スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

5600WSの遠心ブレーキに罪はなかった!!かも

今日は気温20℃を越えて,風もおだやか。良い釣り日和かと思いきや昼過ぎから崩れてきて,夕方には強風と強い雨。どうも天候が落ち着かないですね><
まぁ・・ハリィは家族サービス中でしたので釣りには行けなかったんですけど・・・このサービスが今後ますます良くなってくる釣りシーズンを円滑に過ごすための投資と信じて,我慢我慢ww


さて。先日,ブレーキ浸水後の挙動不具合で戦力外通告を行った5600WSだったんですが・・
どうも原因はハリィにあったっぽい!?濡れ衣だった可能性が濃厚になってまいりました;;;;;;;

遠心ブレーキ浸水について,いろいろ検索していったところ,以前,マグブレーキユニット自作の記事で勉強させていただいたきゃされんさんのブログに,ハッ!とする記事がありました。

うろ覚えで内容を書きますと(読んだ部分のページが,今になってみると見つけられないのです><)

「遠心ブレーキの浸水はメーカーでも折り込み済。水に濡れただけならばブレーキ力はさほど落ちない。ブレーキが効かなくなるのはベアリングとかがまき散らしたオイルがブレーキ部に油膜を張るから」

そうか!って感じです。当然メーカーの技術者さんもリールが浸水することなど分かり切ってるに違いないのです。浸水することで使用できなくなるほどの不具合を生じるならば,全力で防水に取り組むはずです。
と,なると「ベアリングがまき散らしたオイルが~」という部分に原因が絞り込まれます。


まず,こちらが安定して使えている5000のブレーキ部です。



次に,浸水後にバックラ連発させてしまった5600WSのブレーキ部を再現しました。


思いっきり明らかな違いがありますwww


バラすとこういうこと。ベアリングのブレーキ側がオープンになっているのです。

これが回転時にオイルを巻き散らした原因ではないかと。

ハリィは脱脂とか注油がしやすいようにシールドを片方だけオープンにすることがほとんどで


ベアリングの裏表をひっくり返せば・・ブレーキ側にシールドを向けることができます。


要は・・・ハリィがベアリングの向きをいつもの逆に付けてたのが,挙動が違う原因になった可能性が高いです^^;

もちろん,シールドベアリングでも浸水後にブレーキ効かなくなる!って方もたくさんいるのかもしれませんが・・ハリィの場合はこれが最大の原因だろうと。少なくともバックラ連発ってほどの症状は緩和されるに違いありません。

ごめんよ!5600WSちゃん!!きっと君は悪くない!!オイラがアホだったのですよ><

ということで,パーツを取り換えて1軍に復帰させることは確定しましたが,ただパーツを戻すだけではシャロースプールの問題が解決しません。

そこで・・・まさかの・・リールを1つポチっちゃいましたww

どう使うかは到着後のお楽しみです^^
[ 2013/05/06 19:16 ] タックル | TB(0) | CM(5)

ミルクコーヒー色の用水路と風に敗退。5600WS退役

連休に入ってから,田植えを間近に控えた田んぼの代掻きが一斉に始まりました。
その影響なのか,用水路は濁りがきつく,ミルクコーヒーみたいな色になっています。

それでも,連休明けの1日目。行くでしょ! 今日はベビーバドです。
しかし・・夕方になってから風がどんどん強くなってくるんですね。何で??^^;今日もまともに釣りできずに撤退。ジャケット着てても寒かったです。



さて。先日ようやくおろしたてのライギョ用装備だったアンバサダー5600WS(深溝スプールに換装)だったんですが。最新装備にも関わらず,戦力外通告の部品取りリールに格下げです。
リールそのものは決して悪くないんですが・・以下,ハリィの世迷言になります(汗)

①高ギア比が気に入らない
今手持ちのリールはほとんど4.7:1のギア比で,今どきのリールからしたら低いギア比なんですが,すっかり身体に馴染んじゃってるんですよねぇ。今回の5600WSが確か6.3:1だったかな? それをスプール目いっぱいまでラインを巻いてリトリーブすると,いつもの感覚では当然巻きが早いのです。
ハリィの釣り方は,マグトーもジッターも動く限界ぎりぎりまでの極スローリトリーブ。フロッグに至ってはヒシモの上を引いて,隙間に落ちたらロングステイ。ちょっと巻いたらステイ。釣りタカのマスターに言わせると「やってらんないような面倒くさい釣りしてますねー」とのことです。
そんな遅い釣りがやりにくいと感じました。ミスキャストの回収は感動的に早く感じましたけどねw


