スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夜戦装備と蓄光テープ

最近,釣りに出撃できないのでふてくされて記事も更新していなかったハリィです(汗)

お天気のせいだったり,仕事関係だったり家の都合だったりで,どうもピリッとしない。
仕事は6月末までありえんほどのデスマーチが決定したので,そうそうマズメ釣行なんて贅沢は望めません。

そうなってくると,苦手としてきた夜間釣行にシフトしていくしか打つ手はありません。
(世の中ではナマズはナイトゲームのほうが主流なわけで,一般的な釣りになるだけなんですが・・)


休み前に,一度夜間にチャレンジしたのですが,ケミホタルも何もないうえにあいにくの曇天。
唯一の頼りが夜光カラーのザラII。LEDライトでチャージしてやると全身が光るのですが,はっきりと視認できるのは1投目ぐらいで2投目に入るとかなり見づらくなってきます。ちょいと弱いかな・・



そんな反省を得て,畜光テープを買ってきました。昨年からダイソーケミがいいよ!と教えてもらっていたのですが,売ってるのを見つけられない・・のであります。
しかも30分だけ打ちたい!って場合にはダイソーのケミでさえももったいない!と考えるケチなハリィなので,ここは畜光でいこうと。

左がダイソー産(105円),右がホー○ック産(598円)の製品です。

テープの厚さとか質感とかはもちろん高価なほうが上なんですが,肝心の光はどうなのよ?ってなわけで

LEDライト(ダイソー産105円電池別売り)で照射した直後を比較。右側のは上2本をメインに畜光させています。
高価なほうが若干光が明るいです。



1分後。光量が落ちてきましたがダイソー産も健闘している気がしますw



2分後。写真はかなり暗くなってきていますが,まだ視認は可能です。ダイソー産がんばっていますw


3分半後。デジカメなので光を拾いにいってますが,だいぶ暗くなりました。


これ,実際には2キャストして光チャージ,くらいのペースになるんでしょうか。3キャストまでいけるか?

感触として,高価なほうが少ない照射で明るく発光する感じです。ダイソー産はちょっと多めに照射すればかなり近いレベルの発光までいける感じです。

値段1/5から1/10ですから,その辺を許容できれば,コスパ的にはダイソー産も悪くないですね。
気軽にお試し感覚でいけるのはGOOD!ただし防水性は全くないので,ビニールテープ等でカバーする必要はあります。


そして,夜戦装備への転換を図るべく,3つほどルアーをチューン。
とりあえず不慣れな夜戦なので,タダ巻きでいけて実績十分な装備・・・ジッターとトーピードです。
フックはシングルに換装。フッキングとかダメージが,という理由ではなく,ハリィが暗闇で扱うのにトレブルとかダブルだと扱いにくかった,という個人的な理由になります。
ベリーかテールかどっちか1本にまで減らせればさらにカッコ良いのですが,そこまで人間ができていないハリィでして,欲に負けておりますww


肝心の畜光テープは,張り付けた後に幅広の透明なビニールテープをカバーするように張り付けて防水しています。
ビニールテープにしわ入ってるじゃん!もっとキレイに張れよ・・と言われそうなんですが,ピチッと貼ろうとしてRにテンションかけて貼っていくと,粘着が弱いので少し時間がたつと浮き上がってくるんですね。
もっと粘着力の高いテープでカバーすればいいのかもですが,ビニールテープの場合はあまりテンションかけずに貼り付けて,しわは浸水しないように粘着面どうしを密着させてしまったほうが良さそうです。

まぁ,実際に使ってみてビニールテープの耐久性ではどうにもなんなかったら,エポキシでコートしちゃいます。


ということで,夜戦部隊をライトオン!

マグトーだけ貼り付け面積に余裕があったので,高級テープの両側にダイソー産のを張り付けて,3本線のテープにしてあります。ダイソー産のはテープが薄いのでRにもキレイに貼れて使いやすかったですw

ベビトーの初陣がまさか夜戦装備になるとは・・バズプラグも夜戦準備しようっとw
関連記事
[ 2013/05/12 23:55 ] ナマズ | TB(0) | CM(8)

ナイトゲームは蓄光テープでいきますか。
結局良し悪しって、フィールドと周囲の暗さが影響しますね。

私の方は本流で遠投しますし曇りの日は都心の光が空に反射して
ボンヤリ明るくハンパな蓄光加減では使いものになりませんでしたが
用水路レベルの距離で、市街地から離れ周囲は真っ暗な状況では
ダイソー製品でも充分使い物になると思います。

それで物足りなかったらこちらをオススメします。高いけどw
http://www.ltic.co.jp/for-personal/02.html
性能はかなりいいですよ。ただかなり硬いのでキツイR付けは厳しくて
カッターでスリットを入れルアーに密着するようにしています。

あとはUVチャージが一瞬で終わるのであれば、毎投ごとのチャージでも
苦になりませんので、できるだけ大光量のLEDライトを使ってください。

以上、ご参考になれば。
[ 2013/05/13 00:51 ] [ 編集 ]

今日、蓄光具合を検証に行ってきました。
かほにかさんお見込みの通り、真っ暗な田んぼの中の用水路には十分な明るさになりました。チャージ直後の一投目はケミに匹敵するんじゃないの!?ぐらい感激しましたが、二投目にはだいぶ暗く感じました。
アドバイス通り毎回チャージするのが良さそうでした。

