スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゼニスドライバーのごまかし工作

いつも工作がうまくいっているかのようにばかり書いておりますが,そんなわけはなくて手痛い失敗も多々やらかしております。

そのひとつがカバーゲームで使うつもりのダブルハンドル仕様のゼニスグリップ。これが紆余曲折と失敗を繰り返し,見るも無残な状態になっております。


一番マズイのが,セパレート部分の飾り巻きの名残。これが汚いw なっかなか取れないんですよねえ。


そもそもの発端は,グリップを紫色にしようと「新うるし塗料」で塗装したことにはじまります。

それなりに塗れていたとは思うんですが・・・最後にクリアでコーティングしようとして,まさかの新うるし塗料の溶解。一気にどろどろと溶けだして・・全て塗装をはがす羽目になりました。
うるしとは名ばかりで,ただの塗料で溶剤に激弱だったという・・w いい経験にはなりましたけどね。
その後は2液性のウレタンスプレーのシルバーで塗りなおして仕上げてあります。


同時に製作していたグリップ部分は,紫色のリールシートに合わせて紫とメタリックピンクのスレッドで飾り巻きを入れていました。キャンディカラーで遊んでみようかと思ったんですよねえ・・。


ところが,リールシートをシルバーにしたことで色が全く合わなくなり,そもそもキャンディカラーってどーなのよ?と嫌になっちゃって,スレッドを取ったんですけど,思いのほかエポキシが強くてキレイに取れなかった,という経緯です。

さらに,トホホな失敗は続き・・エポキシ剥離しようとして塗装はがし剤(ロックリムーバー)を塗りたくったら
・・・落ち着いて考えれば当然なんですけどね。エポキシがはがれる前にカーボンパイプの塗装がムワワワーと浮き上がってきてボロボロに>< そのくせ肝心なエポキシ+スレッドはあんまりはがれていないという^^;


はっきりいって,作りなおすつもり満々でした。しかし,失敗が続くうちになんとなく愛着が薄れていき「ダメな子」的な感じがしてしまって,なんとなく後回しにしてきました。
しかし,HFCのライギョタックルリストに「ゼニスグリップ改」と報告しちゃったからには仕上げないとやばいじゃん!と急きょ着手(笑)


そんなわけで,作りなおす前に最後の悪あがき的なごまかし工作をやってみようかと。


先日,ゴルフクラブを解体したときに,ちょっとヒントを得ていたのですが

ヘッドの根本に黒いナイロンラインを巻いて飾っていたものがあって,接着はラインの下側のみ。コーティングはありません。こういう手もあるんだなーと。


とりあえずスレッドの名残は,マイナスドライバーでこそぎおとします。もう塗装を傷つける心配もないのでガリガリとやります。



そして,ペーパーでならして。段差さえ無くなればOKぐらいな適当ーなレベルです。



太い色つきのナイロンラインみたいなのが売っていればよかったんですが,ホームセンターではちょっと見つけられず・・必殺100円ショップでw
1つはアルミの1mmワイヤー。軽いし柔らかいしリールシートのシルバーに合いそう?
もう一つはナイロンラインっぽい黒いもの・・ということでイヤホンの5mものを。中に銅線は入ってますけど使えるかな?  合計210円也



とりあえずアルミワイヤーから行ってみます。うまく巻ければ色的には好きになれそう。



巻いてみたんですが・・スレッドさえキレイに巻けない技量のハリィに「伸びない・硬い」アルミワイヤーを巻けってのが無理な話。けっこう隙間ができちゃって黒く透けて見えます。
巻く時に細かく曲がっちゃうときがあって,その修正がなかなか困難なんです。もともと巻きグセがついてたりしますので難しかったです・・・。


はい,ダメー!やり直し!!


続いて,イヤホンのコードを巻いてみました。一応イメージに近い感じにはできました。
パイプに薄ーくセメダインスーパーXを塗った上に巻いていきましたので,一応接着はできています。
問題は末端処理ですねー。太いので重ねて抜いた部分の盛り上がりがデカイ^^;難しいですねえ。
人工藤を巻いて藤巻きっぽく仕上げることも考えたんですけど,色合わないのでやめました。



まぁ・・ごまかし工作的にはこんなもんでいいでしょう。ボロボロな状態よりかはマシになったかな・・。

末端だけは補強のためにエポキシしようと思います。

そのうちにイチから作り直しそうですが,今シーズンはもうこれでいきます^^;

このグリップが気に入らない理由はもう一つ。ロッドの固定部分がチャンピオングリップと同じ3本爪の金具になっているんですが,重いブランクを使うとなんかカタカタ言うのです。相当強く締め付ければ治まりますけど,脱着を繰り返すと金具も早く痛みそうです。グラスアイのほうは同じ三本爪でもそんなに感じません。
特定はできませんが,使ってる3本爪の摩耗が原因っぽい感じもするので,サンリバーさんで買ってこなくてはと思いつつ,行くと忘れちゃうんですよねえ。

固定部分はフィリプソングリップみたいに樹脂製でスリットの入った筒のほうがピタッと決まって好きですねー。
スミスのスーパーストライクグリップのカタログに「樹脂製の筒のほうが固定が良いので採用した」的な説明があったと思うんですが,まさしく。

こんなこと考えていると,またスーパーストライクグリップ欲しい病がぶり返しそうなので,考えまい考えまい。
関連記事
[ 2013/03/14 22:28 ] タックル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hallyhallytopper.blog.fc2.com/tb.php/259-3443e3f6













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。