スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダイワV.I.P.切断!

フェルール買ったら工作しようと思ってたんですが、2000円の竿に1000円のフェルールも何だかな~なので、自作を決意。

まずはサオを用意しまして



リールシートを上にずらします。



プラスチックのネジ部ギリギリで切っても良いのですが、バットの飾り巻きが手元から始まるように、ちょい上で切ります。

実に軽い切り心地。サクッといきます。


フェルールはホームセンターで買ってきたステンレスパイプ398円。
φ9.5mm!ジャストサイズすぎるでしょ。



パイプカッターの刃。鋼管用しか持ってなかったのでステンレス用を購入。598円。けっこう高いナ(-。-;



で、パイプ切断!採寸は済んでいます。



切ったロッドブランクの根元にステンレスパイプがうまく入るか、内径を心配していましたが・・

ウソみたいにピッタリ。ほとんど隙間無く入っていき、テーパーの関係で7cmほど進んだところでストップ。
あまりにちょうど良すぎて怖い。


はい。いつものエポキシ練り練り。
ジッターとかヘドンとかのパッケージを再利用します。
少量は台紙部分。多めの時はプラ部分を使っています。



パイプ挿入部分に薄く隙間無く塗り、チェックイン!(笑)
ヌヌヌ~って入っていきます。
はみ出たエポキシはメタノールで拭き取ります。



余談ですが、硬化前のエポキシはメタノール(燃料用アルコール)に溶けます。
シンナーで薄めるのが一般的なイメージですが、メタノールのが安いし臭くないので使いやすいです。
掃除もメタノール含ませたキムワイプでさっと一拭き、ベタベタとおさらばです。
ただし、メタノールも塗料を侵しますので、ルアーなんかには使わない方が良いです。
ハリィはうっかりへドンのマグトーを1つ、塗装をダメにしちゃいました。


で、完成がこちら。エポキシ未硬化ですが

24時間待てば使えます。


ステンレスパイプが折れるほどの力はかからないと思いますが、念のため手持ちのソリッドグラスを切って、エポキシ塗ってチェックインしておきます。

あとで、ステンレスパイプの外側を紙ヤスリで荒らしておきたいと思います。
滑り止めです。


グリップの比較。


長さが全然違いますねー。
ハリィは少し長めのほうが好きなので、V.I.P.から移植しちゃおうかな?
とりあえずはノーマルで使ってみます。



ということで、所要時間20分の慣れっこな工作でした。

お疲れさまでした。(^_−)−☆
関連記事
[ 2012/07/15 18:58 ] タックル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hallyhallytopper.blog.fc2.com/tb.php/53-bf99008d













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。