スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リールいじり④ 5000Cの仮蘇生

同じ名前でややこしいのですが,まずはクラシックレプリカの5000Cから。
5152カスタムコグがスルっと入らなくてばたばたとしたわけですが,やはりここは面倒がらずに
展開図を確認しておきます。物置から箱一式を発掘です。


展開図を見ます。きれいに5152の表記があります。うーむw
むしろ入らないほうがおかしいじゃないですか・・・精密に採寸するほかに確認とれなそうです。



ついでに,こんな表まで同梱されてました。けっこうなバリエーションあったんですねえ。
というか,マミヤオーピー時代!?いつ買ったんだ?とカードを確認したら2001年購入でした。
買った後,いつか淡水で使うかもって物置に寝かせてたんですよねえ。11年後にやっと日の目を。



こんな小物も入ってました。オイルとスパナのほかに,ブレーキ部の金具とプラスチック製ブロック3個と
昔ながらのブレーキシュー6個。これはうれしい発掘ですw



で,リールは変わって今回修理した5000C。壊れたウォームギアを交換し,歯がすべてぶっとんだコグを
交換して蘇生しましたw・・・レベルワインドの固着に気づかずキャストして一瞬で壊れたんですよねえ・・
そのブレーキブロックがこちら。けっこう減ってる感じです。



較べるとあきらかに大きさ違いますねw長年使ったもんなあ・・・



とりあえずブロック交換! しかし,このリールは近々マグネットブレーキ実験に供用するつもりなので
今後ブレーキブロック撤去の可能性もあります(笑)



深歯23404コグホイールに,削った23403スプールピニオンの組み合わせ。
巻き重りは改善されているのですが,ときどきギャリっとした違和感が出ます。このリールに付ける前
いらんことしてギア歯を削ったほかに,ギアの頭(シャフトがつき出てくる部分)もペーパーでごしごしと
半分以下に削ってしまったのです>< 本来はシャフト受け部と長年の摩耗で少しずつ減っていく部分なんですが
がっつりと短く。いいです。19373が届くまでの暫定取り付けです。



ひとまず仮復旧完了!オールドな本体にピカピカのスプールが不釣り合いw
リール上面にがっつり傷ついてますが・・・置き傷ではないんですよね・・。学生仲間と卒業旅行に行ったときに
タックルを友人に持たせていたところ,何の変哲もないところで激しく大転倒かましてくれて,ガガガーっと
リールを削ってくれたのでした。こいつを見るたびにそのことを思い出します。
思い出の傷・・ではあるんですけど,機会あったら補修したいものです。腐食してきてますしw
関連記事
[ 2012/12/17 22:27 ] タックル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hallyhallytopper.blog.fc2.com/tb.php/202-1cb40a74













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。