スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フィリプソングリップVIPカスタム完成!!

前回から取り掛かっていたフィリプソングリップのフロントキャップの改造がようやく完成しました。
地味な作業が長くかかりました・・・w


前回,デザインが浮いていて気に入らなくなってしまったコルクのフロントキャップ。これにレジェンドVIPのシートリングのパーツをかぶせていこう,という改造です。



かぶせるためには,パーツの内径を広げなくてはいけません。そこでひたすらヤスリで削ったのですが,硬くてなかなか進みません。



そこで方針変更。のこぎりを使います。刃を立てて(写真では寝ていますが)まっすぐにではなく,斜めに引き削るような感じでいきました。

これが効きました。削り粉の大きさも量も段違いで飛躍的に作業が進みました。


1時間ほど削り倒した頃,内側のプラの一部がめくれ上がりました。そこで,ドライヤーで熱しつつマイナスドライバーでこじり,バキバキと割り剥がしました。



ここまできてようやく部品の構造がわかりました。下の断面図のような感じです。
Book1_22628_image901.png

つまり,EVAさえ切り取ってしまえば,ヤスリ作業はそんなにいらなかったことが判明しました(笑)

しかしまあ,結果論だから言えることで,作業中はなんとかEVAを活かそうと苦心していたのでした。


そんなわけで,プラと金属のリングが分離できました。



ここで,金属のワインディングチェックが思った以上に寸法が長いパーツだったこと,さらにフロントキャップにかぶせられない内径であることが判明しました。

こうなると,純正のEVAは使えません。ワインディングチェックももしかしたら切断することになるかも・・


とりあえずワインディングチェックは後回しにして,EVAです。


手持ちのEVA素材でなんとかなんないかなー,とまたしても内径広げ作業です。
棒に紙やすりを巻いて削りまくり,少し広がったところで,先ほどと同じくのこぎりでの切り削り作業を行いました。
ちなみに紙やすりはまるまる3枚ほど消費w



ようやくここまで広がりました。



ちょっときつめですが,押し込めばフロントキャップにかぶせることができます。



プラのリングも内径を広げまくり,金属のリングと合わせて入るようになりました。

よし,これで完成形が見えてきました。


フロントキャップの細い飾り筒部分を切断します。これがあるために太いブランクが使えない制限があったのです。
ちょっと厚いですが,アルミですからのこぎりでいけます。



切断完了!あえて飾り筒を2mmほど残して凸形にしました。



シートリングのEVAをあきらめて切断,ワインディングチェックを取りだします。
残した2mmの凸部分はワインディングチェックとの差し込み接着部分になります。



前回のリールシート分解で,ドライヤーのチカラを思い知ったハリィです。早速応用w
凸の段差部分に固まっていたエポキシを熱して,マイナスドライバーでつついたらキレイに取れました。



凸部分に少しスレッドを巻いてエポキシ。ワインディングチェックに差し込んで接着します。

ワインディングチェックの外周に古いエポキシが残ったままですけど,後でちょっとだけペーパーをかけました。
見えなくなる部分なので,接着に問題無い程度まで取れればいいかなーと。


純正の飾り筒よりも,直径2mm以上広がりました。もともとレジェンドVIPの部品ですから,そのブランクは余裕で通る太さですし,内側のプラも無くなったことでもっと広がっているはずです。

あとで,ブランク保護のために薄いクッションテープか何かをワインディングチェックの内側にぐるりと貼ろうと思います。


次に,EVAの角をちょっと丸めて



寸法を合わせて切断!これですべての部品がそろいました。



EVAの内側にエポキシを薄く塗って,フロントキャップを押しこみます。きついので余分なエポキシがケツ側に出てくる感じになります。



で,できた・・・! かなりイイ出来じゃないですかね・・?w



細か~いところで,実はワインディングチェック側のEVAが少し逆テーパーで広がるようにしています。
これはもともとのレジェンドVIPがそういうデザインになっていましたので,再現してみました。
少しだけワインディングチェック側のEVAの内径を狭くしておいて,キャップを差し込んだ時にほんのわずかに外側に広がるようにしました。それで差し込みの時ちょっとキツかったというわけです。



エポキシ硬化後・・ついに完成!フィリプソングリップVIPカスタム!!
黒で統一された色合いがシブいじゃないですかw



ちなみに,こちらが改造前。これはこれでかっこいいんですけどねー



フロントキャップ。かぶせるだけの予定が,ほとんど作り変えることになりましたがぱっと見,純正のレジェンドVIPのパーツと見分けつかないと思います。



グリップエンドにはレジェンドVIPの銘と脱着式20gのバランサー。



リールシートには往年のスポーツザウルスの刻印。ダイワとまさかのコラボですw



これにリールを装着すると・・・



こんな感じです。ハリィ的にはもう少しグリップ太くしてもいいかな。もしかしたら手の内だけラバーテープ巻くかも。



たぶん,こんなフィリプソングリップでナマズやる人はそうそういないと思うので,ちょっと満足感w
ちょっとオールド感に欠けるところと,傍目にはレジェンドVIPそのものにしか見えないところが惜しい(笑)
まぁ,マズメ単独釣行がほとんどですから自己満足でOK!

関連記事
[ 2013/03/06 23:59 ] タックル | TB(0) | CM(3)

相変わらずすばらしい仕上がりですね~。
コルクグリップとは違って個性的でかっこいいです。

是非、今度実物を触らせてください。
[ 2013/03/07 22:04 ] [ 編集 ]

お疲れ様でした。

さすがのお仕事、お見事です。


ハリィ先輩の伝統行事?VIP切断の儀式に私も取り掛かりましたが、予定より手のかかる作業になり今週末に持ち越しです。

もう切れてグリップないので仕上げるしか他に選択肢ははいんですがね(笑)

[ 2013/03/07 23:32 ] [ 編集 ]

HIACEさん>>
ありがとうございます(^ ^)
やっぱり材料が良ければ仕上がりも良くなるのですね〜。
ちょっと重いですけど、ぜひ握ってみてください。


dadaさん>>
先輩ではナイですが(笑)サオを切った本数は増えてますねぇ。
安竿購入→切断 が本当に恒例行事化してますね(汗
フジグリップVIPも激シブだと思いますので、楽しみにしています。

明日あたり?書ければですが、ダイワのBW2をバラしてみました。
なかなかややこしくて、無駄にスイッチとバネがあって、危うく飛ばすところでした。
しかも、オチも書いちゃいますが・・2ベアリングと表記されてるんですが、ボールベアリングはどこにもありません。
え!?この部品をベアリングと言ってるの?という驚愕の事実が発覚しますww
やはりオールドダイワはベアリング数だけでは判断できません!
[ 2013/03/08 00:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hallyhallytopper.blog.fc2.com/tb.php/253-bcb7ffde













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。