スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ナマズに良い夜でしたが・・

今日は久しぶりに晴天。気温もぐんぐん上がって27℃、夕方は18時で21℃、無風。
こちらにしては非常に暑い一日で、ナマズ打つなら今日しか無い!ってぐらいのナマズ日和。
しかしながら、今日はずーっと前から予定が入っていた飲み会。
まあ、ナマズではなく違う生’sのほうも美味しく飲める一日になりましたので、それはそれで良しとしましょう。

そんな中、実は着々と準備していたナマズ用ウェポンがいよいよ供用開始となります。

ライフルグリップな自作ハンドルです。


金属部分は塗装を剥がし、ペーパーで磨いた後にピカールでごしごし。
鏡面仕上げの真似事をした上で、セルロースセメントにドブ漬け。下手にクリア吹くよりも丈夫そうなので・・w


まだヘッドキャップは磨きが甘いのでセルロしてませんが・・もうシーズンに入ってますから、完成を待ってはいられません。とりあえず実戦投入しちゃいます。


ダブルハンドで握れるウッドグリップはなかなか無い上に、何度も手に合わせて削っていきましたので握り心地もバッチリ。



先日完成したウッドなサムレストとも合う感じにw こいつにはVIPクラシックのブランクを挿す予定です。


早く振りたいものです。
スポンサーサイト
[ 2013/05/31 23:42 ] その他 | TB(0) | CM(0)

脱走して祝!2013初ナマズ

釣りに行けてませーん>< とか言いつつその翌日に出撃してしまいました(笑)
やっぱ夜でもやれるのは大きいですねーw
お仕事のほうは,どうせ明日もサンドバッグになるんだし・・・開き直って帰っちゃえってなもんで^^;

そんなわけで,始めて数投でトラブル発生。キャスト時に背丈が伸びてきた草にルアーをひっかけて激しいバックラ。
去年も何回もやらかしたんですが,草のことをうっかり忘れてサイドキャストすると思いっきりモモります。
ちょっとやそっとで直せるレベルではなかったので,レジェンドVIPセットは仕舞い込みます。代わりに使えそうなのは・・・切り詰めフェン・クラシックグラスMHセット・・・本来はライトカバーのライギョ用に仕込んであるんですが,止むを得ません。

まあ,なんとかなるでしょ,ってことでダブルスイッシャーのホッツィートッツィーを打っていきます。
しばらく打ち続けて・・かなり近いところで

パッスッ!バシャッ!

おおお!キタ!今季初バイト! こんな大きな音だっけかぁ・・としみじみ。

追い食いはなく,もう一回同じ場所をホッツィートッツィーを通すも無反応。
あちゃー・・でもまだルアー触ってないはず。たぶんいけるんじゃないか・・・と音色を変えてジッターに換装。
バイトの出た場所を角度を変えて長めにトレース・・・カポカポカポ・・・

パッスッ! バシャシャシャ!! 乗った!!!

高台から掛けたので,最後の抜きあげは思いっきりパワー勝負。切り詰めたクラシックグラスのブランクは狙い通りバット近くからぐんにゃりと曲がっていますが,全然折れる気がしません。ただ,重い!!ナマズってこんな重かったっけね・・w かなり強引に抜きあげて・・・
60cmジャスト。腹パンパンなナマズちゃんです^^


ふー・・・やっぱナマズ,最高だわ!!ライトタックルでのマルタとの勝負も面白かったけど,ガチなタックルでのナマズとの勝負もまた,面白い!!

夜残業をさっさと脱走してきた甲斐があったというものです(笑)


フックはシングルで,ハリィには珍しくテールでのフッキング。

このシングルフックチューン,ハリィ的にはマルタ釣りが非常に良い経験になりました。
マルタをやっていなければ,正直,針先の数少ないとフッキングしなそうで,自信を持ってシングルフックを使えていなかったと思います。マルタの時にシングルフックがありえんほどスレ掛かりしてきましたので,シングルフックでもこんなに掛かってしまうんだ。。と正直びっくりしたんですよね。

それが今回,シングルフックできちんと獲れたことで,いっそう信頼が増しましたし,暗がりでも扱いやすく,ゴミもひっかけにくいという利点を活かすことができます。


それから,ひさしぶりに寄り道さんと釣り場でお会いできました。1シーズンぶりのごぶさたです^^

寄り道さんは先週からばんばんナマズを上げていたそうで,今日もさっさと1本上げたとのこと。さすがなのであります。去年はシーズン終盤からお会いするようになりましたが,今年はシーズン初めからのご縁で,何度もお会いすることでしょう。どうぞよろしくお願いいたします。

おっと,そうそう。地味にロッド,グリップ,リールともに入魂完了いたしましたw
ロッドは狙い通りの掛け心地に大満足となりました。

それから,着々と来年の釣り暦のピースが埋まっていきます。

連休明け。本流カフェオレ収まった後 → マルタ
5月20日以降,減水が始まったら→ ナマズ開始



[ 2013/05/28 22:13 ] ナマズ | TB(0) | CM(4)

釣りにさわれてません^^;

ついに迎えたお仕事デスマーチ、合計3週間の初日。
一週間おきにインターバルは挟みますが・・初日からハリィはフルボッコに。メーデー、メーデー、って奴です。


というわけでなかなか更新するネタも無く・・




ガブ飲みしている缶コーヒーのオマケについてきたウルトラマン。改造したらリブンシケーダっぽいルアーになりそうじゃない?

