スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バンタム300使用可能に

ベアリングに違和感がある他になんかメカ音がうるさかったバンタム300。
ベアリングを交換するつもりでしたが、その前に悪あがきをします。



この軸受けベアリングを



シールド外しちゃいます。Cリングを針先で引っ掛けて外すだけでアッサリと。


買ってきたパーツクリーナーで洗うと、落ちきれてなかったグリスやら、なんか黒いゴミっぽいのやら、バンバン出てきました。これじゃあ回らんです。



試しにオープンのまま組んでみました。
後でシールドつけました。




スプール無しで組み付けて回すと、全く異音はありません。
つまりメインギアとレベルワインド部には全く問題が無いのです。




スプール軸の先端がやたら角張っていたので、ペーパーで削って角を落としました。

この工作でちょっと違和感が減りました。


この後、メカニカルプレートをそっくりとバラし、パーツクリーナーを吹きまくりました。
気化熱で手が冷たくかじかむほどに(笑)

やっぱりケミカルはスゴイですね。こないだ全バラして、洗剤で洗ってキレイにしたつもりでしたが、グリスのカスやらゴミやら、ギアの奥の奥まで溶かしてきますので、キレイになりっぷりが半端ない。楽だし!
今さらですが、パーツクリーナーは必須ですね。おいらは840mlで340円のを買いました。石油溶剤系じゃない、ってのがウリの製品らしいのですが、なかなか良いものですね。


で、新しくオイルを差しつつ組み付けると、かなりスムーズに。フリースプールだとヤバイぐらい回ります。

でも、ハンドル回すと強いメカニカル音が消えない。

そして、ついに特定。



ベアリングの裏にくるピニオンギアの頭についた補強カバー、これがベアリングと擦れてゴリ音を出していました。

ベアリングを新調すれば改善が見込めますが、そもそもピニオンがベアリングに接する必要がないのです。


そこで、ペーパーでピニオンの頭をほんの少し削りました。
するとゴリ音が相当に軽減。これだ!

もう少し削ってもよい感じですが、素人の工作はほどほどが肝要。実用レベルに問題無いレベルになりましたので、ライギョ用リール、スタンバイOKです。たぶんむちゃくちゃ飛びます。使ってたABUと違ってキャスト時にレベルワインドが動かないタイプですからね。

早く実戦投入したいです。
関連記事
[ 2012/10/03 23:03 ] タックル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hallyhallytopper.blog.fc2.com/tb.php/137-ec09f300













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。