スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

自作ウッドガングリップをつくろう(第1回)

オフセットグリップ工作用に考えていたコルク素材を別な修理に流用したため,オフセットグリップのほうの握りを別なもので作ることになりました。

まぁー,適当にEVAでポン付けしてもシングルハンドで使用するには全く問題ないうえに,シートに角度が付いているのでかなり握りやすいのです。
やっぱり元々がシングルハンド用のグリップなんでしょうねぇ。とはいえ,シングルハンドだとハリィには使いにくいので,セミダブル風味に仕立てないと物置行きになりかねません^^;

そこで今回は「セミダブルに近いウッドガングリップ」を目指して工作していきます。ちょっと時間がかかりそうな内容になります。

前に,作成しようとして適当にフリーハンドで作ったら,めちゃくちゃダサい(笑)のが出来上がって失敗したので,今回はCADでそれっぽく引いてみました。



調子に乗って握り部分に凹凸をつけたりしましたけど,たぶんこれはやりませんw ハリィの工作技量とカッターナイフ一本という装備ではおそらく失敗します^^;
デザイン上重要なのはグリップエンドの部分で,この部分のカーブを決めておくのが目的です。

それから,普通のガングリップよりも長めにしてあります。非力なハリィはどうしても投げる時に左手を添えたくなるので,セミセミダブルでw



材料はこちら

ヒノキ材12mm×100mm×600mm,498円也。


買ってから気づいたんですが・・・ちょっと反ってるんですよねえ^^;




製品はオークとかマホガニーとか,もっと硬い木材を使ってますけど,それだと工作が大変なのです。
安く・手軽に・チマッと工作して釣るのが目的ですからホームセンター(主にホーマッ〇)で気軽に入手できる材料がベターです。
ちなみに,ホームセンターではヒノキと同じぐらいの量でホワイトパイン材も売っています。これも加工しやすく安い材料ですが,細かく削っていくとボソボソになりやすいです。
それと,削っているときの木の匂いが,なんか苦いような感じの匂いがします。その点ヒノキはヒノキ風呂の匂いがしますので作業中とても心地よいです。
ほとんど後者が理由になりますが(笑)ヒノキでいきます。


まぁ,ホームセンタームサ〇さんだとクラフトコーナーにもっといろんな木材やブロックも売ってますし,ちょっとした加工(有料?)もしてもらえますから,
もし一本もので自作したい方は,手頃なブロック材を買って差込み部にΦ12mmぐらいの穴を開けてもらえば良いのかもしれませんね~。


工作のイメージはこんな感じです。


貼り合わせで作るのは,工作機械無しにリールシートの挿し込み部分を作るのためです。問題は木目が揃わないことですが,逆に言えばそれだけです。
強度は問題ありません。駆け出しの頃にファントム改のを同じようにして作っていますが,そんなに目立つほどの気にはならなかったかな・・
木目の不揃い<自作の道具を使う満足,と自分で納得できればOKです。


ちなみにファントム改はこんな感じです。







よーく見れば分かりますけれども,そんなに貼り合わせは目立たないかな,と。


ただ,グリップエンド(銃床というべきか)だけは貼り合わせがもろに見えるので,今回は保護と目隠しを兼ねて金属板を取り付けるつもりです。


ま~・・まだ一匹もトップで釣ったことが無い頃に作ったものですから形もアレですし,下地もぼこぼこですし,いろいろダメですねえ。

さらにこの竿,短いし硬いしむっちゃ先調子!w これでナマズやろうとしてたなんて・・なぁ^^;
この竿の出番は今のところ無さそうです。テトラの穴釣りとかに使ったら取りまわし良さそう(笑)




さておき,まずは,板を200mmの長さに切りそろえます。



たかがこれしきの作業なのに,すでに疲れました。いくらヒノキは柔らかいといってもけっこう力が要ります。
唯一の救いはやっぱりヒノキの香り。切り粉がさわやかな森林浴風味で癒してくれます(笑)


板に型紙をあてて,なぞっていきます。



だいたいの寸法が取れればいいので,ちょっと大きめにしておきます。



次に,リールシート差込み部分を切り取ります。



タテはのこぎりでいけるんですが,横に切るのが難しいのです。糸のこでもあれば良いのかなぁ。
カッターで削って加工しちゃいます。どうせ見えませんしww


もうちょいで折り取れます。



リールシートに合わせてみます。OKですね。



Φ12mmに12mm厚の板ですから,本当はぴったりのはずなんですけど,ちょっと当たる部分があるので彫刻刀で削っておきます。



慎重に瞬間接着剤で貼り合わせます。貼った後は5分ほど体重をかけて圧着しました。


板が湾曲していたので,向きをそろえて貼り合わせました。隙間なく接着できればOKです。



この次の工程はのこぎりで大まかに切った後,地道にカッターで削りだしていくことになるんですが・・
これからが大変です。前回もカッターの背を押す親指にマメができまくって痛かったもんなあ・・

のこぎりで切り落とすのも板3枚まとめてですからかなりの力技になります。

ん~~,先はまだまだ長いし,今晩の作業はここまで!w
関連記事
[ 2013/01/31 22:20 ] タックル | TB(0) | CM(2)

相変わらず、すごい工作にチャレンジしてますね~。
例のランカーナマズハンターのガイド取り付けも終了したので、明日からウェイトバランスの仕込み作業に入りたいと思っています。
もしかしたら明日の夕方、最後のアドバイスをいただきに支店にお邪魔するかもしれませんので、よろしくお願いします。
[ 2013/01/31 23:12 ] [ 編集 ]

今日はちょっと用事が入ってしまい、失礼しました><
ウェイトは私も適当なのですが、リールを装着した状態で自身がしっくりいけばそれでOKかと思います。
余談ですが、今日立ち寄ったリサイクルショップに「サンダーショット」という竿がありました(笑)ライトロックゲームと書いてあって、メーカー不詳。
思わず、サンダーシャフトじゃないのかいな!って心の中でツッコミいれてしまいました(^ ^)
[ 2013/02/01 22:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hallyhallytopper.blog.fc2.com/tb.php/228-05dfd5a4













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。