スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オールドグラスロッドの修理

ハリィのいつもの病気で,すぐに方針変更!(笑)進めていたオフセットグリップの工作を修正。
移り気なもので・・^^;やりたいことが他にもけっこうあるんですよね~。

オフセットグリップの柄にしようと思っていたフェンウィックの竿を切った残りのコルク部分。ブランクパイプが通っていて工作に便利な素材なんですが,別な竿の修理に使用します。

その竿がこちら




セントクロイの60年ぐらい前のグラスロッドです。今のロゴよりも昔のほうがポップでかっこ良いのです!

トップウォーターでの釣りを志した時トップ=バス,というイメージで買ったもので,ベナベナのスローテーパーなアクションです。


最初は持ち運びを考えてわざわざ2ピースを探してポチったのですが,今だったらワンピースを買うかな^^;
でも,金属フェルールの継ぎがまた古臭くてそれなりに気に入っています。



ガイドはもちろんステンレスガイド。Sicでもハードでもありません。
Sicじゃないとガイドが削れてライン傷つくのでは?という意見もあろうかとは思うんですが,それだと昔はブチブチとガイドのせいでライン切れていたってことになりますが・・・たぶんそんなことはないのです。
もちろん,使いこんだら削れるかもしれませんが,そこまで使い込めたらむしろ本望かなぁw


ブランクはフェノールグラス・・・通称「タバコグラス」と言われるもので,現在のエポキシグラスよりも腰がないグラス素材です。
時間が経つとどんどん茶色くなって味が出てくるブランク素材で,柔らかいスローテーパーがトップウォーターでのルアー操作に向くということで手に入れました。

こいつでオリザラとかを扱うと,まぁー面白い。ドッグウォークとかすごくやりやすい。オールド使ってる!っていう満足感もありますしw
残念なのは製造過程が現代の環境基準を満たさないという話もあって(需要も無さそうですし・・),現在は作られてないということ。
ハリィにとってはファーストナマズもファーストライギョもこの竿で獲ったので思い入れがあります。
その後は完全にナマズにシフトしていったので,パワー不足や折れたら大変という心配,さらにグリップの破損によって物置にしまいこんだままになっていました。


グリップの破損状況はこんな感じです。


作りが甘いっちゃ甘いんですが,なんせ古い物ですからねえ。中のグリップパイプが回転したせいでコルクがバリバリと裂けてしまいました。



デイナマ中に壊れ,そのときはどうしても夕方からも出撃したくて,安心のエポキシではなく手元にあったセメダインスーパーXで適当に補修しちゃったんですよねえ。
それが初めてのスーパーXだったんですが,無知でしたねえ。弾性接着剤ってものが全然分かっていませんでした。いつまでもゴムみたいに柔らかいんですよね,これ。
修理後数回使っても問題はなかったですが,どう考えても力のかかる部分の固定には向きません。後から分かって後悔しました・・いずれまたバリッと裂けちゃうと思いますので。


オフセットグリップはEVAでもかまいませんけど,さすがにオールドロッドにEVAは合いませんので,今回のコルク素材を流用します。
ついでにほんのちょっとグリップを伸ばしてバランサーも仕込んでしまおうと思います。


前置きが長くなりましたが,工作そのものはイージーです。古いコルクをばらしてチェックインするだけでいいはず・・です。


ちょっと力入れたら外れるかなー?と思いきや,けっこう接着が強くて,なかなか壊れません。
案外このままでも問題無い・・とも思いましたが,道具に不安抱えたまま釣りしたくないので,思いっきり力をこめてねじると,予定通りコルクの割れ部分が外れました。


残りのコルクをばらします。前回同様スプリットリングプライヤーを使ってむしり取っていきます。



中身はこんな感じです。



次に,グリップをあてがって様子をみます。グリップの切断面はヤスリでならしてあります。




バランスチェック。素でこんな感じ。



リールを付けた状態。



オモリ7号(26g)を仮バランサーにして。そんなにウェイト積むわけにもいかないので,まぁ・・こんなところで良しとします。





今回はウェイトを中に仕込みます。ただ,ナツメ形だとおさまりが悪いので



金づちでたたいて,上下をつぶしました。底の接着面が平らになって良さげです。

こいつにエポキシをたっぷりと塗って,内部にチェックイン!


このままだとパイプ内部にエポキシべっとりですし,接着がはずれて内部でマラカスみたいに鳴っても困るので,今回も登場,バックアップ材。


こいつもエポキシして底まで押し込んでウェイト固定の補助をさせます。ついでにパイプ内部のエポキシをぬぐいながら下に押しこむ計画です。
空気圧で反発されると困るので,バックアップ材の中心にはエア抜き孔を開けておきます。


コルク部分完成~・・・見た目には全然わかりませんけど^^;



あとはいつものとおり,タコ糸を巻いてエポキシし,ドライヤーで温めてチェックイン!



出来上がりはこんな感じです。



純正の倍近い長さにはなってるんですが,特に長いとは感じませんね~。


シングルグリップのコルクって全体的に細いんですけど,今回はひと回り太くなったので,すごく持ちやすくなりました。バランサーも入ってる感じがわかります。
使ってみたくてウズウズしますよ^^

ただ,ナマズ相手だとやはり折れが心配なので(たぶん大丈夫だとは思うんですが・・年代物ですしねえ・・)
様子を見ながらの出撃になりそうです。


※追伸:ナマズリンク巡回中に「おっ!」と思ったブログを見つけたので,一方的にリンクに追加させていただきました^^ 見逃しませんよ~~!(笑)
どうぞよろしくお願いいたします。
関連記事
[ 2013/01/30 23:59 ] タックル | TB(0) | CM(2)

HIDE

昨日登録したばかりで即日発見(笑)
[ 2013/01/31 08:59 ] [ 編集 ]

HIACEさんから「HIDEさんが防水カメラを買ったらしいですよ」と聞いた日の夕方に,たまたまナマズリンクの新着写真コーナーを見たら,防水カメラっぽい写真がアップされていたのでムムム?と気になって開いたら,思いっきりHIDEさんのブログでしたw
きっと発見は運命だったと思います^^
[ 2013/01/31 22:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hallyhallytopper.blog.fc2.com/tb.php/227-d00ba06a













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。