スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

最低の塗料、新うるし。

もうね、呆れて脱力ですよ。
新うるしじゃなくカシューだったらなんぼかマシだったのかな?

コツコツと手がけてきたゼニスグリップ。
水研ぎで塗りムラを消していきます。


広い面での食いつきは問題無いんですが、細かい凹凸部分はイマイチです。

そこで、コーティングしちゃえ!とセルロースセメントをドブっといったのですが・・

見る見る間に、うるし塗料がボコボコになって剥がれてきます。

何!?溶剤に負けてるじゃないか!

カシューは乾いちゃえば割と強いらしいのですが、それと同じようなものかな、って勝手に解釈していましたが、たぶん全然別物です。うるし塗料。

困ったことになりました。こうなったらセルロースセメントが固まる前に落としてしまわないと。

しかし、水洗いは厳禁です。白く糊化してどうにもならなくなります。
薄め液とか無いし・・塗料剥がし剤がほんのわずかにビンに残っていたのでビニール袋に入れて、グリップを突っ込んでから揚げモミモミ方式で馴染ませていきます。

すると、あり得ないことにうるし塗料
、ボロボロと一気に剥がれていきます。塗膜が弱いラッカーだってこんなに簡単には剥げないぞ!?

クソ塗料だ、新うるし!耐溶剤性無し。下手したら灯油で溶けるんじゃないか?

テレピン油に顔料溶いた油絵の具と何ら変わらない。うるしを名乗って良いレベルじゃない!最低だ。

数分で、ゼニスグリップがこんな風に戻りました。


明日、塗料剥がし剤買ってきて、細部まで溶かしてやろうと思います。

新うるし塗料は廃棄します。二度と使わないぞ!

もう、ガッカリですけど・・気を取り直して下地をもっとよく磨き落として二液ウレタンスプレー吹きましょ。
最初からそうすれば良かったんだ。


今日は本当はフロッグチューンをメインにするはずだったのに、徒労感たっぷりです。


もう、写真だけでアッサリと。

ライギョデントス。


ブレード取り付け用小細工


巻きつけ



こいつにエポキシ塗って、糸オモリ巻いてシーリングして完成!
ちょうど1ozで仕上げました。
関連記事
[ 2012/10/01 23:13 ] タックル | TB(0) | CM(1)

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。
[ 2013/02/09 14:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hallyhallytopper.blog.fc2.com/tb.php/135-61e94ea2













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。