スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ロッド到着と新しい悩み

世の中本当に進んでるな~と,前回の購入にも増して感嘆。
昨日の昼にiPhoneで支払い手続きをしたら,今日の午後に商品が到着。早いですねえ・・・

で,購入したのはコチラ。

コータックのクーリースピンUL 6.6ftです。wt2g~8g

いろいろとインプレを参考にしていたのですが,ファーストアクション気味でそれなりにシャキッとしているということだったので,スピンキャストにいいんじゃないかなーと。
しかもかなりお安いw

メーカーがコータックというのも大きな理由。つい先日,ウエダ解散に続いてコータックも,という衝撃のニュースがあったばかり。トラウト系のスプーンや小物とかでコータックのロゴは目にしていましたが,どんなロッドを出していたのか,気になっていたんですよね・・・。
トラウト入門用タックルなどを安価ながらも,しっかりとした製品で出していたそうなので,初めて挑戦するハリィにはうってつけです。


で,まっ先に面白いと思ったのがブランクの塗装です。
スパイラルに素材が巻きついているところに光沢のある塗料が塗ってあるのですが,角度によっては真っ黒にも見えますし,光があたった場所はコータックのカラーであるモスグリーン,さらに明るいグリーンになります。
それがスパイラルの段々とあいまって非常にきれいな色になっています。


もう,この時点で一発で気に入っちゃいました!この竿イイ!!


しかし,めちゃくちゃ気に入っちゃっただけに新たな問題が発生です><


予定ではグリップをバラして,ブランクを根本で切って,オフセットグリップに挿せるように改造するはずでした。

でも・・・切断するのがツラくなってしまったのです。せっかくきれいなのに・・もったいないような・・(笑)
4000円ちょいの竿ですから金額的に惜しいというわけではないのですが,ほんとに中古?ってぐらいに良いコンディションなんですよねえ。


とりあえず純正のままスピンキャストリールをつけてみましょう。
だいたい評判の良いインプレの中で,唯一弱点とされていたのがこのリング式のリールシートで,すぐにゆるんじゃうらしいです。値段的に仕方ないけども・・とのこと。ハリィはリング式シートは初体験です。
・・・うーん。コルクの弾力と摩擦で押さえてるだけですからねえ。耐久性があるとはちょっと><

スピニング用ロッドをひっくり返して使うのは本当に懐かしい感じがします。
アンバサダーを使い始めたころは,ベイトのロングロッドが店に売って無くてスピニングロッドを使っていました。
それでサーフと堤防でメタルジグ投げてたんですが,コチ・ヒラメが面白いように釣れました。
当時はまだ「海でルアー投げるなんて何考えてんの?」って見られるような感覚でしたから,かなり物珍しがられました。アブのトラウティンマーキスのベイトモデル8ftを店で見つけた時には感激したっけなぁw


スピニングロッドをひっくり返したときに最も気になるのが,バットに近いガイドです。
足が長いし口径もでかいんですよねー。これは交換したいところなんですが・・・



スピンキャストリールの糸の出口もけっこう高さがあります。
純正のガイドのままでも,使えないこともない・・かな?
というよりも,本来の用途であるスピニングリールに換装して使うならば純正のままのほうが良いのです。



はぁー。困った!! 純正のままでも使えなくはないけど,かっこ悪いし,自分の中で満足度が低い。
でもスピニングも使うかもしれない・・竿のアクションはメバルとかに転用しても面白そうなのです。
今まで使ってきた天龍のULロッドよりもかなり軟らかい・・感覚的にはXUL的かなー。
メバルならスピニングでいきたいけど,今使ってるロッドでも十分っちゃ十分だし・・。

もう,頭の中ぐーるぐるです。そのくせ同じのもう一本買えばいいじゃん!にならないケチさ(笑)

んー・・・割合で60:40かな。ぶった切り実行の可能性が60%!やるならばガイドも換装してベイト仕様にするしかないでしょ。

本当に悩んでます^^;ぐだぐだな内容で恐縮です。でも楽しい悩み・・・かなw
関連記事
[ 2012/12/27 22:25 ] タックル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hallyhallytopper.blog.fc2.com/tb.php/209-dd690e36













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。