スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新ロッド発注と思い浮かんだことなど

ハリィの今年の雷魚は納竿しましたが,その翌週の今日,雷魚用ロッドをポチっちゃっいました。
シーズン中から購入は概ね決めていたんですが,お小遣いの関係で今頃に><

果たしてハリィは何を発注したのでしょうか?



安さ爆発の「フィッシュアロー・モンスタークイーン72XX」です!諸経費込みで9,000円ほどw
hiroimono.jpg
(※ネット上で適当に拾ってきた画像を使いました。問題あったら削除します。)


Max5.5ozまで背負うという剛の竿ですが,意外にしなやかというインプレを信じて・・・。
一段柔らかいモデルだとMax3ozの67Xとかがあって,どちらにするか迷いましたが,今お気に入りで使ってる竿のMax2ozモデルをいつか入手できると信じて,硬い方をチョイスしました。

さらに,本業のナマズ用への転用も視野に入れます。雷魚ゲームを経験した後だからこそ浮かんだテーマ,来シーズンじっくりと検証していく大きなテーマなんですけれども「ナマズ=グラスロッドは本当か?」っていう疑問です。
グラスには折れにくい粘りっていう最大のメリットがありますけど,掛ける部分つまり,フッキングで見たらどうなのか?ってことです。
現在はナマズはトップウォーターゲームなので柔らかいほうが食い込みやすい,乗せやすいからグラスを使うべき,とされています。
(正直・・・ハリィは「乗せる」って意味がわかりません。極スローリトリーブばかりなので,ナマズにルアーに触られたら即終了ですし。早巻きな釣りだと「乗り」ってのが体感できるのかな?)

でも,もしかしてそれって「バスのセオリー」なんじゃないかと。バスの口は柔らかいですからソフトティップなグラスでもフッキング決まるでしょうけど,ナマズって口の中硬いじゃないですか。むしろ雷魚に近い。捕食音も似てますし。
そうなると,がっちりと太軸のWフックを貫通させるためには硬い竿先のほうが有利です。
ナマズ釣ってる方で,けっこう細軸で小さ目のトレブル使ってるって日記もよく見かけます。そのほうが少ない力で貫通するからではないか,やわらかグラスで貫通させるためには細軸がマッチしてるんじゃないか,そんな風にも取れます。
(ってことは,来シーズンもグラスロッド使いたければフックのサイズダウンも一考の余地ありってことです。ムムム・・!)

今シーズンのナマズ。甘掛かりやファイト中のバラしは何発あったでしょう。けっこうな数です。結局それって針先が貫通していないって証拠なんじゃないかな。
たとえ硬いロッドがバイトを弾こうとも,フッキングパワーを上げたほうがひょっとしてトータルで獲れる率が向上するのじゃないか?
そんなことを考えています。
ただし,釣り味というか掛け心地はグラスのほうがきっと味わい深いでしょうけどね。個人的にはグラスロッドの復権はうれしいですよ。
(・・・すると,にくくんにプレゼントしたフェンウィッククラシックのグラス。当初はちょっと硬めかなあとか思ったけど,あれこそがナマズにドンピシャのアクションかもしれんですね。70もぶっこぬけるだろうし。よかったですな,にくくんw)

だもんですから硬いロッドでのナマズ検証として,来シーズンはビッグナマズ狙いにMC72XXを投入することもあり得ます。
今のところは現在1軍のMax1ozのお気に入りロッドを突っ込むつもりですが。



さて,なんでモンスタークイーンなのか。値段だけなら他にも候補はありましたし,古いロッドですから,きっと今時のロッドからしたら重いに違いないのです。
勝手な推測なんですが・・・同価格帯のロッドよりも1ランク,値段の割に良いブランクなんじゃないかと思ったからです。

有名な話ですが,ブランクスを作れるメーカーってそんなに多くないので,有名メーカーもブランクスはOEM供給を受けているのですよね。
巷の噂ではエバーグリーンはオリムピック,メガバスは天龍のブランクと言われていて,実際にこれ似てるんじゃね?なんて竿が発売されたりしているようです。
個人的にはオリムピックのアクションは好きです。長年連れ添った相棒,ABUのトラウティンマーキス8ftと9ftはたぶんオリムピック製。
トラウティンマーキスとして発売される前は「オリムピック・マーキス」として非常に似ている竿が発売されていたそうです。古い話ですけどね。
っていうか当時のABUはマミヤOPだったか。


前置きはさておき。んじゃぁモンスタークイーンのブランクってどこ製なのよ?ってことですが,そんなコアな情報はストレートに出回ってはいません(笑)
よって,断片的な情報の状況推測でしかありませんが,たぶん・・・ゼナック製じゃないかな,と思われました。

同じくゼナック製と噂されるヘヴィなロッドはデプス,ローディーラーあたりなんだそうです。


フィッシュアロー(魚矢)は問屋さん,ガイドとかの素材が安価で入手できるらしく,それとブランクを組み合わせてオリジナルロッドを売っているわけです。
できるだけ安く,がコンセプトですからわざわざブランクを金かけて新設計して作らせるでしょうか?たぶんNoじゃないですかねえ。
すると,発売当時のデプスあたりのヘヴィなウェポンとかなり似たブランクを使ってる,と考えたほうが自然です。

もちろん,それはあくまで素材の話で,塗装や細部の作りは同じじゃありません。そりゃ高いほうが良い仕上げに決まってます。
そして,塗装やガイドの種類・位置,スレッドの処理でロッドの硬さや味付けが大きく変わるのも事実。ほんのちょっとの差がものすごくデカイ。

なもんですから,モンスタークイーンのブランクは高級!だなんて乱暴なことは決して言いませんけど(笑),安いから当然悪いブランクだろうってのも違うかなーと思っています。

どっちみちノーマルで使う気はなく,工作用の素材ととらえていますのでハリィ的にはこれでOKです。
幸い(?)MC72XXの不評な点はリールシートのチープさが多く挙がっていまして,ブランクへの不満は少ないようです。
しめしめです。どうせグリップはゼニスドライバー使いますから,グリップは大いにケチってもらってけっこうです(笑)

あとは手元に届いてみないとわかりませんけどね。硬すぎて使う気にならーん!と投げ出さないとも限りません。
そうならないようにかなりの情報を集めた上での発注でしたけど,主観は十人十色ですからねぇ。

お,このロッドいいじゃん!となったら,純正グリップ兼用でフェルール化しつつ,K?L?ガイドとかの導入を検討しちゃいます。たぶんガイドのほうが高いかも。


正直,本当のライギョロッドでのブランク入手も考えて迷いました。ガンガンとかのならお小遣いで買えなくもないお値段。

結局手で触って買えない以上,理詰めで検討しなくちゃなりませんので,考えてるうちに想像が膨らんじゃったのがモンスタークイーンだった,と。
中古の安ロッド買うのにこんなに文章書けちゃうくらいですから,妄想の量たるや推して知るべしです。

到着して満面の笑みを見せるのか,あるいはエェェェエエエと落胆するのか。全く予断を許しません(笑) こうご期待!!
関連記事
[ 2012/10/16 20:43 ] タックル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hallyhallytopper.blog.fc2.com/tb.php/150-24ca20ce













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。