②何か巻くのが重い
ラインを目いっぱい巻いているせいもあるんですが,ちょっと抵抗あるルアー(昨日は本山マグトー)引くとハンドルに重みがダイレクトに伝わってきます。さらに,空巻きしてもなんとなく重い。
注油切れではありません。うまく表現できないんですがどうももやもやする違和感があります。
検証はしていませんけど,もしかしたらコグホイールと同じくメインギアもギアの歯が深溝になってたりするんじゃないかなぁ?ギア比上げた分,パワータイプのギアにしたくなるのが自然な流れなのでは・・?
そのせいで巻き重りがするんでしょうか。実戦投入して初めて違いに気づきました。それ以外に旧タイプとの違いといえばIARかワンウェイベアリングかって違いですけど,そこまで変わるものとは思えないんですよねえ。


③1時間ほどでバックラッシュ多発・・・ブレーキルームに浸水><
マグトー投げて1時間,キャスト最中にガツッと糸噛みしてバックラが多発しまくりになってしまいました。
以前,アクシス100の遠心ブレーキを弱くしていた時に起きた現象と同じだったので,すぐに遠心ブレーキが原因と思いましたが,ちょっと前まで普通に使えていたものが急にバックラしまくるのはおかしいと思い,開けてみたらブレーキ部分が水びたしです。シャフトを伝わってきたものと見受けましたが,なんで?^^;って感じです。遠心ブレーキ6点中4点稼働させてたにもかかわらず効かないなんて,と思いながらバラシたのですが,オイル混じりの水浸しでは仕方ありません。
これはスプールを換装したせいなのか?でもシャフトを伝わってきているのならば,そういう問題じゃないなあ。


④サムバークラッチが何となく気に入らない
これは完全にハリィの発注ミスです。番号表示よく見てポチれよと^^;


いずれも旧型使ってるときは起きなかった問題なわけで,要は旧型に戻れば簡単に解決です。

と,いうことでコンバート開始します。
5600WSのメインギアとピニオンを旧型から移植すればいいんじゃね?とも思ったんですが,ネタのようで意外に大きかったのが④のクラッチ問題。ギアの課題を解消しても自分の好みだけは変更できないのです。



完成したメインリールがコチラ。ハンドル,ドラグ,リテーナー,キャスコンのパーツは全て5600WSから移植。



サムレストも移植。レベルワインドも一式まるっと移植です。細かいネジ類も交換しました。
さらにスプール内部のベアリングも交換。このリールはアンバサダー5000でベアリングがブッシングになっている廉価版だったわけですが,もはや中身は5000C+αです。ハンドル回すと実に実に軽い。うん。やっぱりこうでなくちゃね。



変わって,こちらは2号機。1号機についていたパーツをトコロテン方式でお下がりです。

ハンドルはダイワBW2から流用したものなんですが,握りやすいし渋いしで本当はこっちのハンドルのほうが好きです。ただ,ハンドルのアーム肉厚が1号機の半分くらいしかないんですね。ぐにゃっと曲がるようなことは無いと思うんですが,対ライギョってことで剛性を重視すると,1号機は5600WSのハンドルのほうがいいかなと。細かいところではスタードラグが5本爪になりました。


最後に,突然冷たい仕打ちをうけることになった5600WSです。
ドラグは4本爪,ハンドルは長時間使うと指が痛くなってくる丸ノブ。中身はもっとも古い5000Cのパーツ。
さらにはシャロースプールも返還されました。
サムバークラッチモデルでなければ,サイドカップ左右も没収されていたことでしょう。



まぁ,気まぐれハリィですから,突然の一軍復帰もありえます。それまではしばし寝かせておくことになりそうです。



以上,おそらく全く共感が得られないであろう,リールカスタムでしたwww

こりゃぁ・・この先を考えて部品取りに旧型リールも確保を検討しないといけませんよ。
[ 2013/04/30 22:12 ] タックル | TB(0) | CM(6)

GW戦線,風強し!(ノーバイト)

暖かくなっての3連休ということで,釣り師各位はそわそわとしていたところですが・・
3日間暴風ってどんな嫌がらせですか!(泣)
雨が降ろうが雪が降ろうが釣りはできますけど,大風だけはどうもこうもありませんね。晴れているだけになおさら悔しさが湧きます。

そんな中,ちっとも関係ないんですが,今日,ウチの金魚が卵を産みました(笑)

娘が金魚すくいでもらってきてから5年?ぐらい飼っていて体長が20cmにもなる和金なんですが,土管からエアポンプからガラスからそっちこっちに卵がくっついています。
雄はアメリカ産のコメットですから雑種になります。・・・っていうかどうしよう。このままじゃ食べられちゃうし,卵全部は救えそうもないし・・^^; とりあえず別な水槽に隔離して。・・・孵化したらエサとかも大変だ!!


