スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ノーバイトとフジグリップ削り

今日は水路に流れがあり、水もフレッシュな感じ。水面では小魚がぴょんぴょん跳ねています。

めちゃくちゃ雰囲気良くなってきました!いよいよか?


今日はマグトーの他に、バルサ50のビッグラッシュを勝手にダブルスイッシャーにしちゃったのを使いました。

しかし、今日もノーバイト^^;

日中はかなり暖かかったのですが、夕方は冷えます。リールを持つ手がかじかんでくるぐらいです。

よし、次回は・・野池に行こうw

来年は田植え時期まで野池オンリーで良いのかもしれない。
あるいはホームの水路じゃない場所で狙うか・・こういった試行錯誤がきっと来年以降につながっていくに違いありません。


さて、にくくんプロデュースのマルタウグイ釣りの準備をしなくては。(この辺での呼び名はオオガイです)

詳細はリンクさせていただいている かほにかさんの釣行記をご覧いただくとして・・すごく楽しそうなんですよね!

で、宮城ではこれからがマルタウグイが川に上がってくるシーズンらしく、にくくんは過去にワームで釣ってたとのこと。

そこで近日中に出撃することにしたのですが、目的はただ一つ。

新型スピンキャストリールの入魂でしょ!

そこで、そのままでは装着できないフジグリップを加工します。

眠くなってきましたので写真でご紹介。




干渉部をヤスリで削り落としました。









金具が見えてきました。削りの限界です。



こんな風に組み合ってるのですが



このCリングを外さないとバラせません。写真はバラした後に状況を再現したものなので、上部のパーツが外れています。



自分はパーツの隙間に薄いヤスリを突っ込んで、写真のようにリングが回転しないように押さえておいて



ネジを半回転くらい回したらあっさりと外れました。



脱着時にフロントカップを外さないといけませんが、無事完了!



ちなみにこれはちょっと大きい海外向けサイズのグリップです。
日本向けのオリジナルサイズの方は、ほんのちょっと削るだけでOKでした。
関連記事
[ 2013/04/25 23:56 ] タックル | TB(0) | CM(7)

かっこええ~

こんばんわ ハリィさん。

マルタウグイですか。
今もって生態がはっきりとしてないんですよね。恐らくあまり商業価値が無いためでしょうね(笑)
オオガイ そうそうそちらではそう呼ぶんですってね。
ウグイと別種(亜種?)なのかたまたまサケマスやシーバスのように海、川を移動したり産卵時に溯上するのか?
ただ私が子供の頃から釣りをしてる川では、(中流域)確かに産卵の季節にマルタが(私的には大きさだけの区別です)多くなりますが、年間を通してマルタもウグイもいますね。

そして河口はもちろんですがシーバスのようにサーフや結構沖合いでも釣れたりしますね。

海にいる奴はめちゃめちゃデカクて太ってるのが居て、真冬の夜に震えながら釣りしてて大物だと思い銀色の魚体が見えた時に、シーバスか?サケ?もしかしてサクラマスか?とわくわくして上げて見たら超グラマーなマルタさんで、精魂尽き果てて心が折れてしまったことがありますわ…

でも私ホントはウグイ好きです。
初めてルアーで釣った魚です。

私的にはウグイの醍醐味を味わうならスピナーをお勧めしますが。
産卵期前後しか反応しないと思いますが子供の頃は病みつきになって夏休みだったのかなあ?毎日のように朝夕やってましたね。

[ 2013/04/26 19:15 ] [ 編集 ]

話題にして頂きありがとうございます。

こちら(多摩川中流域)では、
産卵遡上した降海型の無印ウグイ含むマルタウグイを釣っています。
遡上してくる個体はほとんど婚姻色がばっちり出ています。

基本的に食餌はしませんから、初期から瀬着きまではリアクション狙い、
底を叩くようにアピールすれば何でも釣れます。カラーは意外と重要。
スピナーは初期はパイロットルアーに使えるアトラクター力がありますね。

瀬に着いてからは、みんなでよってたかって攻めるのでやっぱりスレます。
密度も上がるのでスレ掛かりも増えます。重たい大きいルアーだと一撃w
だからサカナの意思に係わらず軽いリグでフックを吸い込ませる。

フライフィッシングのアプローチでもリアクションはありますが、
基本はこれなので、フックサイズは#12とか使います(ルアーだと#6)。
ある意味邪道でもあり、これが最強だと思います。

そちらはこれからがシーズンなんですね。
いっぺん多摩川のメソッドが通用するかどうか、
遠征してみたいと思っていますが…釣行記楽しみに待ってます。
[ 2013/04/26 21:40 ] [ 編集 ]

かほにかさん>>貴重な情報ありがとうございます!

