スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ナマズのフッキング論(その2)

ハリィ的ナマズのフッキング論の続きになります。(トラブルを避けたいので,今回も転載はNGでお願いします)

正直,前回ほどイメージが固まってないというか,検証これからの部分が多くあります。
追々結果報告を書ければと思っていますが,暫定版ということで柔らかくお許しを・・

【ハリィ的止水・トロ場用フッキングチューン】
前回書いたとおり,流速用チューンはテールフック,止水・トロ場用はフロントフックのチューンになります。
まぁ,止水・トロ場という釣り場は割合として少ないと思いますので,ほぼハリィ専用だよな!と気楽にポンポン書いていっちゃおうと思います。

フッキングしないバイト・・・ルアーのフックのない場所をかじられるパターンがけっこう多いのですが,フロント部に絞ってその状況を考えていきます。

まずは,可能性その1「頭付近にアタックしている場合」をイラストにします。
image001.png

横から見た図になりますが,フロントフックよりも前にアタックしている場合です。
ルアーの形状によってはフロント部分がガラ空きのものもありますので可能性としてはありますが,ナマズの捕食能力から考えると,動いているルアーには後ろがちにアタックすることになりますので,やや可能性としては低いと考えています。


そこで,可能性その2「ルアー横,斜め下からアタックしている場合」をイラストにします。
ルアー正面からの図です。(ウォブリングを無視して描きます)
image015.gif
トレブルフックは針の間隔を120°ずつ振ってあり,水流を受けてルアー本体に近づいたところに位置します。
そこを斜め下からアタックされると,針先をかすらずにルアー本体をかじられて終了します。



そこで,次のイラストになります。
フックの取り付け角を60°回転させたイメージです。
image014.gif
まあ,こんなに単純ではないのですが(笑),フッキングエリアに針先が収まるイメージになります。



で,これを実際のルアーでやってみると

fc2blog_20120707210430016.jpg
このような通常のトレブルフック取り付けを


fc2blog_20120707210506c42.jpg
このように取り付けてみます。欠点はルアーが傷つきやすいこと,そしてフック取り付け部には隙間があるため,実際にはトレブルが回転し,通常取り付けと大差ない角度になりやすいのです。それだと効果は薄いと言わざるを得ません。


そこで,ハリィ的フッキングチューンの登場です
いよいよ,黒塗りのベールを脱ぎます^^^^^^^^^^

fc2blog_20120707210537f8d.jpg

ドーーン!まさかのダブルフック逆付けです。これならばルアーに密着し,しかもルアーを傷つけずに底面に60°間隔で2つのフックポイントを作れます。

ハリィは淡水での本気のルアー経験はまだ数カ月,ダブルフックも今年になって初めて買ったクチなので詳しくないのですが・・・
ダブルフックって,ウィードレス用に上向きに付けるものだとばかり決めつけていましたが,もしかして逆付けも本来の用途にあるのではないですか・・?あまりにもしっくりと収まるじゃないですか!
(どなたかご存じでしたら教えてください)


で,この逆付けダブルフックの検証釣行にいったのが数日前,バイト3発ともすべてフックポイントに当たってきたのです。

手ごたえとしてはなかなか良好。若干ですがハリィのフッキング論の裏付けを取れた気がして嬉しかったのでした。




さて,ここまでの「フロントダブルフック逆付けチューン」はジッターやバドなどのウォブリング挙動を無視して進めてきました。
ウォブリング対策については後述しますが,逆に,ウォブリングしないルアー・・・スイッシャーなら,ここまでのチューンで決定です。

たとえばホッツィートッツィー。これはフック率高くなりそうですよ・・?
fc2blog_20120707210608e7f.jpg


さらに,マグナムトーピード。取り付け金具の関係でフックは密着しませんが,水中での角度を考えるとまあ,問題ないでしょう。
fc2blog_20120707210628c44.jpg


で,止水・トロ場専用チューンの謎ジョイントジッターの登場です。

あのですね,研究のためにはジョイントなんていらんのですよ。まさかの破壊行為,取っちゃいました!
fc2blog_201207072107025e3.jpg

ジョイントの代わりにはブレードを取り付けてみました・・・うーん。かっこ悪いぞ?(笑)