とりあえず金魚問題は置いておいて(笑),久しぶりにサンリバーさんにお買い物に行ったのでご紹介。

まずはウェストバッグ。昨シーズンはカイ○ズホームで売っていたよく分かんないショルダーバッグにルアー入れて釣っていたんですが,使い勝手がいま一つだった上に海でガルプ類をつっこんだりしたせいで,ガルプ感が出てきたんですよ^^;

そこで,バッグが欲しいな~と物色していたら安くても4000円前後が相場っぽくて,うーん・・と思っていたんですが,まさかの1000円未満ww 即バイトでしょ!

肩掛けヒモや背負いヒモのオプションもついてました。ちなみに在庫はまだありましたよw



さて,ここからが本題です。ルアーを2つ買ってきました。


最近こればっかり使ってるんですが,歴戦のエース,マグナムトーピードです。
カラーはGRA(フルーレセントグリーン クローダッド)ってやつでヘドンの定番カラーなんですが

ちょっと傷んできたので,2~3個同じものを予備で買っておこうかな,と思ったんですね。


なんでこの色にこだわるのかと言えば,ハリィが実績と信頼を寄せていることもあるんですが,それ以上に「塗装がやたら丈夫」なのが気に入っているんですね。
もうコンクリ護岸から岩から何からぼっこぼこにぶつけてて,こんな顔になってたり


こんなボディになってたりするんですが,ぶつけたり擦ったりした以上には塗装は傷みません。



代わって,最近多いメッキ系カラーのマグトーです。初めてライギョを釣った思い出の一本ではありますが,こいつの使用頻度はさほど多くありません。


理由はコチラ。ぶつけたところからだんだんと塗装が剝げていっちゃうんですよ。まぁ,使い倒してボーンカラーまで持っていくのも一興かもしれませんけどww


そんなわけで,今季に入ってからGRAのマグトー買おうと思い立ったんですが,定番カラーでサンリバーさんで売ってたやつだし,いつでも買えるさ~と余裕かましてたんですね。

で,値段いくらぐらいだっけね?とネットで検索してみたら・・・

探しても探してもマグトーのGRAカラー売ってる店が見つからないんですよ! あまりに定番なのでわざわざ通販しないのかな~?と最初は思ってたんですが,とにかく見つからない。かなり時間かかってようやく1個所見つけましたけれども・・・。
代わりにメガバス×カロッツェリアの高級カラーとかいうのはうんざりするほど出てきます。マグトーで1800円とかのは欲しくないんです!・・もっと言うとハリィはメガバスものに全く興味ないんです。POP-Xがすごく良い!と言われてもリアルっぽいルアーは好きじゃないんですよねぇ。こないだの零戦風味のビッグバドだけは良いと思いましたけどw


それで今回買ったのが本山プロップ付きのマグトーで模様は若干違うんですけど,塗装の質感似てますしこれで良いことにしましょ。あんまり色にこだわっちゃうとその色以外使えなくなっちゃいますから,ほどほどにしておきます。



実際,プロップ付きってどうなんよ?って興味もあったので試す機会としても良かったのです。

まぁ,しかし。結果は・・個人的にはイマイチ^^;
まず,巻き抵抗が上がります。それだけでなんか気に入らなくなってしまいました。(明日あたり書きますが,実はリールにも原因がありました。)

で,ハリィのいつもの釣り方な極スロー引きをすると・・・普通に真っすぐやってきます。
てっきり左右にゆれたりとかするのかと思ったら違うみたいです。トゥイッチ入れると,まっすぐ頭を下げて潜ります。えぇぇー!マグトーのトゥイッチはペラの回転で向かって左斜め前にジョボ!と潜るのが愛くるしいんじゃん!・・・というわけで,どうもマグトー原理主義のハリィには向かないっぽいです^^;
さらに言えば,ペラの回転もよろしくない。ちょっと変わった形してて,ヒネリも大きいからそのままでも回るかな~?と思ったんですけどね。プロップは取り外し,直ペラに換装します。


