スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ついに発見!マルタ・ラン!!

HFCのて~げ~さんから,マルタの遡上情報をいただきました。
それはハリィの打っている地点から約10kmも下流のポイントで目撃したとのこと。え~!?と驚くとともにやっぱりまだ終わっていなかったんだ!!と安心しつつ,当然ながら即日急行w

現地に着いてみると,確かに!!真っ黒な背びれを出しながらかなりの大群がバシャバシャとやっているのが見えます。

ただし,かなり川幅の広い流心部に居て,ちょっとおいらのタックルでは手も足も出ない距離・・・。

しばらくダメ元でキャストするもノーバイト。改めて周囲を見渡して・・・対岸に渡ればもしかしてポイントがあるかもしれない,と急いで移動。対岸側は砂浜が広がっていて,よく見るとひたすら遠浅の砂利が続いているようなのです。

これはもう,行けるとこまで行くしかでしょ!と安全を確認しながらスパイクブーツで進入!!

水深10cmくらいなので本来はどんどん行けるんですけど,内心は「うううう><」と涙目なのであります。

何を隠そう。スパイクブーツの右足のほうがどうも最近防水がイマイチなのであります。きっと浸水するよなあ・・・
と思いつつも目の前のマルタの誘惑には勝てません。およそ5mほどウェーディングしてキャスト開始。
群れの本隊にはちょっととどきませんが,周囲の第2グループぐらいは狙える距離です。

ハリィはトラウトをやったことがないので川の中で釣りをする経験は皆無だったんですが,なかなか良いもんですね!
川の中で見える範囲180°が全部ポイント。バッシャバシャなのであります。
かなり気分いいぞーー!とキャストを繰り返します。しかし,こんだけ魚がいるくせになかなかヒットに持ち込めません。

去年はマルタさえいればがしがしアタックしてきたのに,思いっきりスルーされております。
ただ,思いっきり魚が居る!と思えるのでキャストしていて飽きることはありませんね。

せめて群れ本体を打てればなぁ・・・水深20cmくらいまで入れたら,ウェーダーがあったらどんなに良いだろうなどと思いつつ,じんわりと水が浸みてくる右足が残念な感じになってまいりました。

一応暗くなるまで打ったところで3回ヒット。しかしいずれもバラシ。喰ってきたらまあバラシませんから,たぶんスレなんでしょう。
とりあえず群れを横から直撃するよりも,群れの上流からダウンストリームで巻いてきたほうが多少は反応が良いようでした。

ほとんど暗くなるまで打ち続けましたが,帰りの水中が見えないのは危ないのでストップフィッシング。

本当は暗くなるまで打った後はナマズに移行する予定だったんですが,右足がなんとも残念なほどにキャッポキャポw

長靴の水をザーっとあけて,靴下の水をザーっと絞って,車に乗り込んだところで帰宅モードになりました。

明日のアフター5はどうしようかな・・・w 最初から靴下を脱いでブーツを履くかナwww
スポンサーサイト
[ 2014/05/29 21:15 ] その他 | TB(0) | CM(0)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。