いつも,いろいろな釣りがあるんだなーと勉強しつつ楽しくブログ拝見しております。
宮城ではマルタウグイを専門に狙って釣るという話はほとんど聞いたことがなく,どちらかと言えば「オオガイが釣れてしまった」というように,外道扱いされることが多いようです。

釣友と,かほにかさんのブログの内容を「マルタウグイって面白そうだね,春先の釣りものに良いね」と話していたときに,宮城にもマルタウグイって居るのかな?なんて言いつつ調べてみるとオオウグイ=オオガイと訛ったものらしいと初めて知りました。
オオガイならば大昔に地元の川で5月頃に釣った,と釣友が思い出したことから釣行と場所探しが決定しました。

参考までに,宮城県・仙台市の中央を流れる広瀬川では5月下旬が瀬付きだそうです。
http://kawaraban.jimdo.com/2012/05/31/夕焼けの広瀬川/

仙台市内での釣行情報はちらほらとあるようですが,郊外の川で狙って釣る人はごく少ないと思いますので,場所さえ見つけたら面白いなーと思っています。

ルアーはおすすめにもありましたが,まずはスピナーでいきたいと思っています。
メップスのスピナーとスピンキャストリールとガングリップロッド・・考えるだけでわくわくしますw
[ 2013/04/29 00:38 ] [ 編集 ]

かつさん>>よくわかりますw

わたしも,子どものころ漁港でエサ釣りでハゼや小カレイを釣っていた時に,水面直下で仕掛けをぶらぶらさせて遊んでいたら,突然オオガイが喰ってきて,釣りあげた時はめっちゃくちゃ嬉しかったですね~。
何せ15cmくらいの魚しか釣ったことがなかったのに,銀色の50cmもあるような魚を釣ったわけですからw

で,お約束ですけど・・「やったー!!スズキが釣れた~!!」って親父を呼び寄せたら。
「なんだ・・オオゲェじゃねーか。いらねえ!」って言われて,がっかりしたわけでwww

でもまぁ,今も鮮明に覚えてるってことはそれだけインパクトあったんだと思います。

なお,ハリィもウグイには好意を持っております(笑)
雑誌名は忘れてしまいましたが(Tackle Box?),だいぶ前の釣り雑誌に「ウグイ将軍」って連載があって,バス全盛の頃に大真面目にウグイを狙うっていう記事が面白おかしくて大好きでした。その将軍の多用していたのがスピナーだったので,ウグイ=スピナーという公式はしっかりと覚えています。スピナーにワームのトレーラー付けたりして頑張るも,けっこうな勢いでノーフィッシュな将軍のいじられっぷりがたまんないんですよね~。
[ 2013/04/29 00:55 ] [ 編集 ]

ウグイ将軍(笑)

あれはルアーフリークですよ(笑)
色々な魚の記事があって私も結構面白くて毎号買ってました。

今は分かりませんが、ウグイ将軍らしき人が最近も何かの雑誌に出てるってのをネットで見た記憶があります。
[ 2013/04/29 10:26 ] [ 編集 ]

5月下旬ですか…行っちゃいましょうかw

広瀬川なのですね。流域が広いので絞り込むのが大変かと思います。
ポイントになりそうなところは、こんな感じでしょうか。

・水深20-50cm程度の瀬、流れは速い方が藻が繁殖せず産卵に適します
・産卵床となる底砂利は歩いてちょっと沈むくらいの柔らかさが必要です
・バシャ!バシャっ!と不定期に魚の水しぶきが上がっていれば
 そこに着いていますが、水深によっては通過だけの可能性もあり
 (それでもいることは間違いないです)
・その瀬の下に落ち込みや本流との合流があり深くなっていると
 そこに産卵のタイミングを見計らいながら一旦待機します
・上記ポイントにカワウ等オオガイを餌に出来る水鳥が着いていれば、
 一層確率は上がります
・大潮と重なる温かい雨による増水で一気に遡上します
 (の筈ですが、今年の多摩川はイレギュラーが多くて…)

河川が違うので違うかも知れませんが、参考になれば幸いです。
[ 2013/04/29 22:33 ] [ 編集 ]

かつさん>>
ウグイ将軍はルアーフリークでしたか!確かに言われてみれば・・買ってましたw
ちょっと検索してみたら,今はルアーマガジンソルトで連載していたり,短期でロッド&リールに書いていたりと未だに人気のようです。「ウグイ将軍」って名前が秀逸ですよね。インパクトありますもん(笑)


かほにかさん>>
またしても貴重な情報ありがとうございます^^ かつて釣友の釣ったという場所は,おそらく瀬ではない場所なのではないかなーと思うんですが,行こうとしている地元の川は思いっきり中流域で荒い砂が多く,場所によって平たく丸い砂利で覆われるエリアが点在している,というような川です。
彼の釣った場所が通過エリアなのか待機エリアなのかは行ってみないとなんとも言えませんが,田植え時期が過ぎてからの勝負になりそうです。今は農作業の関係で川も水路もコーヒー色に濁ってしまっています。
それから・・マルタ目当てで東北に遠征というのは良いんですけど,ちょっともったいないような気もしなくもありませんよ?w とはいえ,震災前ならいろんな釣りと場所を推薦できたんですが・・今は地元にいてもまだ難しい部分もあります。旅行とか観光の予定があるなら仙台も良いかもしれませんね!
[ 2013/04/30 19:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hallyhallytopper.blog.fc2.com/tb.php/279-dc962e6e













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。