などと考えているのがせいぜいです。


近いうちに夜間出撃するとは思いますが・・明日のフルボッコに備えて早く寝ないとです。困ったもんです。
[ 2013/05/27 22:43 ] その他 | TB(0) | CM(3)

ノーナマズ,ノーマルタ,ニゴイ1

最近はマルタばかりで,ナマズどころかトップ打ってないじゃん!という状況でありますが・・
ナマズの釣果がはかばかしくないのですよ・・ハリィの周りの方々も釣ってはいるのですが,もやっとしたバイトで釣れてきたとか,ボウズだった,とか活性が低いようなんです。

まだ最低気温が10℃に届かない日があったりで,水温が今一つなのかもしれません。

いちおう,マルタと併せて水路のナマズも打っているんですが・・・ナマズはぜーーーんぜんの無反応。
まぁ・・いずれ暑くなってきますし,そうなれば景気良くバホバホいってくれることでしょうから,ちょっと後回しです。

昨晩のナイトマルタは日曜朝に比べて水位ー5cmくらい。水没していた瀬が顔を出してじゃばじゃば言っています。前日まで良かったトレースラインを攻めるも浅くなったせいか反応無し。流心の深みに遠投してようやく反応が出て,数匹キャッチ。当初はジグヘッドとミニワームで攻めていたのですがバイトの無さと遠投ができないことから断念。スプリットショットでも打てば良かったのですが,持ってませんでしたし^^;

で,今晩のナイトマルタは,昨晩からさらに10cmほども水位が下がっていました。昨晩顔を出していた瀬は完全に浮上してしまっています。暗くてよくは見えないのですが魚の着き場も変わっているに違いありません。
今日の得物は5gのメタルジグだったのですが,無反応。ルアーがだめなのかなぁ?とスプーンに替えてすぐに

来ましたニゴイたんw きちんとフッキングしてくれてよかった。
え!?そこでくるの,みたいな浅瀬でヒットした直後は水面でバシャバシャ暴れましたが,割とイージーに寄せることができました。やっぱり深場で「ドシッ!」と掛かってくれたほうがファイトは面白いんですよねぇ。

ところが,その後は手を変え品を変え場所を変え,と打ちまくったのですがとうとうマルタを見ることはできず。
ノーヒット。うーーーん・・!居ないわけではないと思うのですが・・朝にテ~ゲ~さんも上げてましたし・・。
暗いので川の様子を細かく見ることができないのがつらいところです。


どうもトップで釣るのは難しいようなマルタさんですが,それでもなんとかトップで掛けてみたい。
・・ということで,実はルアーの準備を始めていますw 浅瀬に着くようになれば,水面のフラッシングに反応する奇特なマルタさんも出てくるんじゃないか?と

タイニートーピードです。果たして・・(笑)
[ 2013/05/22 23:53 ] その他 | TB(0) | CM(1)

辛抱たまらずナイトマルタ

寝る前も朝の通勤時もマルタのことが頭から離れず、遅い仕事上がりもついマルタを考えてしまい・・


行くでしょwwww来週末までなんて待てないのであります。

周囲の明かりでもしかしたら、水面分かるぐらいには明るいかもよ?

という淡い期待を胸に、出撃です。

果たして





ニゴイ1、マルタ3。しかしスレ掛かり率10割という・・><
気持ちの問題ではありますが、4匹上げたところで早々に引き上げです。
お腹も空いたし(笑)


スレは夜だからなのか、ハリィの釣り方が悪いのか・・ルアーは前日のままですから改良されていません。

今日はなるべく底を取るようにしてスローリトリーブを心がけてみましたが・・うーん^^;


昨日と違うのは、掛かる前に何度かゴン!ゴン!と当たってくること。そしてガツーン、と来る感じ。

寝ている魚にルアーぶつかってるわけじゃないことを祈るばかりですが、マルタって寝るのかなあ?
夜も昼も休まずにメス追っかけまわしてるんだろうか?

ただ、日中と同じなのは反応あるときは連続してガツガツきて、来ない時はひたすら来ないこと。やっぱり動き回ってるんじゃないかな~と。


スレを避けるためにはキャロライナリグ?中通しオモリの下にヨリモドシとハリス付けるやつ。あれに針先隠したワームをつければいいかな。

でも・・なんとなくハードルアーでいきたい気持ち。もう少し作戦を考えてみます。
[ 2013/05/20 21:53 ] その他 | TB(0) | CM(5)

朝駆けマルタの抜け駆け阻止!?

昨日のうちに釣友のにくくんに「マルタ釣れたぞー」とメールと写真で報告すると,手に取るように血圧が上がっているのを感じるとともに,「明日朝行くかも・・」的なメールが入ってきましたので
「にくくん,絶対に朝イチ抜け駆け行くに違いないっしょ!w」とふんだハリィはひそかに釣行準備を進めておきました。

まぁ,そんなこんなで朝に現地集合。すでににくくんは先行で打ってましたが,昨日実績のあったポイントに入りなおして釣り座を譲ると

ほどなくして,にくくんにニゴイがヒット!



さらに,婚姻色のマルタがヒット!



にくくん連発です。その引きの強さを「おぉぉw」と楽しんでいる様子。良かった良かった^^



ハリィも本命を釣りたいぞ!ということで・・・婚姻色のマルタを一本。
しかし・・脇腹にスレ掛かりでした^^;



昨日とはちょっと状況が変わっていて,目の前を数尾ずつ群れて遡上してくるのが観察できます。
さらに良く観察すると,でっかいメス1尾に対して数尾のオスがくっついて群れているようです。
群れが来ているときには投げてすぐに反応が出ますが,そうでないときは遡上・回遊を待ちながらキャストを続けます。


にくくんが釣ると,きちんと口に掛かってくることが多いのです。上手い(?)んだよなぁ
ハリィはスレ掛かりが多いです>< フックはトラウト用のシングル2本にしてみたんですが,トレブルよりもむしろ悪いかも^^; 2本ともがっちり掛かることが多い・・・です。



リールは前にサンリバーさんでいただいた「パターウィズフィッシングリール」のプロトン・スピンキャストを使ってもらい,ロッドはアブ・ホーネットクラシックLのグラスです。この竿もまたぺナぺナですから,ぶん曲がるとともに,プロトンはでかい金属音でカカカカカッ!!とドラグ鳴らしますww



