スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

腱鞘炎に優しい装備その2

リールはバンタム100で決定した軽量仮装備ですが、次はロッドです。

まずはソルトで長年使ってきたABUのトラウティンマーキスの8ftと9ft。もう15年選手なんですが、当時ベイトのロングロッドで普通に入手できるのはこれしかありませんでした。
以来、ミノーもメタルジグもエサ釣りもこの2本を使い倒してきたのですが・・今、ナマズ用のロッドとか知った上で触ると・・バット細っ!トルクもへったくれもなくバットから曲がる胴調子!こんなんだったんだな~、と驚く。

でも、これでも防波堤からマゴチの63cmと64cm上げてるんですよ。足元で真下にまっすぐ突っ込まれて、ドラグ走りまくりでしたが。


さておき、今になってトラウティンマーキスを持ち出すのは、パワー的に少々物足りなすぎるし、長いだけに重い・・腱鞘炎対策には向きませんね。


やはり、軽量オフセットハンドルに仮でEVAグリップを取り付けるのが良さそうです。

まずは材料を購入。



太さ寸法は13.5mmありますが、まあ柔らかいし、入るでしょ。



オリジナルではちょっと短いのでヒノキの棒で少し延長します。



たいして強度はありませんがピアノ線を添え木にしてガムテープで巻きました。2週間も持てば良し。過ぎたらバラして元に戻しますし。



しかし、ガムテープで巻いたせいで太くなり、滑りが悪く、グリップが入っていきません。



むちゃくちゃキツイ。もう汗だくで押し込みます。ようやくここまで。



完成!キツかったけどそのぶん接着は不要です。



オフセットハンドルにロープロリール。もう、ペタペタのローパーミング。



重心が低いせいで、リールが下に回ろうとする力はほとんどありません。
これだけでかなり持ちやすくなりました。





うーん、案外EVAも良いものですね。
仮グリップなのに快適になりそうです。
関連記事
[ 2012/08/25 21:42 ] タックル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hallyhallytopper.blog.fc2.com/tb.php/96-ed1969f0













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。