スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジッターカップは消耗品?

最近はネタがライギョとかコイとかになっていましたが,検索で飛んできてくださる方のほとんどはナマズ関係のサーチでして,たまにはナマズ関係も書かないとナー,と思った次第です。

だいぶ前に「後日,ペットボトルでジッターカップをつくります」と書いたままになってましたので,そろそろ再起動します。

まずは,ジッターカップのもろさについて。

ナマズやってる時は,なんでジッターカップってこんなに貧弱なんだろう,と気に入らなく思っていました。
ちょっと護岸にぶつけただけで曲がっちゃう。薄いアルミですもんねえ。硬いステンレスとかで製造してくれないものかなぁ,とか。

そこでラインアイの強化とかいろんなことを検討したりもしてたんですが・・・

結局,ジッターカップって消耗品というか,もうあきらめたほうがいいのかも,と悟りました。


これは,暗い中でのキャストの瞬間,横にあったコンクリ電柱にぶつけつつスローしたジッターです。
カっツーン!とえらい音したあと,ぽちゃんぽちゃんとパーツが分離して水面に落下しました。


カップからぶつかったんでしょうねえ。ロールしてます。


羽化直前のセミの幼虫ですか?背中ぱっくりなジッターちゃんです。


さすがにカップを曲げて修正しようという気持ちはおきませんでした。


暗い中でのキャストになりますので,もうジッターぶつけるのは仕方ないのだ,とあきらめました。
カップの耐久性を上げたところで,どっちみち長持ちしないんじゃネ?と。
このグローのジッター,水揚げ率の高い信頼のエースだったのになあ・・・。


と,いうことはです。逆にいえば自作ジッターカップ,そんなに耐久力なくとも実用になるとも言えます。



以前作成した,水泡金式K-TENジッターです。情けない面構えですねえ^^;
これはアルミカップの重さにバランスが取れず,浮力を補うために水泡金のように顔の横にフロートを追加したものです。
こんなバカバカしいルアーでしたが,けっこうバイトは取ってるんですよ!


しかし,できればフロートなんか無い方がかっこいいし,アクションも良くなるでしょう。


そこで,ペットボトルでジッターカップをつくってみようと思います。
アルミカップよりは薄くて軽く,もしかしたらフロートが不要になるかもしれません。



なんでそこまでしてK-TENジッターを作りたいのか?

・・・前に作ったときにも書いたように,K-TENへの懐かしさとか思い入れもあるのですが

①重心移動システムの出す重いラトル音がナマズにきくに違いない!

②細身のボディがフッキングの良さにつながりそう!

という読みを実証してみたいんですよね。特に,フックをダブルフックに替えてから,ちょっとフッキング率落ちてしまってたので,その辺を補う効果が出ればいいなあと。

もっと言えば,中古の捨て値ミノーに自作の激安カップで実績が出せればお財布に優しい(笑)
どっちみち来シーズンもぶつけてボロボロにしたり壊したりしちゃうでしょうから。

以下,次号!
関連記事
[ 2012/10/29 20:06 ] ルアーとか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hallyhallytopper.blog.fc2.com/tb.php/162-4e7c3916













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。