ハリィはここで,違うタックルを投入です。グリーンガイドのフジグリップなロッド「バスキャッチ(カーボン・L)」にアンバサダー1500Cでいってみます。



感覚がもう,リトリーブの時点でスピンキャストと大違いです。流れに逆らってスプーンを巻いてくると,スピンキャストだとかなり巻きごたえあるんですが,ベイトだと「それが何か?」ってぐらい軽い軽い。スプーンの抵抗なんて感じないに等しいのです。飛距離もスピンキャストの7割くらいは出てますし,必要十分。


で,ベイトタックルでもヒット!掛かって一発目の深場に向かうダッシュだけはドラグ出ましたけど,あとはじーっと耐えて少しずつ巻けば,安定感たっぷりのやりとりになりました。竿もちょっと硬めですし。


昨日は遡上マルタとのファーストコンタクトってことで,やわらかワンダースティックではのされるのされる!
と思っていましたけど,2日目の今日は余裕が出てきましたのでやりとりを楽しむ方向に気持ちが向かっています。
そうなると,逆にワンダースティック×スピンキャストの非力っぷりがむしろ楽しくてたまらなくなってきます。
障害物に潜られるような場所ではありませんので,ライトタックルでドラグと足を使ってランディングするほうが面白いんですよねぇ~。

ということで,ベイトタックルはこの1尾で終了。やわらかタックルに戻しますw


にくくんの一尾。キレイな魚体です。これもまた,きちんと口にフッキングしています。どこに差があるのかなぁ・・
(ルアー外して付け直すようなズルっこはしてませんよ!念のためw)

この後,にくくんは「ニゴイのほうがパワフルな感じがするんで,違う場所打ってみます」と深場狙いにシフト。
釣り場豊富な宮城県で今日この瞬間,ガチでニゴイ狙いにいくのはにくくんしかいないかもw
さらに「んだなぁ。昨日のニゴイはめっちゃ重かったわー」と賛同するハリィもおかしなことになってますけど。


本日のハリィ最大の一尾。残念ながらスレでしたが・・メスのほうですね。



にくくんに撮ってもらった一枚。左手でロッドとリールをパーミングしたまま,右手でバット付近を保持して耐えつつ,自身は下流側に移動しているところです。ちょっと見にくいですけど,ロッドがよく曲がっておりますw


そんなところで本日のモーニング釣行はお互いにタイムアップとなりました。


マルタのバイト(アタック)シーンも何回か見ることができたので,その考察とルアーをいろいろと試した結果もあるんですが,釣りにいけない平日用のネタに残しておきます。
スレ掛かりを減らすためにどうしたら良いのか・・というテーマにハリィも取り組むことになりそうです。

あぁ・・一日中マルタ釣りしていたい。もっと釣っていたい!! 明日仕事行きたくなーい(笑)
[ 2013/05/19 17:54 ] その他 | TB(0) | CM(6)

ライギョ不調も,ついにマルタに出会う。

今日はひさびさの好天な週末。お昼すぎまでの釣行が可能になったハリィは速攻での出陣です!

まずはいつも通っているホームな池。前回とはまた雰囲気が変わっていてウィードが生え始まっていたり,水面に藻が浮いていたり・・・で,いつものエース,マグトーが使用不能に。ペラに藻類が絡みまくって使いものになりません。

そんな状況になる日を見越して,今年は対藻ウェポンを用意してきましたw ・・・フロッグ使えば早い話なんですけど,まだフロッグには早いようなオープン具合。あえてハードルアーでいくでしょ!

実際のアクションはダーターの逆・・チョンッと引っ張るとルアーは上に向かって跳ねるように動きます。そして丸い波紋を広げてステイ・・超カエルっぽいイメージな動きじゃないですか!
そんな感じでスローな釣りで攻めていきましたが・・・ぜーんぜん無反応。でも,今日は久々のチャンスなので他の池にもちょっと転戦します。

池ごとにウィードの育ちっぷりに差があって,フロッグを使う場面も。そこでようやく1バイト取ったものの乗らず。反応はすこぶる渋い感じです。

5600WSのブレーキ問題は,概ね良好。遠心ブレーキが効かずにバックラ連発,という状況は3時間投げても発生しませんでした。良かった良かった。


さて,このままだといつもの「釣れなかった日記」で終わるところですが,今回はバックアッププランを用意してきましたw


先日,にくくんと目指したマルタウグイ釣行。遡上は5月下旬ということではありましたが・・おそらくここが産卵場所になるだろう・・・と,情報と条件を絞りこんだ場所の視察に。

ロッドは新投入のスズミ・ワンダースティックMLです。リールはゼブコのオメガZ02

入ろうとしたポイントにはフライな方が先行で入っていたので,少し離れてキャストしつつ様子をみます。
時折ギュン!とロッドを曲げてヒットさせて,水際でリリースしているように見えました。
オイカワとかならばロッドがそこまで曲がるとも思えませんし,もしやマルタなのでは・・・?と思いつつ。


本当はお話して情報を聞きたいところではあったんですが,人見知りなハリィ的には全身がっちりフライな方に声かけるのはちょっと気遅れして・・・何か間違ったこと言って気分を損ねたらどうしよう・・とか思っちゃうわけです。そもそも,狭い釣り座に後からハリィが入って行ったところで,先行の方にメリットはありませんからねぇ。


先行の方が上がる様子だったので帰り際に挨拶させていただくと,「いやぁーマルタ釣ってただけなんで・・」と謙遜されてましたけど,ハリィ的には「キターーーーッ!」でしょwww

釣り座に入ると,打ち上げられたマルタの死がいが。一部画像処理しますが・・これは・・!



