スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

風が強い日は道具いじり

今日の残暑はきびしかった。本当に暑い!
しかも風が一日中強い。暑さはともかく,風の日はトップウォーターには向きません。
と,釣りに出られない自分を納得させつつ道具いじりですよ。

まずはリールを4つまとめてメンテ。ばらしてオイルアップしてウェスで外装をきれいに拭いておしまい。

次に,ゼニスグリップの塗装に着手。

いやぁー2液ウレタンスプレーでいくつもりだったんですが,スプレーもけっこう難しいので,せっかくの高価なスプレー買っても,失敗してアウアウになりそうな予感がしたんですよ。しかもこういう予感はたいてい当たります。

なもんで,いろいろ考えた結果,もっとも失敗しなそうで強い塗膜の塗料・・・うるし塗料にしました。
もとのキンピカメッキも捨てきれず,一度は金うるし塗ってみたのですが,金粉をまぶした透明うるしをむらなく塗るのは非常に難しくて失敗。耐水ペーパーではがす羽目になりました。

なので今回は完全に塗りつぶす濃い色のうるしでいきます。黒とか赤が一般的ですが・・普通っぽいしなあ・・・。
ということで「紫」をチョイス。ディープなパープルを目指しますよ?
紫のチャンピオンタイプグリップなんてまず見かけないですし!


最初は「拭き塗り」で薄く薄く10回くらい塗り重ねていこうと・・・


うーん。まあ重ねればいけるのかもですが・・ちょっとムラがひどいです。
で,半日ほど放置した後・・・(本当は1日置かなくっちゃいけないんですが・・薄いからいっかw)

面倒だわい!と刷毛塗り。うるし1:薄め液1でしゃばしゃばにしてさらっと塗ります。




まだ生乾きの段階ですが,ツヤがけっこうあります。乾くともっとツヤツヤしてくるのがうるし塗料の良いところ。

これを塗り重ねて水研ぎしたらそれなりに見られるようになるかな・・・と。3日ぐらい放置したら再開予定。


次に,今日のメインイベント。バンタム300のオーバーホールですよ。

なーんか回してみてギア音が気になるんですよね。ギューンギュンというような摺れ音というか。

まずはレベルワインドのギア。
ウォームギアの取り付け部にけっこうな隙間があって,がたつく。


しかも,カップの内側に擦れて,削れています。


昔のリールだし,部品精度もこんなもんかあ・・・と勝手に解釈し,隙間にスペーサーをかませることにしました。
使うパーツはこれ。アブのリールをばらす時によくすっ飛ばして失くしてしまうアレですね。


と,思ったらですよ。ウォームギアの固定ねじ・・もう締まらない・・と思ってたら固いだけでまだまだ締まる。
えーー?中古で買ったときから隙間とガタあったのに・・・その時点から組み付け間違ってるんじゃん!


つまり,スペーサーは不要だし,シマノさんの工作精度はやっぱり抜群でした m(_ _)m

これで,ギア擦り音消えるかなー?と思ったけれど,確かに軽減はされたもののまだまだ。

仕方ありません。フルばらし行きますよ。


とりあえず,途中経過を写真に残します。あとでパーツの向きとか迷わないように。

メインギア,ドラグなどを全て脱脂。古歯ブラシと洗剤で洗いまくっていきます。バンタム100で発生したトラブルのようなドラグ滑りを事前に防ぎます。

で,ギュンギュン音の音源がだいたいわかりました。スプールシャフトを受けるベアリングとピニオンギア付近から出ているようです。

この辺もすべてバラして脱脂してからオイルアップ。

問題はベアリング。回転が悪すぎます。手で回してみると1回転するかどうか。
中にグリスが詰まっているせいなのかなんなのか。
ベアリングのチューンはちょっと不勉強で,タイトルだけチラチラと見た程度で・・・シールド外しと脱グリスが必要だったと思いましたが,とりあえず現状できることをするしかありません。

100均の密閉プラ容器にペアリングを入れてオイルスプレーをガーーーっと吹き付けてオイル浸しにして漬け込み,シャカシャカ振りました。
真っ黒いグリスと黒い粉(後でわかりましたが,ドラグ素材が削れた粉でした)がかなり出てきました。

本当ならパーツクリーナーなどを使えばもっと落ちるのでしょうけど,手持ちの道具ではこのぐらい(笑)

これでベアリングが2~3回転くらいするようになりました。

一方,バンタム100用に持っているチューンドベアリング。こちらはギューン!と7~8回転はしますから全然話になりません。

後日,ベアリングを徹底的に掃除するか,あるいはベアリングの交換を検討します。


そして,とりあえず組み付け完成。
うん,まだ音しますが,かなり滑らかになりました。やっぱり問題はベアリングですね。
サイズ測って,国産の汎用ベアリングを探してみます。





そうそう。今回フルバラしして思ったんですが。バンタム100と300,単にスケールアップしただけじゃなくて,スプール回りやドラグ回りのパーツや設計が違うんですよね。
恐るべしシマノ。本当に手抜きが無い!です。


関連記事
[ 2012/09/17 23:22 ] タックル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hallyhallytopper.blog.fc2.com/tb.php/120-57d60d6f













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。