだけど(笑)





正直,コ式って触ったこと無いんですけど・・・いろんなサイトでコ式を自作されてますのでそれを参考に。
まずは「バックアップ材」を購入。φ20mmの3mで250円w
外壁サイディングの目地にはめこんでシーリングの下地にしたりする材料らしいです。


で,コ式のサイズが7cmらしいので,おおむね7cmで切ります。(適当感がバリバリ出てます^^;)



使うウェイトは中通しおもり1号。1つでほぼ4gってとこです。



ステンレス線を曲げてラインアイをつくり


中通しおもりをチェックイン!


ステンレス線の端を1.5mmほど折り曲げて抜け止めにして,スレッドで巻いて接着します。
接着剤はパンドー。理由はエポキシ練るのが面倒くさいから(もう手抜きバリバリです)


バックアップ材にドライバーで下穴を開けます。中心を通すのが意外に難しいです。


ラインアイの片方にPE100lbを接続し,バックアップ材の中に埋設。
そしてフックを取り付けて完成!!


一応,おもりを3つ使い,約1/2ozで仕上げたものも作りました。本物のコ式は1/2ozらしいのです。
しかし・・なんともかんとも地味!!
けっこう自信のある工作ネタだったんだけどなあ・・・地味すぎます><


えーと。残ったバックアップ材が約2m80cmほど。計算上あと40個作れますよ^^;



※作ってみた後での感想など

コ式を本当に自作しようという方がいらしたら,ハリィのような適当な工作はしないほうが良いです。
きちんと作れば長持ちかつ部品交換可能な品が作れそうです。

①ステンレス線でラインアイをしっかりとつくる。折り曲げ部分を長くし,中央部分は2本または3本に。
②スレッドでステンレス線を固定。
③糸おもりでステンレス線本体に巻きつけ。できるだけ細く。フロッグのウェイトカスタムの要領で。
④バックアップ材の中心に下穴を開けて,作った本体を差し込み。

要は丈夫で細い金属本体をつくることで,スムーズに浮力体への差し込みを可能にし,浮力体が汚れたりしたら
どんどん交換できるようにつくれるはずです。バックアップ材なんて激安ですしね。
気が向いたら,上記改良版のコ式もどきを作ってみます。


しかしまあ・・・このコ式もどき,いつ使用するかは不明です。たとえ寒くても確率は低くとも釣りする時間ある限り,淡水はトップのルアー投げたい気持ちですしねぇ。
[ 2012/10/22 22:42 ] コイ | TB(0) | CM(4)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。