とはいえ,場所が良くてもすぐに釣れるというもんではありませんし,瀬付きというモードには入ってない様子。
遡上して来るのを打つという雰囲気でしょうか。

どうやって攻めたらいいものかしばらく試行錯誤していると,ガツッと根がかり・・。と思いきや一呼吸置いてからグングングン!と動き始めます。かかったっ!!
サオはもうバット近くから曲がっています・・・と,フックアウト。思わずウワーと声が出てしまいました(笑)


しかし!パターンさえつかめれば。
色は白いですけど,マルタ(だと思う。)ヒット! 撮影の直前にローリングして砂だらけに><
水際で撮らないといけませんね・・反省にします。


投げ続けると,けっこうヒットはするんですがすぐにフックアウト。スレ掛かりなのかも?水深があるので状況は見えません。


続いて上げたのはニゴイ。でっかい!・・顔ww こいつは残念ながら背びれにスレで来ました。


この辺で分かっちゃったのは,水深あって流速のある場所で60cmもあるようなのを掛けると,引きがやばいってことです。海とか河口で釣れてくるオオガイとはわけが違います。重い!
そいつをスローなやわらかロッドとスピンキャストでやってるもんですから,のされるのされるw
ドラグは鳴りまくりですし,巻けませんしww これ,正直トラウト用のULで来なくてよかったかも。
ラインブレイクも1回。ラインチェック怠ってたのとドラグ締めすぎたか・・。

続いて腹パンなニゴイ。こいつはやばかったですw 掛かってしばらくビクとも動かず,どんどん沖に行こうとします。ラインブレイク直後なのでドラグを強くしすぎないように慎重になっちゃいますしw

フッキングは口の外側ですけど。。ぎりぎりセーフかな^^;

かなり時間をかけて寄せましたけど・・ニゴイでこんなだったら,マゴイだったらどうなっちゃうのよ?
釣る前からちょっと冷や汗ものです。・・面白そうですけどねwww


長くなっちゃったので使用ルアーの検証とかは次回にしますが,とりあえずトレブルはまずいですね。
大昔に買った安売りスプーン引っぱり出して使ってましたけど,いよいよ工作が必要です。

それと,ホー○ックでスプーンを買ってきましたw 5個で398円也。フック替えれば十分使えると思いますので^^



末筆になりましたが,釣行記を参考にさせていただくとともに,たくさんのご指導をいただきました かほにかさん に心から御礼申し上げます!
マルタ,めちゃくちゃ面白いです。ありがとうございました!
[ 2013/05/18 23:13 ] その他 | TB(0) | CM(6)

フジグリップ先端締め付けタイプ

また買っちゃいました,フジグリップ。(リール取り付けネジは掃除のために外しています)

あれ?ガングリップじゃないじゃん,と思った方もいるかもですが・・・えぇ。ハリィも買ってから気づきました(笑) うーむ,安さの理由はそこだったのかも?www

まぁ,握り心地は悪くありませんし,これはこれでアリということで。

実は,この先締めタイプのフジグリップで安価なのを探し求めていたのですよ。お高いのはなんぼでも売ってるんですけどね。


タイプでいくとNGHに近いんでしょうか。差し込み穴10.5mm程度,という説明になっていましたが,同じようなグリップを使っている方の情報だと差し込み穴は10.8mmらしいです。NGH-12とかNGH-15とは径が違いますけど,まぁ構造はたぶん似たような感じでしょう。

コネットのテーパーとゴムパッキンで固定するのとは違って,先端のキャップを締めこむことでロッドを固定できる・・らしいのですが,その構造がどうなってるのかが良く分からなかったんです。

それでハリィは最初,キャップをぐるぐる緩めたり締めこんだりを繰り返してみたんですが,ちっともわからないw

で,分解してみました。キャップの中に黒いパーツが1つ,あとは本体というシンプルな構造です。


さらにばらすと,黒いパーツはカバーとゴムリングに分かれます。

これで原理がわかりました。ゴムパーツを締めこんで圧力をかけることで,ゴムが変形して穴径が狭くなってロッドを固定するんですね。

で,実際にはロッドに10.8mm径に合うフジ製のアダプター(コネット?)を差し込んで使うようなんですが,当然そんなのは持ってませんw
というよりも,Φ9.5mmのチャンピオン規格のフェルールを直に挿して使いたいのが人情というもの。

これを使っている先人の方々は,Φ9.5mmのフェルールにビニールテープなどを巻いてΦ10.8mmに近づけて挿入,固定しているようです。それが最も手軽で確実かなぁ,と思いますけど・・ゴムの穴径がけっこう小さいので,ゴムに合わせた太さで差し込むと,本体の穴の方がゆるくてガタが出ました。本体側はちょっと太めにしてきつめなぐらいで差し込みたい。けれどもそれではゴムの穴を通すのが大変です。

チマっと工作したいハリィは,ガタを押さえつつ,フェルールΦ9.5mmのまま使いたいんですよねえ。

そこで,改造の方針としては,本体の穴径をΦ9.5mm仕様にもっていく予定です。
工作のイメージは
① Φ11.5mm~12mm程度,肉厚0.5mm程度の樹脂製のパイプを入手
② パイプの側面に一か所,まっすぐ縦に切れ目を入れる(断面がCの字になるように)
③ 本体に挿入。スリットが狭まって径が細くなることで入っていくと同時に,復元力で内部から固定。
④ Φ9.5mmのフェルールを差し込んだだけで半固定されるぐらいのきつさになる・・予定!w

最大の問題は寸法に合う樹脂素材をどこから入手・流用してくるかです。ただのプラスチックではダメで,フィリプソングリップのデルリンで使っているような白い樹脂素材・・丈夫だけれども適度にやわらかい・・やつじゃないといけません。0.5mm厚って薄さが素材探しのネックになりそうな気がしますねぇ・・^^;

ひそかに,スミスのスーパーストライクグリップ用のチャンピオンフェルールアダプタ,あれを流用するのがいいんじゃないかとも思っています。内径は当然ドンピシャですし,そもそもフェルール固定用に使われるパーツですから,素材も完璧。 問題は手に取ったことがないので,肉厚と外径がわからないってことです。ちょっと外径太そうな感じもするんですよねえ。フジグリップに使えないときは他のグリップのデルリンに加工できそうなので,スーパーストライクグリップ持ってないけどとりあえずゲットしちゃうかなあw


最後に,先日磨き上げた欧米サイズのフジグリップと並べて。今回買ったものも大きいサイズでした。
これもツヤツヤにしよう!とちょっと磨いてみたのですが,材質に繊維が練りこまれてる?のかツヤツヤにならない感じです。プラそのものが黒じゃなくグレーな感じにも見えます。

