スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

嘆きながらネジを切るということ

ブログの更新が止まっておりました^^;
金曜は飲み会でやむなくですが,土曜日にやった工作の手痛い失敗が原因で,ショックのあまりボー然としてしまったのです。

とても出撃できそうもない暴風だったので,出撃はあきらめて工作です。
ウッドグリップの完成に見通しがついたところで,土曜の午前中はリールシートの塗装はがしをしました。
以前,極寒の中ウレタンスプレーで塗装したのですが,これがまぁひどい出来になりまして・・アバタがぼこぼこと。

そこで,ロックリムーバーで剥離します。ベキベキと音を立てて塗膜がボロボロになっていきます。

ここまでは良かったんですよ・・順調順調・・・。

問題はこのあと剥離剤を洗い流すべく,外の流し場でホースを使い洗浄した時です。

勢いよくジェットな水で流すと塗装もろとも剥がれていって気分爽快~ なんてやってたら矢印のパーツ・・ヘッドキャップがコロコローと転がって,排水口からスポン!と流れて消えたのです。

「ンッ!?」・・・「はぁあああぁぁあああ!?」
本当に声が出ましたよ。一瞬意味が分かんなかったです。なんで排水口のフタ外れてんのよ・・流れる時まで枯れ葉がかぶってて気づかなかったし・・・。

もう,本当にボー然としました。メーカー不明のオールドなリールシートです。同じ製品の同じパーツを探すなんてほぼ無理です。手間かけてきたものが・・もっといえばウッドグリップごと無駄になってしまったのですから。

当然,流れた先を探そうとしましたけど・・配管を通って下水管につながってるんでしょうから,手のかけようがありません><


ちょっと落ち付いてから。少し前に購入したグラスアイグリップ用のヘッドキャップがあったことを思い出しました。
グラスアイグリップに使おうと思って買ったんですが,サイズが全然違って使いものにならず,無駄なものを買った!と,道具箱の奥に放り込んでおいたのですが・・・。

奇跡的に,ネジ径寸法がまぁまぁ近い。(まぁまぁ,ってのがポイントです。決して合ってません^^;)

タップなどで雌ネジを切りなおす・・ほどの肉厚もありませんし,第一そんな径のタップや万力なんて装備はないのです。

では,どうするか?

力技でねじ込んでねじ込んで,無理やり擦り合わせてやるでしょ!(良い子は決して真似しちゃダメな工作です^^;)

ゴリっとねじ込んで,数ミリ回しては戻しを力いっぱい・・何度も何度も繰り返し,一回転させるのに1時間以上かかることもありました。腕も肘もパンパンで,手の平は真っ赤になってヒリヒリします><

ヘッドキャップさえ流さなきゃこんなことには!・・・と嘆きに嘆きながら10回転分ネジ切りました。

無理やり切ってるせいで,ネジ山が多くなってくるとズレが厳しくなってどうにも回転しなくなったので

頭から4.5山ほど削り取りました。これでキャップが使用可能になり,樹脂筒のデルリンの締め付けもOKになりました。

ここまできたのが昨晩の夜中。もう~・・・疲れました。それにしたってヘッドキャップ流しちゃったショックは消えませんでしたが><

見た目には全然分かりませんけど,ネジの溝がだいぶ広がってるんです,ハイ。



と,いうことで代用キャップと組み合わせて。今回は塗装ではなく磨きこんで鏡面仕上げにしていこうと思っていたので,材質の違うキャップとは色が合わせられません。
ネジ切りなんて作業がなければ,今頃はリールシートをピカピカに磨きこんでいただろうに・・・><




代わって,ウッドグリップのほうはこれでほぼ完成です。

拭き塗りで仕上げようとかいろいろやってみたんですが,どうも表面が滑らかにならない。

そこで,これまた良い子は真似しちゃダメレベルな無茶を繰り出しました。

「タレまくりOK!バンバン厚塗りする!その代りタレを一か所にまとめて可能な限り目立たなくする!」

もう,モッチリと厚くスプレーしました。そしてタレは上側の口元付近に誘導してボタボタと垂らし,細かい振動を与え続けて,タレが落ちて来なくなるまで余分な塗料を落としました。
もちろん,そんなことしたってタレますけど,目立つ部分がきれいにいったらいいや,と開き直りました(笑)
次に作るとしたら,マホガニーとかきれいな木目の材料で作ってクリアで仕上げます。その方が絶対に楽です^^;


で,仮合わせ。フジグリップと較べるとバカバカしいぐらいに長いですねw こんなのは市販されてないはず・・!


握った感じはこうです。ガングリップのカーブ部分を握らないんじゃ意味無いじゃん,って感じですが


一応,握る部分は自分の手に合わせてカーブを付けてますので,持ちやすくしてあります。


これで,基本両手投げな非力ハリィにも使いやすいセミダブルガングリップに仕上がりそうです。
もはやこんだけ長いとハンドガンじゃなくライフルって気もしますが(汗)


と,いうわけで本当は塗装のことを書きたかったのですが,予定を変更してこんな風になりました。

そして今日はサンリバーさんでお買い物をした後,暴風の中マグトー投げてきたんですが・・・たぶん明日書きますw
関連記事
[ 2013/04/28 23:16 ] タックル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hallyhallytopper.blog.fc2.com/tb.php/280-efdd5809













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。