しかし、当たり前なんですが・・毎回チャージするのが面倒くさいです(笑)
長時間やるのが決まっている時はケミと併用したいと思います。

ライトは100均産でしたが、20分ほどでスイッチが押したまま戻らなくなり、撤退してきました。一応直せましたが、良いライトの入手が必須のようですw
[ 2013/05/13 22:45 ] [ 編集 ]

グロー

のルアーや通常の蓄光テープでは、厳しいですよ。

つり場の高さ、角度によっては手前では見えるかも知れませんが。

ケミだと空中のルアーの軌跡も分かるので(場所によってはそれでしか釣りが成立しない(笑))。

ダイソーケミ37を私は使っています。
小さいのだと流れやアクションでよく見えません…

ただド田舎なのに最近真っ暗な所は、ほとんど無く、薄明かりが何かしらありますね。これが一番やっかいですわ。
不謹慎ですが、節電ムードのときは釣りやすかったなあ。

ダイソーケミは外れもありますが(笑)
あとは本家のウミホタル これもいいです。
ホルダーを作ったり色々やりましたが、最近はもっぱら輪ゴムで充分です(笑)

cajonicaさんの高輝度テープ 良さそうですね。

最近気付いたのですが、37ケミだと 3/8ジッターが物によっては、巻かないとシンキングになっていました(笑)
気にしませんけどね。
[ 2013/05/14 00:23 ] [ 編集 ]

蓄光テープの理由

昨年当初は市販品の針金ケミホルダーを装着していました。
しかし、スピニング+ナイロンラインでザラ瀬でナチュラルドリフトすると
ケミホルダーへのライン絡みが多発して、
カップでラインブレイクということもありました。
それに、ダイソーケミ25mmが今ひとつ暗くて使えないこともあって、
蓄光テープに移行したという事情です。
ベイトリールならラインに巻きクセが付きにくいのでここまでひどい弊害はないと思います。

かつさん、
高輝度テープでも、2~3投目ではそこそこな明るさにしかなりませんが
ダイソー製品よりは輝度が保ちますね。
同じ明るさで、もう1回多くキャストできる感じでしょうか。

リーダー長めの状態で左手でルアーをキャッチして、ルアーをロッドと一緒に
右手に持ち替え、ウェストバッグにぶら下げているUVライトを左手で操作し照射。
この間5秒くらいです。もう、キャスティング動作の一部としてカラダが覚えてしまっています。

ダイソーのマジックペンライトでやっていた時は時間が掛かって気が狂いそうでしたがw、
今はちゃんとしたLED UVライトでやっていて1秒程度でフルチャージになるし
なにより習慣になっているので苦にはしていません。

使用するシチュエーションもあるのでしょうが、
テープの初期投資かケミのランニングコストかの違いだけで
どちらがお得というのは何ともいえない感じですかね。
使いやすい方を使えばいいと思いますよ。

実際のところこちらは本流フィールド、チャラ瀬が広がっている感じだし
空の明るさでルアーが着水した際に波紋で場所がわかるので
ナマズの波紋の出た辺りに確実に通す、増水時に岸際ブッシュの脇を大事に撃つとかでなければ
あまり神経質にチャージはしていません。

空が明るすぎて何もする必要がないこともあります。いいのか悪いのか…w
[ 2013/05/14 01:28 ] [ 編集 ]

かつさん>>

ハリィの記事の多くは
「思いつきのチープでチマっとした工作 → 検証・失敗 → 再検討・まぁ満足」という流れになっておりますので,工作段階で結論を断言されてしまうと,次の段階で元気よく失敗できなくなってしまいますww 派手な失敗やどたばたを期待されている方もごく一部ですけどいらっしゃいますので,ドリフのコントのように「あぁーこりゃ失敗するぞ~」と先が見えても,本人が検証・失敗するまでは生暖かく見守っていていただけましたら幸いです(笑) さもないと記事のネタに枯渇してしまいますのでどうぞよろしくお願いいたします^^
畜光テープの実戦検証はこれからですけど,こちらの環境ではけっこう使えそうな感触です。
[ 2013/05/14 21:31 ] [ 編集 ]

かほにかさん>>

今日,畜光テープの実戦第一回戦にいってきたのですが,やはり田舎の暗い用水路ならばチープなテープでもいけそうな感じです。ただし,遠くからでもナトリウムランプのオレンジ光が水面に映るような場面ではギラつきに負けて非常に見づらかったです。天候や環境や視力(!?)によって感想はだいぶ変わるでしょうね。
自分は学生時代,バイクで二子玉付近の多摩川に夜中行ってたんですが,都会の明かりで水面もかなり明るかった覚えがあります。それに比べたらこちらの用水路はまさに漆黒の闇そのものですよw
[ 2013/05/14 21:59 ] [ 編集 ]

すいませんでした。

ハリィさん。

そんなつもりはなかったんです。
私のコメントも深い他意はありませんので、これからも温かい目で見て下さい。
[ 2013/05/15 20:03 ] [ 編集 ]

かつさん>>

いえいえ,私も責めるつもりでコメントに書いたわけではありませんので,今後ともどうぞよろしくお願いします^^
[ 2013/05/16 00:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hallyhallytopper.blog.fc2.com/tb.php/288-56385dd7













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。