個人的には黒くてツヤツヤしてるほうが好みですけどね~


画像追加













[ 2013/05/16 23:59 ] タックル | TB(0) | CM(6)

部品取りリールの落とし穴

今日はマズメ過ぎから激しい雷と豪雨。大気が不安定なんでしょうねえ^^;

そんなわけで,今日は先週いじったリール関係のレポートです。

購入したのはコチラ。アブのプロマックス5600というシロモノです。
安いラーメン3杯分ほどでゲットw


アンバサダーと銘打って8ボールベアリング,と自信満々に表記されてますけど・・短命に終わったリールだったと思います。
販売当時のカタログで,パーミングタイプのアンバサダー5000とかがカタログ落ちしたんだったか,ものすごく扱いが小さくなったかで,ハリィは「えっ・・アンバサダーって今後はこれに代わっちゃうの!?」とかなりショックを受けた記憶があります。

性能は決して悪くなかったんでしょうけど,やっぱ見た目の問題でしょうかねぇ・・。あとは軽そうな見た目に反してずっしりと重い重量感に驚きます。重さそのものは旧型アンバサダーとそんなに変わらないんですが,プラにシルバー塗装したように見えちゃって軽そうなのに,実は中身は真面目に金属なんですってとこが違和感。むしろ金属感を全面に出したほうが良かったような・・・とハリィは思います。


まぁ,しかし。今回は本当に部品取り目的でして,ハンドルだけでも1500円では買えませんので,ハンドル,リテーナー,キャスコン,スプール,その他パーツを流用出来てラーメン3杯分なら格安だなーとw

さっそくアンバサダー50001号機,2号機,そして5600WSにそれぞれパーツを振り分けていきます。



初めてのプロマックス御開帳!いつものアンバサダーでしょ?ってな予想に反して構造がまるっきり違います。
この時点でギアとかの流用NGなのがうっすらと分かってしまいました。う~む・・w



ブレーキは2点式なのは事前調査済。ちょいと変色してますけど気にしない気にしないw これは使えるパーツです。スプール内のベアリング2個も当然徴用します。



プロマックスのアルミスプールは肉薄でかなり軽くていい感じです。こりゃうれしい誤算だなーと思いながら較べてみると,スプールピニオンの径は同じなんですが,長さが全然違います。やっぱり設計が違うんですね~。

おまけに購入したプロマックスのスプールピニオンは矢印部分が摩耗してるんじゃないかな,と思います。
勢いよくハンドル回すとスプールがカカカッと滑る現象・・ギアの保護のためではあるんですが,これがあまりにも滑りすぎる場合,このスプールピニオンの摩耗が原因の一つになり得ます。スプールが微妙にパーミング側に寄ってしまうんでしょうね。購入したプロマックスはカカカッと滑りまくる状況でした。
プロマックスのスプールと,余ってるシャロースプールを交換して取り付けようという計画ですが,スプールピニオンは互換が効かないので,摩耗したものを使わざるを得ません。ワッシャーでもかませますかねえ。


とりあえず軽量スプールにワクワクしながら,6点式ブレーキを移植。5600WSに取り付ける準備です。


・・・ここまでは良かったんですよ,ここまでは・・・


何ぃいい!?まさかのスプール径が違うですと!!??

フレームは5600WSなんですが,スプールが細くて隙間が・・;;
幅とかシャフト径とかは完全に同じなのに!アブはどうして外径をびっみょーーに変えたのよ!(怒)互換性の高さがアブの面白さなのにぃ・・・
まぁー試しにこのまま組んでみましたが,当然快調に動作します。んでもこんだけ隙間空いてたら浸水が~どころの話じゃありません。ざぶざぶです。

惜しいなぁ・・軽量スプールはぜひとも活かしたい。というか深溝スプールが欲しくて格安のリール探したのに><

しばらく考えましたが,とりあえずはあきらめて元に戻します。

同時に,軽く,強く,チープにこの隙間を埋める工作案を考え始めました。この工作は後日・・・w


さて,プロマックスの8ボールベアリングって,どこに使ってんのよ?と観察してみると,ピニオンの受け部に大きなベアリングを発見!現行のアンバサダーだとピニオンがカタカタ動いたりしますけど,このプロマックスのはすごいです。ベアリングで完全に支持されているので,遊びなくカッチリとしながら回転は滑らか。


さらに,なんとこのプロマックスはキャスト時レベルワインド非連動
なんですね。んー・・道理で構造がいろいろ違うわけです。部品点数もかなり多いですよ。

ただ,このプロマックス5600には弱点がありまして,クラッチにつながる金具が華奢で摩耗しやすく,使いこむとクラッチの切れが悪くなってくるらしいです。これの後発のプロマックス3600とかではそれが改修されて丈夫になったそうで,5600だけにアキレス腱があるようです。


まだまだ移植できるパーツはありそうですが,とりあえず外装関係とベアリング関係を流用しました。
1号機は感触が良いオールドダイワのハンドルに変更し,キャスコンはプロマックスから。2号機はハンドル,リテーナー,ベアリングを流用。5600WSは外装を1号機から回収して元の鞘に収まりました。スプールは当面2号機と交換しておいて深溝仕様にして対ライギョ戦に投入します。後にサムレストも1号機から回収しました。



先日作成したウッドのサムレストは1号機に装着。今のところ5600WSよりもハンドルの回転やフリースプールの回転がスムーズで,昨年までとはまるで別物なまでに仕上がりました。手を加えた分,お気に入り度も上がりました。手持ちでは最も古いリールの1つですけど,かわいいやつですw
[ 2013/05/15 23:59 ] タックル | TB(0) | CM(0)

どこまで続くかノーバイト><

今日は日中気温がぐんぐん上がり,お仕事は極悪S級のクレーマーと対決して血圧がぐんぐん上がり,こうなったら行くしかねーべよ!残業なんかやってらんないもんね!とマズメ出撃を敢行。
(いや,クレーマーの件はもはや言い訳にしかなってませんけどネw)

