スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

明日からまた山ごもり

明日からまた、花山へ。今度は二泊三日。またまた暑いんだろ~なあ。

さて、バンタムの交換品が届きました。


まあ、返品してください、って言われるぐらいですから最初に届いた品よりも程度は落ちて、傷だらけなわけです。


しかし、レベルワインドにクラックは無いですし


木製ノブにガタが少なく、最初の品よりもハンドルの程度は良いです。

残念ながら、スプールギア部分には同じく削れがありました。
バンタム300には全く削れが無いですから、やはり組み付けミスからのガリっとキャストでしょうねぇ。


と、こないだ気づいたんですが。



なんと、ハンドルナットと固定金具が、現行一つ前のシマノのアクシス100と完全に同じです。




今のところ試す気は無いですが、現行のシマノのハンドルをバンタムに移植することも可能、かもしれません。
もしかしたらめちゃくちゃ当たり前な事実なのかな・・?国産リールに疎いので良くわかりません。

ハリィの現実的なリストアとしては


バンタム300で欠落しているハンドルナット固定金具を、現行シマノのパーツから取り寄せれば復活じゃないですか?
もしかしたら釣具屋に在庫あるかもですし。



あとは、交換の手間お詫びに、とチューン用ベアリングをいただいたのですよね。


ハンドルのベアリングはモリモリ取り替えますけど、スプール関係のベアリングはちょっと保留なハリィです。

スプールの回転が良くなる=飛距離が出る、と考えがちですが、ハリィはちょっと疑問視なんですよね。

まず、回り過ぎて扱いにくいピーキーなリールになっては困ること。

次に、回り過ぎて着水のサミングサボるとスグに糸フケするようでは面倒くさい。

実は、シマノのアクシスを今ひとつ使わない理由がコレ。
着水、サミング、でピタリと決まった後、持ち手を入れ替える時にスプールが空転してフケるんです。

キャストした後、ハンドル回してクラッチをつなごうとする瞬間にスプールがクルッと行くんですよね。

これを防ぐにはメカニカルブレーキをガッチリと効かせるしかないですが・・こうなるとベアリングがどうこうでなく、飛距離が伸びないことになります。

別にドラコン競技なわけじゃないですから、ストレス少なくキャストを繰り返せることが重要ではないかと。

とりあえず、下山したら考えます。
関連記事
[ 2012/08/06 22:32 ] タックル | TB(0) | CM(1)

お山は水温低くてバホバホだったり…
[ 2012/08/08 01:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hallyhallytopper.blog.fc2.com/tb.php/76-abfcaa90













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。