スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

メバルを釣りに

天気良く風もなくいい日だなぁ・・と思っていた日曜の朝,Katsuさんから「今晩さらっとメバルいかない?ロッド完成したんでしょ?」というありがたいお誘い。
当然乗っかったわけなんですが,タックルは先日作成したクーリースピン改(スピニングモデル)にクローズドフェイスのアブマチック。あとは予備でシマノのアルテグラ。

で,車中Katsuさんにメバルタックルのことを聞きながらいくと,全く不勉強なもんですから驚きがいっぱいです。まず,ロッドの長さが8ft・・!前はそんなの無かったよなー,と時代の流れをひしひしと。
クーリースピン改(7ftちょい)の予備で持って行ったのが,前に使っていたテンリュウのULトラウトロッド。その当時はこれがメバルにいいですよ,って勧められて買ったんですが5.6ftです。
とりあえず5.6ftのは使わないとして,7ftでも短めの扱いになるなんてなぁ・・。

また,釣った後で分かったんですが,メバル用ロッドって割と先調子な感じでシャキッとした感じです。もちろんビッグサイズも想定しての設定でしょうからねえ。
対してクーリースピン改は先調子気味の味付けとはいえトラウトロッド。13cmぐらいのメバルを掛けても予想以上に胴まで入りました。そんな違いは感じましたが決して獲れないわけじゃありませんし,バットは余裕。
レギュラーサイズでも引きを楽しめるって方向でポジティブにとらえますww


釣り場でHIACEさんと合流し,キャスト開始です。
スピニングロッドをひっくり返してスピンキャスト付けてるもんですから,グリップトリガーが無いのがちょっと違和感。ぐっと力が入らない感じです。ガイドの高さはまぁ,問題ないです。
トリガー付けるわけにはいきませんけど,なんかちょっと滑り止めみたいなオプションを考えようと思います。


で,10分ほど投げているうちに,スピンキャストの欠点というかつらい部分が露呈しました。
「極寒期のスピンキャストは手が冷たいww」これですね,投げる時に,まず吐き出し口のラインを親指と人差し指でつまんでからクラッチを切って,振りかぶってキャストした瞬間に指を離すんですが,まず糸をつまむ指が超冷たいw
さらに,リールの金属部分をがっぷりと握るもんですから,これがまた冷たい。スピニングは投げる時にラインを人差し指に引っ掛ける以外は,ほとんど触りませんのでそう冷たくないのです。
その代わりスピンキャストはキャスト後に任意のポイントでラインをぐっとつまんだり,ブレーキを掛けたりすることでベイトリール的にコントロールできる楽しさがあるんですけどね。
今回みたいに軽いルアーをとりあえず飛ばせるだけ遠くに飛ばそう,みたいな場面だとその利点が薄れますねw少なくとも手の冷たさはガチwwwなお,飛距離はスピニングとそんなに大きくは変わりません。


で,冷たさに耐えつつキャストしていましたが引っ掛けてラインブレイクしたのをきっかけに,スピニングに変更します。何年も使っていないのでスピニングもやってみたくなりましたしw

ベイトリールは右巻きオンリーなハリィですけど,さすがにスピニングはセオリー通りに左巻きです。久々なので大丈夫かな・・と心配しましたけど,何の違和感も無く使えたので一安心しました(笑)


ここまで何時間やったのかな?全くもってノーバイト。潮は大潮の干潮下げ止まりという厳しい状況です。ただ,風が無いので星がめちゃくちゃキレイ。星の数やたら多いし,凪の水面にくっきりと星が映っていました。
「水面のオリオン」なんてかっこ良すぎるのですが本当にはっきりと星座が映っています。けれども願わくば鏡のような水面を割る1尾が欲しいところです。


と,ここでトーナメンターのKatsuさんに待望の1尾。たった1尾でも上手い人には分かっちゃうんです。
「何回かショートバイトあったので間違いない。底狙いでカウントダウンN秒取ったらアクションはこんな感じで」とやたらに具体的なアドバイスが出たのであります。