今日は長期戦の構えです。防寒グローブ装着のうえ,畜光チューンなジッター。ロッドブランクはレジェンドVIP70のままグリップをグラスアイグリップ改,リールをバンタム100に変更です。



ホームの水路はまだ濃厚なカフェオレ状態。日中の暖かさはどこへやら,夕方になったら冷たい風がどんどん吹いてきます。めっちゃ寒い><

それでもやっぱ明るい中でキャストするのは楽しいですな~。護岸のキワキワに落したり,水草ぎりぎりにキャスト決まると「おれって超上手くネ!?」と勝手に自己満足に浸れます(笑)
そうやって,シーズンなら絶対反応あるでしょ!みたいなポイントにひたすら打ち込んでいくんですが,まぁ~無反応。こんだけ水濁ってたら日中だって反応していいでしょ,みたいな感じでさえあるんですが・・。


そのまま暗くなるまで打って,夜戦モード突入です。

より高級な畜光テープだと,倍ぐらいの輝度になるものもあるそうなんですが・・今使っているテープの実際の明るさは,ほぼこの写真どおりの見え方です。チャージ直後ならば夜釣りの時に竿先に付けていた「ぎょぎょライトL」に匹敵するんじゃない?と思うぐらい,暗闇では輝いて見えます。


先日からテープが明るい,明るくないと記事にしておりますが・・今年になってすでにナマズをばんばん上げているテ~ゲ~さんなんて,かなり夜目が利くとのことで,基本ケミ無しで打ってるらしいです。マジデスカ!

さすがにハリィはそこまではいきませんけど,いつもはマズメ釣行といいつつ完全に暗くなるまで打っていますので,今日は19:30までは畜光無しで打っていました。空は三日月が上がっていましたが,白っぽいルアーならば何とか視認できるレベルです。

そんなハリィが畜光テープを使った場合・・・その明るさに普通に感動しましたw おぉ!見える!などとw

ケミホタルのほうが明るさは強そうですけど,テープは発光する面積が大きいですからこれはこれで良いんじゃないでしょうか。ただしビニールテープでのカバーはNGでした。端のほうから浮き上がってきます。

あとはチャージ用のLEDライトをより強力なのに換装したいところ。今の100均ライトでもそんなにチャージに時間かかりませんけど,防災用とかなんとかかこつけて,強力なライトを合法的に購入しちゃおうっとw

あとはシングルフック仕様のマグトーは要調整。ちょっと早く巻くとボディごと回転してしまいます。
フックが軽くなった分,ベリーにウェイトでも貼らないといけませんね。

最後に,別な釣り場,外灯の近くで撮影。



そんなわけで畜光テープの実戦一発目は概ね良好です。あとは耐久性とかその辺はこれからになります。

そして・・・今日もノーバイト><  うーん(泣)
[ 2013/05/14 22:44 ] ナマズ | TB(0) | CM(6)

こんなもんで良いかな^^;

今朝七時半の気温が9℃、夜9時で11℃。
だいぶ暖かくなってきましたが、水路の水温は10℃ぐらいあるんでしょうか?
まあ、今晩もちょっとだけやってノーバイトだったんですけどね^^;
苦手な単独夜戦に慣れるべく、ちょっとでもいいから打って帰るようにしたいと思います。


さて、釣行写真も無いので適当に工作記録を上げていきます。

先日、作成を目指したアンバサダー用のウッドなサムレスト。



こんな感じに削ってみました。



前縁部を差し込んで



パタンと閉じます



スプールの収まる縁と、サムレスト固定用の突起で支えています。ぐらつきはありません。



セルロースセメントで2回ドブ漬け。
渋い色合いになったじゃないですかw



うーん・・工作も良いけど早くナマズ釣りたいですな~><
[ 2013/05/13 23:02 ] 自作系 | TB(0) | CM(1)

夜戦装備と蓄光テープ

最近,釣りに出撃できないのでふてくされて記事も更新していなかったハリィです(汗)

お天気のせいだったり,仕事関係だったり家の都合だったりで,どうもピリッとしない。
仕事は6月末までありえんほどのデスマーチが決定したので,そうそうマズメ釣行なんて贅沢は望めません。

そうなってくると,苦手としてきた夜間釣行にシフトしていくしか打つ手はありません。
(世の中ではナマズはナイトゲームのほうが主流なわけで,一般的な釣りになるだけなんですが・・)


休み前に,一度夜間にチャレンジしたのですが,ケミホタルも何もないうえにあいにくの曇天。
唯一の頼りが夜光カラーのザラII。LEDライトでチャージしてやると全身が光るのですが,はっきりと視認できるのは1投目ぐらいで2投目に入るとかなり見づらくなってきます。ちょいと弱いかな・・



そんな反省を得て,畜光テープを買ってきました。昨年からダイソーケミがいいよ!と教えてもらっていたのですが,売ってるのを見つけられない・・のであります。
しかも30分だけ打ちたい!って場合にはダイソーのケミでさえももったいない!と考えるケチなハリィなので,ここは畜光でいこうと。

左がダイソー産(105円),右がホー○ック産(598円)の製品です。

テープの厚さとか質感とかはもちろん高価なほうが上なんですが,肝心の光はどうなのよ?ってなわけで

LEDライト(ダイソー産105円電池別売り)で照射した直後を比較。右側のは上2本をメインに畜光させています。
高価なほうが若干光が明るいです。



1分後。光量が落ちてきましたがダイソー産も健闘している気がしますw



2分後。写真はかなり暗くなってきていますが,まだ視認は可能です。ダイソー産がんばっていますw


3分半後。デジカメなので光を拾いにいってますが,だいぶ暗くなりました。


これ,実際には2キャストして光チャージ,くらいのペースになるんでしょうか。3キャストまでいけるか?

