スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フジグリップ先端締め付けタイプ

また買っちゃいました,フジグリップ。(リール取り付けネジは掃除のために外しています)

あれ?ガングリップじゃないじゃん,と思った方もいるかもですが・・・えぇ。ハリィも買ってから気づきました(笑) うーむ,安さの理由はそこだったのかも?www

まぁ,握り心地は悪くありませんし,これはこれでアリということで。

実は,この先締めタイプのフジグリップで安価なのを探し求めていたのですよ。お高いのはなんぼでも売ってるんですけどね。


タイプでいくとNGHに近いんでしょうか。差し込み穴10.5mm程度,という説明になっていましたが,同じようなグリップを使っている方の情報だと差し込み穴は10.8mmらしいです。NGH-12とかNGH-15とは径が違いますけど,まぁ構造はたぶん似たような感じでしょう。

コネットのテーパーとゴムパッキンで固定するのとは違って,先端のキャップを締めこむことでロッドを固定できる・・らしいのですが,その構造がどうなってるのかが良く分からなかったんです。

それでハリィは最初,キャップをぐるぐる緩めたり締めこんだりを繰り返してみたんですが,ちっともわからないw

で,分解してみました。キャップの中に黒いパーツが1つ,あとは本体というシンプルな構造です。


さらにばらすと,黒いパーツはカバーとゴムリングに分かれます。

これで原理がわかりました。ゴムパーツを締めこんで圧力をかけることで,ゴムが変形して穴径が狭くなってロッドを固定するんですね。

で,実際にはロッドに10.8mm径に合うフジ製のアダプター(コネット?)を差し込んで使うようなんですが,当然そんなのは持ってませんw
というよりも,Φ9.5mmのチャンピオン規格のフェルールを直に挿して使いたいのが人情というもの。

これを使っている先人の方々は,Φ9.5mmのフェルールにビニールテープなどを巻いてΦ10.8mmに近づけて挿入,固定しているようです。それが最も手軽で確実かなぁ,と思いますけど・・ゴムの穴径がけっこう小さいので,ゴムに合わせた太さで差し込むと,本体の穴の方がゆるくてガタが出ました。本体側はちょっと太めにしてきつめなぐらいで差し込みたい。けれどもそれではゴムの穴を通すのが大変です。

チマっと工作したいハリィは,ガタを押さえつつ,フェルールΦ9.5mmのまま使いたいんですよねえ。

そこで,改造の方針としては,本体の穴径をΦ9.5mm仕様にもっていく予定です。
工作のイメージは
① Φ11.5mm~12mm程度,肉厚0.5mm程度の樹脂製のパイプを入手
② パイプの側面に一か所,まっすぐ縦に切れ目を入れる(断面がCの字になるように)
③ 本体に挿入。スリットが狭まって径が細くなることで入っていくと同時に,復元力で内部から固定。
④ Φ9.5mmのフェルールを差し込んだだけで半固定されるぐらいのきつさになる・・予定!w

最大の問題は寸法に合う樹脂素材をどこから入手・流用してくるかです。ただのプラスチックではダメで,フィリプソングリップのデルリンで使っているような白い樹脂素材・・丈夫だけれども適度にやわらかい・・やつじゃないといけません。0.5mm厚って薄さが素材探しのネックになりそうな気がしますねぇ・・^^;

ひそかに,スミスのスーパーストライクグリップ用のチャンピオンフェルールアダプタ,あれを流用するのがいいんじゃないかとも思っています。内径は当然ドンピシャですし,そもそもフェルール固定用に使われるパーツですから,素材も完璧。 問題は手に取ったことがないので,肉厚と外径がわからないってことです。ちょっと外径太そうな感じもするんですよねえ。フジグリップに使えないときは他のグリップのデルリンに加工できそうなので,スーパーストライクグリップ持ってないけどとりあえずゲットしちゃうかなあw


