スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サンリバーさん(その2)スピンキャストリール!

昨日,サンリバーさんのご厚意でいただいてきたリール3個のうち,そのままでも使えそうなスピンキャストリールを見ていきます。他の2つ(リョービ・REGNO ダイワ・BW2)はかなりガチでバラしていかないといけませんので,お手軽な方から・・!



こちらが,スピンキャストリールです。クローズドフェイスリールとも言いますが,呼び方はどっちでも良いみたいです。



このリールの出自がまた笑えるのですが,もともと釣り用では無かったんだそうです。


なんと「ゴルフのパターにくっついていて糸のついたボールを打った後にリールで巻いて回収できる」という商品に装着されていたリールなんだそうです。店長さんいわく「打ったらブチーっと糸切れて使いものになんなかったーw」ということでお蔵入りしたようです。


何それ!?どんだけ深夜のアメリカン通販クオリティ!往年のフライングルアーの通販番組を思い出しますよ?w



で,どんなものかなーと検索してみたら,ありました。
正式名称は「フィッシングリールウィズパター」というそうです。2005年頃販売され,当時6000円位。


あのぅ・・w パターというよりも釣り竿にパターヘッドをポン付けした感満載なんですけど!! 逆にこのパターで魚釣ってほしいです(笑)こんなの釣り場で見かけたら崩れ落ちる自信があります(笑)

おいらはゴルフやらないですけど,ころころ転がしてカップインさせるべきボールが糸を引きずってたら動きを阻害しないですかねえ? しかも,いちいちリールのクラッチを切って,打って,毎回リトリーブするぐらいならボール10個もまとめて打って,手で回収したほうが楽じゃないの??


まぁ・・このパターにツッコミたいところは山ほどありますが,リールが本題なのでこの辺で許しておきましょう。


さて,いくら謎製品とはいえ,わざわざリールをオリジナルで作るわけもないよなぁ・・とメーカー表示を探したら即発見。サウスべンド・・ってあのサウスべンドなの?しかも釣り針のマークまで。こりゃー釣り具でしょう。



で,検索してみたらサウスべンドのHPがありました。そしてリールに入っていた「PROTON」という銘。なんと現行機種でも発売されていました。


ちょっとフロントカップとかの形状は違いますけど,あきらかに同じDNAを感じますね。価格は大体22ドル程度。



初めて持った時,うわ!でっけぇ!と思ったんですが,手持ちのアブマチック275と比べてみるとそんなに差が無い大きさでした。ただ,寸胴なので持った感じはデカイ感じがします。



で,このハンドルを見てください。傾けて写真を撮っているわけではありません。なんとハンドルの長さが違うんです。カウンターバランス取るつもりなんかサラサラ無さそうw


パワーハンドルタイプと小径ハンドルタイプを選んで味わえます・・・って,そんな機能パターゴルフに要らんでしょwww 釣りだっていちいちハンドル見て選んでリトリーブするわけじゃないですし,もうクラクラきますねw


フェイスカバーを開けてみたら,ピックアップピンは1本。しかも細いですねー。



左:アブマチック 右:プロトン ピンの太さの違いが遠目にも分かります。



で,最初はリールの後方部分は金属カバーをかしめて固定してあって,分解不能?と思ったのですが



もしや,とひねってみたら,フェイスカバーと同じ構造のネジでカパっと開きました。メンテナンス性抜群ですね。非常にシンプル!


あと,このプロトンの最大の長所を見つけちゃいました。「ドラグ音が小気味良い&大音量」なんです。

アブマチックのドラグはピックアップピンごとスルルーと回る感じで,ドラグ音もごく静か。ところがプロトンのはヤバいです。スプール部分だけが滑るような構造なんですが,ドラグのクリック音がカカカカカカ!!と細かい金属音がします。しかもオール金属ボディの内部に反響して,たぶん20m先でも聞こえるんじゃないか?ぐらいの音量。何としても実釣で鳴らしてみたいです。もちろんドラグは弱々にしておきますけど(笑)


----------------------------------------------------------------------

と,ここまで書いてきてから書くような内容じゃないんですが,非常に重要なポイントとして


「スピンキャストリールは両手で投げるもの」です。世の中では単にクラッチ切って片手でビューんと投げるといいう間違った紹介が多いのです。

そんな適当な投げ方だったら,単なるスピニングの代替劣化品にしかなりませんので,当然人気も出るわけがないのです。

大手にも関わらず,さすがにこれはヒドイ,スピンキャスト愛好家に怒られますよ?と思ったのであえて動画のリンク張りますが,天下のAnglingfan誌がなんて誤りを・・・このキャスト説明は間違いです。
TOP WATERを科学せよ! スピニングとスピンキャストの違い


正しいスピンキャストの使い方はこちら。こちらの動画は「見るだけでスピンキャストを使いたくなる」ほど分かりやすく素晴らしい動画です。だまされたと思ってぜひ1回ご覧ください。
スピンキャスト 基本キャスト

文章で説明するのがちょっと難しいんですけど,スピンキャストとスピニングは別物なんです。
スピニングよりも高いキャストコントロール性(ブレーキは指で自由自在)にベイトには投げづらい軽量ルアーも楽々キャスト。ベイトとスピニングの中間にあるようなリールで,FFで言うところの赤魔導師みたいなやつですw

ただし,巻き重りがする・力が弱いなどの欠点もあって決して万能ではありませんが,独特の面白さがあります!
しかもお値段が安い!!

と,いうわけで今回いただいたプロトンはちょっとメンテして,ありがたく使わせていただきます。

そして・・・悪い虫が・・ゼブコのスピンキャストがおもむろに欲しくなってきましたよwww五十鈴のピッキーノも面白そう^^



最後に。Anglingfanの名誉のためにもう一つご紹介。たまたま上の動画には誤解がありましたけど,その他のシリーズは,トラウト以外にも大変参考になる内容がいっぱいでした。
ハリィはこの動画がおもしろかったですねー。すごく分かりやすくて良かったです。
TOP WATERを科学せよ! フッキングの仕方&メカニズム
関連記事
[ 2013/03/01 21:30 ] タックル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hallyhallytopper.blog.fc2.com/tb.php/249-1cf98609













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。