感触として,高価なほうが少ない照射で明るく発光する感じです。ダイソー産はちょっと多めに照射すればかなり近いレベルの発光までいける感じです。

値段1/5から1/10ですから,その辺を許容できれば,コスパ的にはダイソー産も悪くないですね。
気軽にお試し感覚でいけるのはGOOD!ただし防水性は全くないので,ビニールテープ等でカバーする必要はあります。


そして,夜戦装備への転換を図るべく,3つほどルアーをチューン。
とりあえず不慣れな夜戦なので,タダ巻きでいけて実績十分な装備・・・ジッターとトーピードです。
フックはシングルに換装。フッキングとかダメージが,という理由ではなく,ハリィが暗闇で扱うのにトレブルとかダブルだと扱いにくかった,という個人的な理由になります。
ベリーかテールかどっちか1本にまで減らせればさらにカッコ良いのですが,そこまで人間ができていないハリィでして,欲に負けておりますww


肝心の畜光テープは,張り付けた後に幅広の透明なビニールテープをカバーするように張り付けて防水しています。
ビニールテープにしわ入ってるじゃん!もっとキレイに張れよ・・と言われそうなんですが,ピチッと貼ろうとしてRにテンションかけて貼っていくと,粘着が弱いので少し時間がたつと浮き上がってくるんですね。
もっと粘着力の高いテープでカバーすればいいのかもですが,ビニールテープの場合はあまりテンションかけずに貼り付けて,しわは浸水しないように粘着面どうしを密着させてしまったほうが良さそうです。

まぁ,実際に使ってみてビニールテープの耐久性ではどうにもなんなかったら,エポキシでコートしちゃいます。


ということで,夜戦部隊をライトオン!

マグトーだけ貼り付け面積に余裕があったので,高級テープの両側にダイソー産のを張り付けて,3本線のテープにしてあります。ダイソー産のはテープが薄いのでRにもキレイに貼れて使いやすかったですw

ベビトーの初陣がまさか夜戦装備になるとは・・バズプラグも夜戦準備しようっとw
[ 2013/05/12 23:55 ] ナマズ | TB(0) | CM(8)

寒い5月とノコギリと

天気予報は連日、強い寒気の影響で~と伝えていますが・・それって12月あたりから聞き続けてる気もするぞ?などと。
まさか連休明けから前日比マイナス10℃、平年比マイナス8℃、3月下旬並みなんて寒さが続くとは思わなかったわけで・・出撃意欲減退しまくりです><


そんな今日は寝る前に短時間作業をば。


先日サンリバーさんに行った際に
「ウッドでルアー作ったりもしますか?試しにこれ使ってみて!」と店長さんからコチラをいただきました。
(本当にありがとうございます!)

3×3×15cmの木材です。何の木かは失念してしまいましたが(汗)色合いに高級感があります。いつものホームセンター産のヒノキとは違いますよ。


ただ、色から想像して硬いんだろうな~、ハリィのなまくら手工業で刃が立つのだろうか・・と恐縮してもいました。

しかし、意外なほどサクッとノコが入りました。

あれ?なんか柔らかいかも。切り粉の細かさもヒノキとは違います。


で、小さく切り取ったものを使っていきます。この木片も持ってみると見た目より軽い感じがします。



カッターを入れると薄くきれいに削れていきます。すごく扱いやすい木です。


目は細かいけれども均一に空気を含んでいて適度に柔らか。確かにルアーにうってつけかもしれません。
これでウッドグリップなんかを作っても面白そうです。


10分ほど削って大まかな形が出来てきました。

実際にはこれからが細かい作業のスタートなんですが・・


目指すはコレです(笑)


買えば良いじゃないか!と言われればそのとおりなんですが・・削ってみたくなっちゃったんですから仕方ありません!

工作しやすい木材だ、と分かっただけでも大きな収穫です。
こりゃあ何の木だか調べなくては(^ ^)
[ 2013/05/08 23:49 ] 自作系 | TB(0) | CM(3)

5600WSの遠心ブレーキに罪はなかった!!かも

今日は気温20℃を越えて,風もおだやか。良い釣り日和かと思いきや昼過ぎから崩れてきて,夕方には強風と強い雨。どうも天候が落ち着かないですね><
まぁ・・ハリィは家族サービス中でしたので釣りには行けなかったんですけど・・・このサービスが今後ますます良くなってくる釣りシーズンを円滑に過ごすための投資と信じて,我慢我慢ww


さて。先日,ブレーキ浸水後の挙動不具合で戦力外通告を行った5600WSだったんですが・・
どうも原因はハリィにあったっぽい!?濡れ衣だった可能性が濃厚になってまいりました;;;;;;;

遠心ブレーキ浸水について,いろいろ検索していったところ,以前,マグブレーキユニット自作の記事で勉強させていただいたきゃされんさんのブログに,ハッ!とする記事がありました。

うろ覚えで内容を書きますと(読んだ部分のページが,今になってみると見つけられないのです><)

「遠心ブレーキの浸水はメーカーでも折り込み済。水に濡れただけならばブレーキ力はさほど落ちない。ブレーキが効かなくなるのはベアリングとかがまき散らしたオイルがブレーキ部に油膜を張るから」

そうか!って感じです。当然メーカーの技術者さんもリールが浸水することなど分かり切ってるに違いないのです。浸水することで使用できなくなるほどの不具合を生じるならば,全力で防水に取り組むはずです。
と,なると「ベアリングがまき散らしたオイルが~」という部分に原因が絞り込まれます。


まず,こちらが安定して使えている5000のブレーキ部です。



次に,浸水後にバックラ連発させてしまった5600WSのブレーキ部を再現しました。


思いっきり明らかな違いがありますwww


バラすとこういうこと。ベアリングのブレーキ側がオープンになっているのです。

これが回転時にオイルを巻き散らした原因ではないかと。

ハリィは脱脂とか注油がしやすいようにシールドを片方だけオープンにすることがほとんどで


ベアリングの裏表をひっくり返せば・・ブレーキ側にシールドを向けることができます。


要は・・・ハリィがベアリングの向きをいつもの逆に付けてたのが,挙動が違う原因になった可能性が高いです^^;