あとはこちら。なんかGRAっぽいし,ウッド製で1000円ってお得じゃね?などと主に値段に惹かれて手にしたんですが,見たらルーハージェンセン?TUKUBAIT?って何か聞いたことあるじゃないですか。


ペラは薄手な素材です。何回か純正で使ったら換装しようかな。


最後はこちら。ヘドンのワッペンです。ハリィの職場の上着って黒っぽいのを着てるんですが,知らんぷりして貼り付けカスタムしてみようかとw 裾なら全く問題なし。腕あたりに付けてもあんまり気づかないんじゃないかな~w



で,サンリバーさんに行ったのが日曜の昼過ぎ。めっちゃ暴風警報中でしたけど夕方になったらとにかく投げたくなったので出撃。
フェンウィック・クラシックグラスMHJの切り詰め5ftブランクとゼニスドライバー改。
使い心地はかなり良かったです。

しかし,どんだけの風かというと水面は大波,追い風に乗せるとチョイ投げで40m。竿先からぶら下げたマグトーが風になびくと半分鯉のぼり状態になって,風でペラがジャーーンと回ります。
・・はっきりいって,釣りしちゃいけないレベルです(笑) 風裏を探して打ってみたのですが,ノーバイトです。

月曜日は夕方になってようやく風が弱まったので,すばやく出撃。
でも,だめでしたねー。ちょっと時間たったら逆方向から風が吹いてきましたし。水温も下がっています。


あぁ~・・いつになったら良い天気の中で釣りができるのでしょうか?


※かつさん,かほにかさんからコメントいただいておりましたが,今日は思ったより本文で遅くなってしまいましたので明日ご返信いたします。どうかお許しください><

[ 2013/04/30 00:33 ] タックル | TB(0) | CM(6)

嘆きながらネジを切るということ

ブログの更新が止まっておりました^^;
金曜は飲み会でやむなくですが,土曜日にやった工作の手痛い失敗が原因で,ショックのあまりボー然としてしまったのです。

とても出撃できそうもない暴風だったので,出撃はあきらめて工作です。
ウッドグリップの完成に見通しがついたところで,土曜の午前中はリールシートの塗装はがしをしました。
以前,極寒の中ウレタンスプレーで塗装したのですが,これがまぁひどい出来になりまして・・アバタがぼこぼこと。

そこで,ロックリムーバーで剥離します。ベキベキと音を立てて塗膜がボロボロになっていきます。

ここまでは良かったんですよ・・順調順調・・・。

問題はこのあと剥離剤を洗い流すべく,外の流し場でホースを使い洗浄した時です。

勢いよくジェットな水で流すと塗装もろとも剥がれていって気分爽快~ なんてやってたら矢印のパーツ・・ヘッドキャップがコロコローと転がって,排水口からスポン!と流れて消えたのです。

「ンッ!?」・・・「はぁあああぁぁあああ!?」
本当に声が出ましたよ。一瞬意味が分かんなかったです。なんで排水口のフタ外れてんのよ・・流れる時まで枯れ葉がかぶってて気づかなかったし・・・。

もう,本当にボー然としました。メーカー不明のオールドなリールシートです。同じ製品の同じパーツを探すなんてほぼ無理です。手間かけてきたものが・・もっといえばウッドグリップごと無駄になってしまったのですから。

当然,流れた先を探そうとしましたけど・・配管を通って下水管につながってるんでしょうから,手のかけようがありません><


ちょっと落ち付いてから。少し前に購入したグラスアイグリップ用のヘッドキャップがあったことを思い出しました。
グラスアイグリップに使おうと思って買ったんですが,サイズが全然違って使いものにならず,無駄なものを買った!と,道具箱の奥に放り込んでおいたのですが・・・。

奇跡的に,ネジ径寸法がまぁまぁ近い。(まぁまぁ,ってのがポイントです。決して合ってません^^;)

タップなどで雌ネジを切りなおす・・ほどの肉厚もありませんし,第一そんな径のタップや万力なんて装備はないのです。

では,どうするか?

