スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カルカッタ小船401OH 不具合部品特定編

昨日に引き続いてカルカッタ小船401のオーバーホールです。

問題のローラークラッチです。軽い力だと完璧な動作をするのですが・・組み付けて力をかけるとストッパーが止まりきらずに逆転します。脱脂しても結果変わらずでした。

ハンドル逆転の原因はローラークラッチで確定です。



続いて,ゴリ音の発生源を探ります。手でスプールを押さえてハンドルを回すと,ローラークラッチ部からギャンギャン音がします。

ゴリ感(音も)の原因もローラークラッチで確定です。



なお,昨日書いたパーミングカップ側のベアリングは問題なしでした。まあ,問題なく回ってると思います。

念のためパーミングカップ側も分解しましたが,バンタムと同じく空っぽですね。塩とグリスが固着していたのでお湯とパーツクリーナーで洗浄し,オイルを引きました。ここは飛距離に影響ないパーツなのでグリスで耐久させてもいいかもしれません。まぁ,レベルワインドにオイルを差せば自然にオイルが回ってくるから大丈夫でしょう。



で,ローラークラッチ(ワンウェイローラーベアリング)の採寸

外径17mm


内径10mm


 幅12mm



型式の刻印を読み取ります。錆びで見えない部分もありますがネットでの検索により

[KOYO(光洋販売) EWC1012」で確定。内径10mm幅12mmという品番ですね。 



で,メーカーのホームページから寸法の確認。間違いありません。シマノ自社製じゃないんですね。



で,これをシマノを通さずに安く買えないか,と探してみたんですが見つかりません。
この型番はアジア圏への輸出モデルらしいのです。ひょっとしたら中国あたりに部品輸出,メーカーの工場で組立てて製品化してるのでしょうか?


現実的にはメーカーを通して互換性のあるパーツを注文するしかありませんが,外径内径幅とかJ州屋で調べられるのかな~。間違いなく同じパーツは今も使ってるでしょうけど・・・。
ちょっと見てみましたが,おそらくメーカー価格は1,500円くらいです。


私が見た感じではローラークラッチさえ替えれば,まず問題なく使えるとは思います。
ただ,もともとが小船ですので,ぶっとびの飛距離を求めたりするのは酷かもしれません。ライトジギング等には向いてるかもです。
1,000円のリールを1,500円?をかけて直すかどうかは,判断の要るところですね。


さて。あとは明日の出撃に備えて準備に入ります!超わくわくしますよ!!
関連記事
[ 2012/11/16 20:56 ] タックル | TB(0) | CM(11)

凄いの一言です。
シマノのOHより丁寧なのでは?!
不具合部品が特定されたことで、お陰で心のモヤモヤが晴れました。
せっかくなので、多少の出費があっても直したいと思います。
明日、よろしくです~。
[ 2012/11/16 23:32 ] [ 編集 ]

ダイワのスピニング逆転で、普通のメンテだけでは治らず、ローラークラッチの分解洗浄しました。
クリーナーどぶ漬けと噴射だけでは取れない、クリスの固まったのが内部にあり、綺麗にすると復活しました。
[ 2012/11/17 05:54 ] [ 編集 ]

>>hideさん
分解厳禁、とされるパーツを平然とバラしてしまうところがシビレますね!
HIACEさんには言い訳したんですが、ハリィの技量と工具では樹脂マウントを抜き取るのは無理と判断しました。金属カバーの内側はおそらく錆びでボコボコで、かなり力かけないと厳しそうで・・><
[ 2012/11/17 23:39 ] [ 編集 ]

バラすの難しそうなんですね

私のやった物は、どこも固定されておらず簡単にバラせる物でした

けど、実はパーツクリーナーで一つ部品を飛ばして無くし、使えなくした事があります
[ 2012/11/18 08:28 ] [ 編集 ]

はじめまして。
コントみたいな面白記事はなくなっちゃったんですね!ハラハラ感を楽しむ人もいれば、サプライズ感を期待する人もいるし…
岩に当てて着水バイトを狙ったり、浅い岩礁にフローティングミノーを通すのもあり。
漁師でもプロでもないので、それぞれの考え方や楽しみ方で楽しく釣りが出来れば良いですね。
また「ズッコケ記事」を期待してます!
[ 2012/11/19 08:47 ] [ 編集 ]

感涙です。

>>じょんさん
はじめまして。あたたかい励ましが今朝の心にしみました。
お察しの通り、先日の記事に強い不快感を持たれた方からの厳しいコメントに、心が痛み、公開を中止していました。
全く悪気はなく、いつものノリで書いたつもりでしたが、本気でやっている方には許せないものだったようです。
釣りモノや釣り方に上下無しというスタンスで、楽しければ何でも良しと考えているので、初心者が初めて釣ったよ!やり方間違ってるかもだけど!って日記のつもりだったんですが・・ブログを議論の場にもしたくなかったので。
公開している以上、誤解やあつれきを招かないように気をつけつつ、釣れない釣り日記を書いて行きたいと思います。ただ、今日はほとんど眠れていなかったので更新は無いかもです(笑)

本当に救われました。日中なのに思わず飛びついてしまいました。
ありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願いします。
[ 2012/11/19 09:56 ] [ 編集 ]