もちろん,シールドベアリングでも浸水後にブレーキ効かなくなる!って方もたくさんいるのかもしれませんが・・ハリィの場合はこれが最大の原因だろうと。少なくともバックラ連発ってほどの症状は緩和されるに違いありません。

ごめんよ!5600WSちゃん!!きっと君は悪くない!!オイラがアホだったのですよ><

ということで,パーツを取り換えて1軍に復帰させることは確定しましたが,ただパーツを戻すだけではシャロースプールの問題が解決しません。

そこで・・・まさかの・・リールを1つポチっちゃいましたww

どう使うかは到着後のお楽しみです^^
[ 2013/05/06 19:16 ] タックル | TB(0) | CM(5)

テナガエビ釣り堀

今日は暖かく、風も弱い釣り日和・・
だったんですが、家族でお出かけのホテル泊です。

記事更新とかほにかさんへのご返信は帰ってからいたしますm(_ _)m


エビ釣り情報をいただいたテ~ゲ~さんへの感謝を込めてちょっとだけ。
テナガエビは、かなり引きました(笑)

ザリガニみたいに重いだけではなくて、想定外にグイグイとのべ竿を絞りましたwwwww遊泳力ありますね~。
面白かったです。ありがとうございました^_^
[ 2013/05/05 21:32 ] その他 | TB(0) | CM(5)

マルタ未遡上で転戦でチビバスで

にくくんと「とりあえず連休中に行ってみようぜ!」と決めていたマルタウグイ釣行。
まぁ,昨日の時点で「まだ遡上してないらしい」という情報は入ってましたけど,とりあえず現地へ。

タックルは先日ゲットしたフジグリップなライトアクションロッド,ゼブコオメガZ02,スピナーはブレットン。
おろしたての装備はゴキゲンなんですけどね。あいっかわらず風が強い,強い。
風に負けてしまうので,軽量なブレットンは早々に交換。スプーンでいきました。
握り心地は非常に良好。パーミングはしやすいし,ハンドルもスムーズ。フジグリップとの相性もすごく良い。
一気に気に入っちゃいましたw

これ,もう淡水専用にしちゃって,海水用にオメガZ02proもゲットしちゃおうかなぁ?と考えたぐらいメバルに使いたい!使用後洗って毎回メンテするにしても,シルバーよりも黒のほうがなんとなく汚れ目立たなそうで。

しかし・・4月中旬から,おだやかな日って何日あっただろう?少なくとも週末に限って言えば,無いんじゃないか^^;GW前半からずーーっとアホみたいに強風続きですし。困ったもんです。

おまけに水は濃厚なミルクコーヒー色で水量も多く。写真から少し風と寒さが伝わるでしょうか・・?w



いろいろと探索して浅場はこんな雰囲気です。



底は砂と小石が混じった感じです。踏めばぐぐっと沈みますが,ここが産卵場所なのかステイする場所なのかは分かりません。遡上してくると背びれ出しながらばしゃばしゃ群れるらしいので,とにかくこの辺に来るらしいのです。



ミルクコーヒーが収まったころ,5月下旬に再戦することにしてとりあえず移動。

ここから転戦祭りの開始です。風と低温でまず海は厳しいだろうってことで淡水に限定。ハリィが新装備に入魂したいからライトロッドに見合う釣りモノ・・・実はギルっての触ったこと無いからやってみようぜ,と無茶苦茶な注文をして転々。これがまぁ,ことごとくダメのダメ。まーったく釣れる雰囲気が無い。おまけに川関係は支流も含めてどこもかしこもミルクコーヒーでよろしくない。
ライギョやらナマズやら狙いにいくも,水面が波立っているうえに水は冷たく。今日はダメ続きで釣れる気がしなくなっていて気持ちに踏ん張りがききません(笑) とにかく風がやる気を削ぐ最大の原因です。


ふーだめだだめだ,とマルタ装備でぐりぐり投げてると。うん。チビバスが釣れてしまいました。

うーん。入魂できたし,思いのほか竿は曲がったし,ゆるゆるにしていたドラグはチチチチ!と鳴ったしで満足すべきところなんですが・・ルアーがなぁ・・「水中どうでしょう!」ではどうでしょう?(笑) 
でも,正直,連日連日連日の風と波にいいかげん心が折れましたよ・・・。


ということで,仕切り直し。いつものでいきますw

しかし,マルタ装備にマグトーはちと重かったです。使えましたけども「よっこらしょ」と投げる感じになりました。おそらくベビートーピードとかタイニートーピード,タイニークレイジークローラーあたりを投げると良いのかもしれませんが,残念ながら小型ルアー類まるっと持って来ませんでした。次回投げてみよう。


釣果には恵まれませんでしたが,にくくんと不要釣り具のプレゼント交換。
ハリィからはナマズ用に購入していたクランキンロッド「ゼニス・ヘビードランカー」を進呈。おそらく今後も出番が無さそうなのです。
にくくんは早速バス用に使ってみて,クランクやらスピンテールジグやら巻いてみて「けっこう調子いいですよ」って言ってましたけど,そりゃそうです。それが本来の用途なんです(笑)

にくくんからは,アブのウッドルアーを2つ拝領(箱入りのほう)。これ,買ったのは10年も前の釣りタカで1つ500円で安売りされてたのを,2人で一緒に買ったんですよねえ。おいらは先日箱捨てちゃいましたけど,紙箱を包装していたプラケースごと保管してましたから,買った当時のピカピカなままでしたw
造りもよくて,本当にキレイなルアーなんですが,余裕で1ozありますからヘビーなんですよねえ。
使いどころが難しい。ナマズ用に使ってコンクリ護岸にぶつけちゃうのもやや気が引けますし。
いっそ部屋のオブジェにしようかなw
[ 2013/05/05 00:20 ] その他 | TB(0) | CM(1)

無題

よし!上着カスタム完成www


これでいつでもへドンと一緒(^ ^)

夏服はボーマーかアーボガストにしようっとwwww
[ 2013/05/01 21:54 ] その他 | TB(0) | CM(0)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。