力技でねじ込んでねじ込んで,無理やり擦り合わせてやるでしょ!(良い子は決して真似しちゃダメな工作です^^;)

ゴリっとねじ込んで,数ミリ回しては戻しを力いっぱい・・何度も何度も繰り返し,一回転させるのに1時間以上かかることもありました。腕も肘もパンパンで,手の平は真っ赤になってヒリヒリします><

ヘッドキャップさえ流さなきゃこんなことには!・・・と嘆きに嘆きながら10回転分ネジ切りました。

無理やり切ってるせいで,ネジ山が多くなってくるとズレが厳しくなってどうにも回転しなくなったので

頭から4.5山ほど削り取りました。これでキャップが使用可能になり,樹脂筒のデルリンの締め付けもOKになりました。

ここまできたのが昨晩の夜中。もう~・・・疲れました。それにしたってヘッドキャップ流しちゃったショックは消えませんでしたが><

見た目には全然分かりませんけど,ネジの溝がだいぶ広がってるんです,ハイ。



と,いうことで代用キャップと組み合わせて。今回は塗装ではなく磨きこんで鏡面仕上げにしていこうと思っていたので,材質の違うキャップとは色が合わせられません。
ネジ切りなんて作業がなければ,今頃はリールシートをピカピカに磨きこんでいただろうに・・・><




代わって,ウッドグリップのほうはこれでほぼ完成です。

拭き塗りで仕上げようとかいろいろやってみたんですが,どうも表面が滑らかにならない。

そこで,これまた良い子は真似しちゃダメレベルな無茶を繰り出しました。

「タレまくりOK!バンバン厚塗りする!その代りタレを一か所にまとめて可能な限り目立たなくする!」

もう,モッチリと厚くスプレーしました。そしてタレは上側の口元付近に誘導してボタボタと垂らし,細かい振動を与え続けて,タレが落ちて来なくなるまで余分な塗料を落としました。
もちろん,そんなことしたってタレますけど,目立つ部分がきれいにいったらいいや,と開き直りました(笑)
次に作るとしたら,マホガニーとかきれいな木目の材料で作ってクリアで仕上げます。その方が絶対に楽です^^;


で,仮合わせ。フジグリップと較べるとバカバカしいぐらいに長いですねw こんなのは市販されてないはず・・!


握った感じはこうです。ガングリップのカーブ部分を握らないんじゃ意味無いじゃん,って感じですが


一応,握る部分は自分の手に合わせてカーブを付けてますので,持ちやすくしてあります。


これで,基本両手投げな非力ハリィにも使いやすいセミダブルガングリップに仕上がりそうです。
もはやこんだけ長いとハンドガンじゃなくライフルって気もしますが(汗)


と,いうわけで本当は塗装のことを書きたかったのですが,予定を変更してこんな風になりました。

そして今日はサンリバーさんでお買い物をした後,暴風の中マグトー投げてきたんですが・・・たぶん明日書きますw
[ 2013/04/28 23:16 ] タックル | TB(0) | CM(0)

ノーバイトとフジグリップ削り

今日は水路に流れがあり、水もフレッシュな感じ。水面では小魚がぴょんぴょん跳ねています。

めちゃくちゃ雰囲気良くなってきました!いよいよか?


今日はマグトーの他に、バルサ50のビッグラッシュを勝手にダブルスイッシャーにしちゃったのを使いました。

しかし、今日もノーバイト^^;

日中はかなり暖かかったのですが、夕方は冷えます。リールを持つ手がかじかんでくるぐらいです。

よし、次回は・・野池に行こうw

来年は田植え時期まで野池オンリーで良いのかもしれない。
あるいはホームの水路じゃない場所で狙うか・・こういった試行錯誤がきっと来年以降につながっていくに違いありません。


さて、にくくんプロデュースのマルタウグイ釣りの準備をしなくては。(この辺での呼び名はオオガイです)

詳細はリンクさせていただいている かほにかさんの釣行記をご覧いただくとして・・すごく楽しそうなんですよね!

で、宮城ではこれからがマルタウグイが川に上がってくるシーズンらしく、にくくんは過去にワームで釣ってたとのこと。

そこで近日中に出撃することにしたのですが、目的はただ一つ。

新型スピンキャストリールの入魂でしょ!

そこで、そのままでは装着できないフジグリップを加工します。

眠くなってきましたので写真でご紹介。




干渉部をヤスリで削り落としました。









金具が見えてきました。削りの限界です。



こんな風に組み合ってるのですが



このCリングを外さないとバラせません。写真はバラした後に状況を再現したものなので、上部のパーツが外れています。



自分はパーツの隙間に薄いヤスリを突っ込んで、写真のようにリングが回転しないように押さえておいて



ネジを半回転くらい回したらあっさりと外れました。



脱着時にフロントカップを外さないといけませんが、無事完了!



ちなみにこれはちょっと大きい海外向けサイズのグリップです。
日本向けのオリジナルサイズの方は、ほんのちょっと削るだけでOKでした。
[ 2013/04/25 23:56 ] タックル | TB(0) | CM(7)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。