ボクなんて(土)の早朝も暗いうちからバドを撃ってました!
車のボディーについた露が凍るような寒さの中、ビッグバド~ベビーバドのローテーション。
テキサスやスモラバで釣果をあげる人を素直に「すげぇー」と思いつつ、自分は大好きなバドの音を楽しんでいます。
[ 2012/11/19 12:40 ] [ 編集 ]

>>hideさん
ちょっと取り乱してしまい、返信が遅くなりました。すいません><
ローラークラッチにもいろんな種類があるようで、スピニングだと両側オープンのが多く使われてるようで、ダイワはKOYOのクラッチみたいですね。修理とか抜きに、好奇心として中身開けてみたい気持ちがあります^_^;


>>じょんさん
霜降る朝に!・・トッパーですねぇ^ ^
コメント読んでたらカションカション、というブレード音のイメージが鮮やかに湧きました。見てて良し、巻いて良し、キャストして楽し。迷惑かけない限り、釣りは自由ですもんね!むしろ自由を求めに行くのかもしれませんしね。
・・困りました。じょんさんの文章から臨場感が伝わりまくりです。ベビーバドとマグトーを投げたくなって仕方ありませんよ(笑)
[ 2012/11/19 22:06 ] [ 編集 ]

通りすがりですが

カルカッタのオーバーホールについて検索してたどり着きました
当方はコンンクエストなのですが ワンウエイベアリングの交換を考えておりましたが
シマノのパーツリストでは、サイドボディーのアッセンブリでの部品供給しかされていないようですね
ベアリングの脱着は 容易には出来ないようですが
特別な方法 コツがあれば、ご教授願いたいのですが、よろしくお願いします。
また、同寸法で互換 可能かと思われるベアリングを見付けましたが いかがでしょうか?
http://www.monotaro.com/p/3836/0892/
[ 2013/04/30 00:55 ] [ 編集 ]

通りすがりさん>>

記事でもちょっと言い訳しているんですが,専門外のリールでしたのでそんなに詳しくないのにバラシてましたので,ご参考になるかどうか・・(汗)

まず,互換できるかも,というワンウェイベアリングでしたけど,写真で見る限りだと難しいかもしれません。
外径・内径の寸法は同じなんですが,外側のシェルの形が違うように見えます。
この記事の写真1枚目の奥にメカ側のカップが写っていて,6角形の大きな穴が開いているんですが,ここにベアリングが収まります。そして,ベアリングもノギスをあてている写真のとおり,丸みを帯びた6角形をしています。
ハンドルを回してもベアリング本体が回転しないようになっているんですね。

リンク先のベアリングは正面だとちょっと角がついているようにも見えるのですが,後縁部を見た感じ外側のシェルがおそらくは真円のように見えます。
私もこの時,互換できそうなベアリングを探したのですが,確実に6角形!というようなものが探せませんでした・・。

この記事のカルカッタ小船は,持ち主の先輩が釣り具店で現行シマノ?のリールから「この寸法に合いそうなベアリング」を取り寄せてもらって購入,換装して使用可能になりました。残念ながら何のリールだったかはちょっと忘れてしまいましたので,聞かないとわかりません><

それから,ベアリングの脱着についてですが「脱着」でしたら難しいことはないかと思います。
普通にハンドル回りを分解していけば,コロっと落ちてくるかちょっと押せば外れると思います。
ばらしながら,段階ごとにパーツの組み付け状況をデジカメなんかで記録しておけば万全だと思います。

なお,コンクエストでしたら当ブログでリンクさせていただいている 「それ行け!雷魚マン!」のふくすけさんの記事が非常に良いかと思います。ローラーベアリングだけでしたらあそこまでバラすことはないと思いますけど,圧巻です!直接リンクは下記ですが,他の型番のリール記事もありますので,ぜひリンク先のトップページからご覧になってください。
http://fukusukeraigyo.digi2.jp/konkue401o-ba-ho-ru/konkue401o-ba-ho-ru.html


ふくすけさんの記事のあとに書くことはもはやないんですが・・ベアリングの「分解」のほうは難しいと思いました。傷をつけずにシェルから内部パーツを抜くのが至難です。
まぁ・・最終的にはバラシてみたんですが,素人洗浄ごときでは直りませんでした。原因が目で見てわかるようなものではないんだと思いました。
そして,ベアリングはやはり消耗品だと思いますので,こわれてしまったものは交換しかないと思います。

以上,ご参考になるかどうかわかりませんが・・^^;
[ 2013/04/30 20:18 ] [ 編集 ]

ありがとうございます

早速の回答ありがとうございます。
お礼が遅くなり 申し訳ありません

説明不足と勉強不足で申し訳ありません
当方の所持は、コンクエスト200fです

パーツリストを確認した所
カルカッタシリーズの中でも
ワンウエイがパーツリスト上で
個別部品のものとカバーアッセンブリの 表示のものがあるようです

当方の200fはアッセンブリでの供給しかなく
現物も、圧入されているようです

今年になって カタログ落ちしたモデルなので
無理にベアリングのみ交換すべきか、
部品供給のあるうちに、アッセンブリで手配すべきか
悩みますね

ありがとうございました。





[ 2013/05/07 20:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hallyhallytopper.blog.fc2.com/tb.php/179-7f58702d













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。