スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バンタム100とグラスアイグリップ

ゼニスグリップはダブルハンド用に改造終了したので、次はナマズ用のメインになるセミダブルをグラスアイグリップで作っていきます。コルクも汚れてますし。


その前に微調整をします。

このリール固定金具が


バンタム100のレベルワインドに干渉して、リーリングできないのです。


これはバンタム100発売当時、チャンピオンハンドルで起きていた事例です。

空前の人気で船での輸出が間に合わずに空輸したというバンタム100。
何としてもチャンピオンハンドルで使いたかったアメリカのフィッシャーマン達は、金具の干渉部分をヤスリで削り落としたそうです。
それで、中古のチャンピオンハンドルには今でも金具が削られたものが出回るそうです。

ということであれば、ハリィもグラスアイグリップを削るまでです。
ちなみにゼニスグリップでは干渉しなかったんですけどね。


余計な傷をつけないように保護しつつ削ります。アルミですからヤスリで余裕です。





1.5mmほど削りました。




十分なクリアランスをもって干渉解除です。

手にすっぽりと馴染む感触が素晴らしいです。オフセットにロープロな小型リールですからね。ありえないほどこじんまりと。


来春からのナマズ用メインの組み合わせ。ワクワクものです。
関連記事
[ 2012/10/15 20:58 ] タックル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hallyhallytopper.blog.fc2.com/tb.php/149-2b6b09fc













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。