スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ナマズ用ライントラブル対策

ハリィはルアーをとっかえひっかえして投げる派なので、結節にはスナップを愛用しています。楽ですし、マズメの暗がりでいちいちライン結ぶのも面倒ですから。

釣りタカのマスターに教わったナマズ用ラインシステム(というか、アナゴ釣りのハリス処理そのままかな?)と併せてご紹介。


まず、ハリィ的なスナップはコレ。
スイベル付きのならなんでも良いかと。





次に、絡み止めパイプ。色付きでも何でも良いかとは思いますが、張りが欲しいので硬質タイプにしています。



スナップ、パイプ、ラインの3点セット。パイプはお好みですが、ハリィは15cm前後にしています。使うルアーの全長よりちょい長ければOKです。



まずはパイプをラインに通して



スイベルの頭をペンチでちょっとつぶします。パイプに通る程度で。



次に、結びます。ハリィは正しいノットを知りません。昔、親父に教わった「アイに2回くぐらせて、ラインが2本になった部分に4回絡ませる」結びです。ユニノットに似てるようなそうでも無いような(^^;;
ただ、きっちり締めるとキレイな結び目になって、すっぽ抜けとか結束のトラブルは未だにありません。



ノットの端は切りません。長いままパイプに突っ込みます。





そして、スイベルの頭までパイプをかぶせます。キツイのをギュウギュウと押し込む感じに。
パイプが若干伸びて、スイベルの頭をがっちりと固定します。

(あちゃー。ノットが乱れてる・・写真用に適当に締めたからなあ・・)


で、使用例です。


張りがあるので、ラインがフックに絡むことが、非常に少なくなります。
ナマズ釣りは暗がりでのキャストが多く、さらに糸がたるみやすいトップでのルアー操作になりますから、効果はかなり大きいですよ!

ジッター投げて、着水もポイントもバッチリきまったのに、ベリーフックにラインが絡んでぐーるぐーるとスパイラルしながら水中を引かれてくるジッターの悲しさ!これが激減するだけでストレスはだいぶ減ります。

あとはヒット後のナマズローリング+巻きつきも防止できますし、対岸のボサとかに打ち込んで引き抜いたりしても、結節部分はパイプがガードしてくれますので、PEの毛羽立ちを抑えてくれます。


心配されるバイトへの影響ですが、ほぼ影響無いんじゃないでしょうか。
ハリィはバスもナマズもずっとこれで獲っています。
パイプ使ってないのはいちばん最初のナマズとライギョぐらいです。


格安で導入できますので、普段はスナップ使わない派の方も、ライントラブル対策と思って、是非お試しください。ラインにねっとりとナマズ粘液が絡みつくような巻きつき防止だけでもメリットはあるかと。
関連記事
[ 2012/08/18 22:09 ] ナマズ | TB(0) | CM(6)

それとまるっきり同じノットを自分も親父から教わりました!
『親父結び』と勝手に命名してます。

そんなにくは懐かしきロドリの特集記事を見てから、ユニノット三回巻きオンリーですが…
[ 2012/08/18 23:01 ] [ 編集 ]

やはり親父ですか・・

うーむ。年代的な何かの結びなんですかねえ。一応,重量計測しながらノット強度を計測したことはあります。
ハリィが結ぶので,熟練度の違いも大きいのですが・・最弱はクリンチノット。親父結びは負けませんでしたよ。
ソルトルアーの流行り始め頃の雑誌,ルアーフィッシング情報(古!)でもしょっちゅうノットとかラインシステムの強度特集ばっかやってましたね。当時の記憶だとダブルユニノット最強,だったような。

かつて,サーフで9ftのロッドと1ozのメタルジグ,50lbのスパイダーワイヤー,ウルトラキャストのアンバサダー5000cでフラットやってた頃,リールがイカレるほどに投げまくったり,根がかりぶっこぬいたりしてきましたが,親父結びが原因で切れるようなことは記憶には無かったですね。むしろラインに傷が入ってたりして,キャスト途中にパチーーーン!と切れて,短いラインを引きながら宇宙開発に旅立ってしまったメタルジグは数多く・・><

ロドリは大昔,タックル系が詳しい雑誌だったように記憶してたんですが,今年,淡水を志して初めて購入したら,バスをふざけて両手複数持ちしてたり,アスファルトの上で平気で撮影してたり馬鹿騒ぎ的な釣り競争を掲載してたりのお祭り雑誌になっててびっくりしました。人気雑誌なのでしょうが,ハリィのようなおっさん釣り師とは路線が違いすぎる感じでした。
[ 2012/08/18 23:45 ] [ 編集 ]

ロドリ…いまだに刊行されてましたかw(゜o゜)w

そしてキャスト時ブレイク後のルアーの飛びっぷりには毎度驚かされます!(笑)
いかにリール~ガイドロスや摩擦とラインの空気抵抗が大きいかを実感させられる瞬間です…
[ 2012/08/19 01:04 ] [ 編集 ]

スナップ、良さそうですねー。
リーダーは最近、ナマズ専用の絡み防止リーダーが出たんですよね。やはり、なるべくトラブル無く釣りたいですよね。

発売中のロドリ9月号は付録にナマズのDVD付きで、バスは引退したもののDVD欲しさに15年振りに買ってしまいました^^;
[ 2012/08/19 04:32 ] [ 編集 ]

にく どの
ルアーも男も、背負う責任さえなければ勢い良く飛んで行くのですよ、たぶん。

ばず どの
ナマズ用リーダー、スミス社かな?販売するようですが、パイプで十分かつ保護効果は上ですから、パイプを推します。
ロドリ付きナマズDVD(笑)は確かに気になってたんですが、スルーしちゃいました。内容は面白かったですか?
[ 2012/08/19 23:16 ] [ 編集 ]

ナマズDVDの内容は、一回見たらいいかなー的です。それよりOPAが出しているナイトスコープを使ったナマズ釣りのDVDが面白かったです。
[ 2012/08/20 00:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hallyhallytopper.blog.fc2.com/tb.php/88-dff277ce













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。