スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コラボというか、ニコイチ

グリップをファントム改に奪われちゃった、自作ライトロッド


ブランクをファントム改にもぎ取られちゃった、純正ファントムグリップ


で、組み合わせたらこうなった!ww


思いの外、差し込み口がピッタリ。
テーパーの関係でちょっとガタつくので、ロウでも塗るか、必殺のエポキシ攻撃で接着かな。

グリップの浸水問題があるのでメインギアにするつもりは無いけれど、スピンキャストリールならベイトより水が飛ばないかもしれない。

とりあえずミニプラグ投げる時のために、この竿も準備しておきます。
[ 2012/06/15 21:05 ] 自作系 | TB(0) | CM(0)

ファントム改の雄姿!

日没までの1時間、ホームタウンで勝負!!

ファントム改、良い仕上がりです。


リールも注油済、ルアーぶっ飛んでいきます!

アシ際ギリギリに落としていくのが楽しくて仕方ないのです。海ではアバウトに方向決めて、飛ぶだけ飛ばせ!がほとんどでしたが、今はサミングを駆使していかにピンポイントに入れられるか、がほとんど。

明るい時間帯がメインなので、物陰ギリギリを狙ったほうが良いのです。

しかし、今日はノーバイト。
寒かったしな。仕方ない仕方ない(言い訳)
[ 2012/06/13 20:36 ] 自作系 | TB(0) | CM(0)

名竿ファントム切り落とし!

ファントムのグリップに致命的な弱点が発覚しました。


リールシートの付け根から水が侵入し、グリップの中に溜まるのです。

グリップの中にはダイワ自慢のワンタッチリールシートでバネが入っています。その空洞をさらにラバーの筒が覆う形で、自然乾燥はまず望めません。

つまり、このバネ筒の回りに木製のグリップを取り付けると内部から水に侵されてしまうのです。
そもそも筒が太いのでグリップをよほど薄く削り出さなくてはなりませんが、それでは強度が保てません。

さらに漏れてくるのはただの水ではなく、バネに塗ってあるグリスを含んだ油水なのです。

グラスシートでFRP成形して筒を延長、EVAグリップを取り付けることも考えましたが、完全な油分除去とグリップ加工に手間がかかること、しかも完成品がEVAてのはトッパー的にイマイチです・・。

新しいオフセットグリップを買うのも待ちきれないので、先日完成したライト用の自作ロッドのグリップを流用することにしました。

まずはファントムを根本からノコギリで切り落とし。柔らかい感じで実によく切れました(^o^)


あとは手元にあった10mmのグラスソリッドを20cmほどに切り、タコ糸を巻きつけてエポキシをたっぷりと塗り、ライト用にしていたグリップとファントムのブランクを印籠継ぎにしました。



取り付け部は太さ的に全く違和感がありません!

接着したことで、同じグリップでブランクを交換して使い回すことはできなくなりましたが、いずれチャンピオンかストライクのグリップを買うつもりなので、このグリップは専用でOKにします。

握りが太く、長くなったおかげでキャストが完全に安定しました。
狙い通りにキャストをキメる楽しさは重要ですよね!o(^▽^)o
[ 2012/06/06 20:42 ] 自作系 | TB(0) | CM(0)

自作サブロッド完成!



自作グリップに合わせるために1/2oz程度のライトなサブロッドを作りました。

心のサッカーチームである浦和レッドダイヤモンズにならって、真っ赤なブランクに、白と黒でダイヤモンドラッピングを入れて見ました。

手抜きして安い糸を使ったので、エポキシでコートしたら透けてしまいました(~_~;)

まあ、お試し感覚の試作品です。

格安のグラスロッドを買って、ガイドを付け替えて、グリップとの差し込み部をアルミを削って作った急造品。

実は、グラスソリッドのブランク材を買って、塗装を何度もやり直した上に2ピースに加工、継ぎフェルールとバットフェルールまで組み込んで、仮組みしたところ・・あまりの重さに使い物にならない!と中断したのでした。

このサブロッドにはクローズドフェイスのキャスティングリールをつけて、小型のプラグ投げても良いかなー。
[ 2012/05/24 22:14 ] 自作系 | TB(0) | CM(0)

グリップを自作するぞ!

購入したセントクロイのロッドに刺激を受けて、サブロッド用にグリップの自作を決めました。

リールシートは10年以上前に金具だけをジャンクで入手していたものを使います。

金具のボロボロの塗装と錆をひたすら磨きあげて、まずはリールシート復活。

次に、ヒノキ材を買ってきてカッターナイフ一本で削り出しました。
旋盤とか工具は無いのです。疲れました。


ヒノキ材の良さは、削っている最中にヒノキ風呂のあの香りがすること

そして、ウレタンニススプレーをかけて、24時間乾かして、を一週間繰り返して金具とエポキシで合体!

時間かかったけど、ついに完成しました。



アンバサダー1500Cと並べてみました。

渋いぞっ!(自己満足)
[ 2012/05/10 21:57 ] 自作系 | TB(0) | CM(0)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。