さて,ここからは今後の検証していく内容なんですが・・

実際にはウォブリング・・・ルアー本体の小刻みな揺れによって,フックは水中で左右に激しく動きます。
フックが左に寄っているときに,ガラ空きの右側にアタックされたら・・当然針先は当たりません。
fc2blog_201207072107363fc.jpg

これだけ動いたら,ミスバイト・・・ルアーだけかじられる理由の大きな原因になりえると思います。


じゃあ,フックはルアーと同調して動いたほうがいいのか?という検証のために


「フロントダブルフック逆付けチューンⅡ 固定バージョン」
fc2blog_20120707210811c5c.jpg

輪ゴムで止めただけですが(汗)・・いつでも外せて,ナマズがかかった際に固定がとれるように。

次回以降の釣行で検証していきますよ~

_____________________________________________


ということで,暫定版ではありますが

流速用リアフック延長+浮力チューン」
「止水・トロ場用フロントダブルフック逆付けチューン」

“HFC”ハリィ・フッキング・カスタムの全貌です。

この2つを組み合わせると,「ハリィ的遅速折衷チューン」のプロトタイプになります。


ただし!実釣に転用する際には,まだ問題が出てきます。

流速のある釣り場では,フロントがダブルフックではウィードレス性能皆無のため,流れてくる草や打ち込んでしまった岸辺のボサに引っ掛かりやすいものになってしまいます。
また,フロントにコロラドブレードを付けた場合よりもアピール性が落ちますし,そもそもフロントフックが不要と思われます。

止水・トロ場では折衷チューンで発生する問題は比較的少ないと考えています・・
が、フッキングは本来、魚の上あごを狙うもの。
ダブルフック逆付けでフッキング出来るのか、未知数です。

しかし,実釣で使ってみないことにはまだわかりません。



次回のフッキング論では合わせ,リトリーブについて書く予定ですが,そんなにそんなに毎回ヘヴィな原稿ばかり書いてもいられませんので,アホアホ釣行日記の合間を見ながら。



P.S 取り外しちゃったジョイント部分・・ヒートン打ちなおして,フック替えたら管釣り用ポッパー的なルアーにリサイクルできないかなぁ・・・
fc2blog_20120707210843a93.jpg


げげっ!エクセルからイラストを画像化するのに失敗してギザギザですね・・・塗りつぶしにグラデ入ってたからか?GIFだったもんなあ・・・そのうちにPNGで書き直します(>_<)
関連記事
[ 2012/07/08 01:05 ] ハリィの論 | TB(0) | CM(4)

ちなみにジョイントをもいでブレード装着、バスではわりとメジャーなチューンです!

ダブルフック逆付け画像、だいぶ笑わしていただきましたw
淡水『歴』だけは長いにくですが、それは見た事ないです!
しかし輪ゴムチューン後のはどっかで見たような…
[ 2012/07/08 23:13 ] [ 編集 ]

へー!ジッターのジョイントもぎ、真面目にあるんですか!ハリィの不勉強でした。
今日は釣りに行けなかったので、謎ジッターからブレードを外し、スイベル連結のフェザー付きトレブルに換装しました。検証が楽しみです。
[ 2012/07/09 00:05 ] [ 編集 ]

ダブルフック

はじめまして。
フッキング論、興味深く拝見しました。ナマズのフッキングにはいつも悩まされます。
ところで、ダブルフックの逆付けは普通にあります。メガバスのX-30は初めから逆付けなんですよ。
[ 2012/08/14 02:16 ] [ 編集 ]

はじめまして。コメントありがとうございます。
フッキングについては駆け出しの日々に、カッとなって?書き上げましたが、今はフッキング率を上げることよりも、バイトがあったら満足、みたいに若干価値観が変わってきましたのでその後の検証はおざなりになっております。

体感として、デカイナマズはミスバイト少なく、フッキングも良い気がします。
チビなまずに限ってあさっての方向に出る感じです。
なので、ミスバイトがあっても今のは小さいのさ!とスルーできるようになってきました。
ただ、いかにもデカイ奴のバイト逃すと悔しいです><

ダブルフック逆付けの情報もありがとうございました。
ちょっと調べてみたいと思います。
[ 2012/08/14 12:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hallyhallytopper.blog.fc2.com/tb.php/42-4f230376













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。