最後に,先日磨き上げた欧米サイズのフジグリップと並べて。今回買ったものも大きいサイズでした。
これもツヤツヤにしよう!とちょっと磨いてみたのですが,材質に繊維が練りこまれてる?のかツヤツヤにならない感じです。プラそのものが黒じゃなくグレーな感じにも見えます。

個人的には黒くてツヤツヤしてるほうが好みですけどね~


画像追加













関連記事
[ 2013/05/16 23:59 ] タックル | TB(0) | CM(6)

おはようございます。
今朝も3時半~釣行。かなり活性が高く、2桁釣れて今帰宅。
初めは波が立っていたので少し潜らせて引いていたのですが、ルアーにカエルの卵が絡んできたので、何度も岸に当てながら、カエルを意識して岸から30㎝以内を通すパターンが当たりました。
気をつけて見ていると、岸に向かって盛んに補食していました。
ボクはバスですが、雷魚やナマズもイケるでしょうね。
ハリィさん、出撃です!
[ 2013/05/17 06:09 ] [ 編集 ]

こんにちは。

このフジグリップかっこいいですね!!実は一時期買おうとオクをチェックしてたんですが、毎回5千円以上なんで諦めてました。
眠りかけていた私の物欲が、起きてしまいそうですよ?(笑)

この手の格子タイプは握った事ないんですが、ガングリップのよりは硬めな握り心地なんですか??
[ 2013/05/17 12:23 ] [ 編集 ]

ハリィさん

地震がありましたね。

大丈夫かとは思いますが。

ナマズは教えてくれませんでしたかね。
[ 2013/05/18 18:55 ] [ 編集 ]

じょんさん>>

返信おそくなりまして失礼しました。
じょんさんの現場報告はエリアが近いだけにリアルすぎて血圧がカッカッ!と上がりますからw
最近はバスもだいぶ渋くなってると聞く中で2桁はすごいですねー。やはり朝マズメは貴重な時間なのかもしれませんね!
昨晩,今日と出撃したのですが,ナマズ・ライギョはほぼ沈黙でした。釣りタカに行ったら,5月は日によるアタリ外れ大きいですからねー・・特に今年は寒かったですしwと言われました。なんとかアタリを引けるように頑張ってみます!
[ 2013/05/18 23:20 ] [ 編集 ]

dadaさん>>

そうなんですよ。この手のグリップなぜか高いんです。なので適当に突っ込んでたら落ちてしまってびっくりしました。
だいたいラーメン3杯にギョウザ1枚という値段でした。
ラバーはわずかに格子のほうが硬い感じがしますが,言われて初めて気がついたぐらいの差です。材質というよりも肉厚の違いのようにも感じます。

記事のほうに画像追加してみました。オリジナルサイズのガングリップとの比較です。
握った感じは一番最後の写真の赤丸部分,ここがガングリップだとがっちりホールドされるのに対して,ちょっと細く感じますね。ただ,キャストするときにグリップエンドに左手をかろうじて添えることができるので,ベイトの時にはいいかもしれません。
スピンキャストだと,リールをパーミングしたまま両手で投げるので,キャストの瞬間以外グリップ握らないんですよねぇw
そのうちに実戦投入して,レポートしますね!
[ 2013/05/18 23:29 ] [ 編集 ]

かつさん>>

こちらは震度はさほど大きく出ませんでしたが,けっこう強く揺れを感じました。
ちょっと物に囲まれた屋内にいたので,余震の段階でやばそうに感じたのですぐに外に向かいました。
最近は回数が減ってきていたのですが,思いだすように強いのがきますので困りますね。
釣行の際には十分気を付けたいと思います。ご心配いただきありがとうございました。
釣りブログだけに,そろそろでっかいナマズが釣れますよ,というお告げのようなものかもしれません^^;
[ 2013/05/18 23:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hallyhallytopper.blog.fc2.com/tb.php/292-19d2eb09













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。