で,そのパターンを実践してすぐにHIACEさんにヒット,ついで私にもヒット!・・・本当に人に釣らせるのってすごく難しいと思うんですけど,軽々とやってのけるKatsuさんはマジですごいのです。




(HIACEさん撮影 ありがとうございます^^)


クーリースピン改にも入魂できたし,ヒットパターンも分かったしで,あとは続けてヒットを狙うのみです。
最終的に,HIACEさんとハリィが各7~8匹,Katsuさんが15~6匹以上,釣れ始めは同じ時間からですから,数の差は完全にウデの差でしょうねー。




今回のメバル釣行は本当に勉強になりました。
にくくんと昔行きまくってた頃は,常夜灯の下でワームを~♪とただ巻きして水面直下で釣るのみww それで釣れなければ今日は釣れない!と帰るか場所移動するかだけでした。

けれども本当はメバルが居なくなるわけじゃなくて,ヒットパターンやタナを見つければ引きずり出すことができる!というのが,イージーただ巻き部隊にはカルチャーショックでした。
(たぶん今回の記事見たらにくくんそわそわするだろうなあ・・w ポイントは伏せますが「ミミー祭り」した場所ですよw)


月曜日は塗装をしました。・・・小さいパーツはまぁまぁいいんですが,大きいのがボロボロの出来><






極寒期に塗装しちゃいかんですね。塗装の伸びが悪くて厚くなるわ硬化しないわでヒドイ塗りになってしまいました。
いつまでも固まらないのも困るので部屋に持ち込んで温めます。溶剤臭が少ないのだけが救いです。水研ぎでどこまで修正できるかなぁ?現在,この塗装の失敗でだいぶ凹み中;;ショックだわー。



さらにショックなことが・・・!別のグリップ用にポチったアルミヘッドのパーツが,まさかのサイズ合わずで使い物にならないことが発覚・・。えぇええ;; なんかダメダメだ・・返品するほどのモンでもないけど,商品名に問題あるんじゃないかのぅ・・>< 少し立ち直ったら写真アップします(涙)



関連記事
[ 2013/02/12 21:00 ] ソルト(ロック類) | TB(0) | CM(4)

侮るなかれ!にくはちゃんと7.7ftのメバルロッド使ってましたぞ!
ムーン!

しかもちゃんとカウントダウンして底とってましたぞ!
ピーチ!

…底とった後はただ巻きでしたが(笑)


秘密リグでのスパイラルとかも懐かしいですな(^^)
[ 2013/02/12 22:04 ] [ 編集 ]

寒い中、お疲れ様でした。
なんとか今年初釣行がボウズではなく、ホッとしました。
メバル釣りは簡単そうで難しい釣りですよね。KATSU君はどんなコンディションでも最後には必ずパターンを探し出す相変わらずすばらしいアングラーですね。
楽しかったのでまた行きましょう。
[ 2013/02/12 22:08 ] [ 編集 ]

皆さまお疲れ様でした!
ほめすぎ、たまたまだよ!

でも、楽しかったね、またみんなでヤりましょう!
[ 2013/02/13 08:37 ] [ 編集 ]

にくくん>>
あの頃からそんな長いロッドってあったんですねえ。知りませんでした^^;
秘密リグって・・おいらの得意なタコベイトのスパイラルフォールねw大丈夫。伏せるまでのシークレットじゃないです(笑)


HIACEさん>>
釣り初めでの釣果おめでとうございます!私なんて年明け初釣行でのボウズはしょちゅうですので,あれだけ釣ってたら今年のHIACEさんの釣り運は大吉と思われます^^
またよろしくお願いします!


KATSUさん>>
いやいや,お世辞でも何でもなく記事のとおり,本当にすごいなーと思いました。
良い釣りにお誘いいただきありがとうございました!

しかしながら,今回学んだにも関わらず・・次回はポッパーで釣りたいと狙っています(笑)
活性高くて浮いてる日ならきっと!
[ 2013/02/13 23:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hallyhallytopper.blog.fc2.com/tb.php/236-6a517b85













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。