スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

自作ウッドガングリップをつくろう(第1回)

オフセットグリップ工作用に考えていたコルク素材を別な修理に流用したため,オフセットグリップのほうの握りを別なもので作ることになりました。

まぁー,適当にEVAでポン付けしてもシングルハンドで使用するには全く問題ないうえに,シートに角度が付いているのでかなり握りやすいのです。
やっぱり元々がシングルハンド用のグリップなんでしょうねぇ。とはいえ,シングルハンドだとハリィには使いにくいので,セミダブル風味に仕立てないと物置行きになりかねません^^;

そこで今回は「セミダブルに近いウッドガングリップ」を目指して工作していきます。ちょっと時間がかかりそうな内容になります。

前に,作成しようとして適当にフリーハンドで作ったら,めちゃくちゃダサい(笑)のが出来上がって失敗したので,今回はCADでそれっぽく引いてみました。



調子に乗って握り部分に凹凸をつけたりしましたけど,たぶんこれはやりませんw ハリィの工作技量とカッターナイフ一本という装備ではおそらく失敗します^^;
デザイン上重要なのはグリップエンドの部分で,この部分のカーブを決めておくのが目的です。

それから,普通のガングリップよりも長めにしてあります。非力なハリィはどうしても投げる時に左手を添えたくなるので,セミセミダブルでw



材料はこちら

ヒノキ材12mm×100mm×600mm,498円也。


買ってから気づいたんですが・・・ちょっと反ってるんですよねえ^^;




製品はオークとかマホガニーとか,もっと硬い木材を使ってますけど,それだと工作が大変なのです。
安く・手軽に・チマッと工作して釣るのが目的ですからホームセンター(主にホーマッ〇)で気軽に入手できる材料がベターです。
ちなみに,ホームセンターではヒノキと同じぐらいの量でホワイトパイン材も売っています。これも加工しやすく安い材料ですが,細かく削っていくとボソボソになりやすいです。
それと,削っているときの木の匂いが,なんか苦いような感じの匂いがします。その点ヒノキはヒノキ風呂の匂いがしますので作業中とても心地よいです。
ほとんど後者が理由になりますが(笑)ヒノキでいきます。


まぁ,ホームセンタームサ〇さんだとクラフトコーナーにもっといろんな木材やブロックも売ってますし,ちょっとした加工(有料?)もしてもらえますから,
もし一本もので自作したい方は,手頃なブロック材を買って差込み部にΦ12mmぐらいの穴を開けてもらえば良いのかもしれませんね~。


工作のイメージはこんな感じです。


貼り合わせで作るのは,工作機械無しにリールシートの挿し込み部分を作るのためです。問題は木目が揃わないことですが,逆に言えばそれだけです。
強度は問題ありません。駆け出しの頃にファントム改のを同じようにして作っていますが,そんなに目立つほどの気にはならなかったかな・・
木目の不揃い<自作の道具を使う満足,と自分で納得できればOKです。


ちなみにファントム改はこんな感じです。







よーく見れば分かりますけれども,そんなに貼り合わせは目立たないかな,と。


ただ,グリップエンド(銃床というべきか)だけは貼り合わせがもろに見えるので,今回は保護と目隠しを兼ねて金属板を取り付けるつもりです。


ま~・・まだ一匹もトップで釣ったことが無い頃に作ったものですから形もアレですし,下地もぼこぼこですし,いろいろダメですねえ。

さらにこの竿,短いし硬いしむっちゃ先調子!w これでナマズやろうとしてたなんて・・なぁ^^;
この竿の出番は今のところ無さそうです。テトラの穴釣りとかに使ったら取りまわし良さそう(笑)




さておき,まずは,板を200mmの長さに切りそろえます。



たかがこれしきの作業なのに,すでに疲れました。いくらヒノキは柔らかいといってもけっこう力が要ります。
唯一の救いはやっぱりヒノキの香り。切り粉がさわやかな森林浴風味で癒してくれます(笑)


板に型紙をあてて,なぞっていきます。



だいたいの寸法が取れればいいので,ちょっと大きめにしておきます。



次に,リールシート差込み部分を切り取ります。



タテはのこぎりでいけるんですが,横に切るのが難しいのです。糸のこでもあれば良いのかなぁ。
カッターで削って加工しちゃいます。どうせ見えませんしww


もうちょいで折り取れます。



リールシートに合わせてみます。OKですね。



Φ12mmに12mm厚の板ですから,本当はぴったりのはずなんですけど,ちょっと当たる部分があるので彫刻刀で削っておきます。



慎重に瞬間接着剤で貼り合わせます。貼った後は5分ほど体重をかけて圧着しました。


板が湾曲していたので,向きをそろえて貼り合わせました。隙間なく接着できればOKです。



この次の工程はのこぎりで大まかに切った後,地道にカッターで削りだしていくことになるんですが・・
これからが大変です。前回もカッターの背を押す親指にマメができまくって痛かったもんなあ・・

のこぎりで切り落とすのも板3枚まとめてですからかなりの力技になります。

ん~~,先はまだまだ長いし,今晩の作業はここまで!w
スポンサーサイト
[ 2013/01/31 22:20 ] タックル | TB(0) | CM(2)

オールドグラスロッドの修理

ハリィのいつもの病気で,すぐに方針変更!(笑)進めていたオフセットグリップの工作を修正。
移り気なもので・・^^;やりたいことが他にもけっこうあるんですよね~。

オフセットグリップの柄にしようと思っていたフェンウィックの竿を切った残りのコルク部分。ブランクパイプが通っていて工作に便利な素材なんですが,別な竿の修理に使用します。

その竿がこちら




セントクロイの60年ぐらい前のグラスロッドです。今のロゴよりも昔のほうがポップでかっこ良いのです!

トップウォーターでの釣りを志した時トップ=バス,というイメージで買ったもので,ベナベナのスローテーパーなアクションです。


最初は持ち運びを考えてわざわざ2ピースを探してポチったのですが,今だったらワンピースを買うかな^^;
でも,金属フェルールの継ぎがまた古臭くてそれなりに気に入っています。



ガイドはもちろんステンレスガイド。Sicでもハードでもありません。
Sicじゃないとガイドが削れてライン傷つくのでは?という意見もあろうかとは思うんですが,それだと昔はブチブチとガイドのせいでライン切れていたってことになりますが・・・たぶんそんなことはないのです。
もちろん,使いこんだら削れるかもしれませんが,そこまで使い込めたらむしろ本望かなぁw


ブランクはフェノールグラス・・・通称「タバコグラス」と言われるもので,現在のエポキシグラスよりも腰がないグラス素材です。
時間が経つとどんどん茶色くなって味が出てくるブランク素材で,柔らかいスローテーパーがトップウォーターでのルアー操作に向くということで手に入れました。

こいつでオリザラとかを扱うと,まぁー面白い。ドッグウォークとかすごくやりやすい。オールド使ってる!っていう満足感もありますしw
残念なのは製造過程が現代の環境基準を満たさないという話もあって(需要も無さそうですし・・),現在は作られてないということ。
ハリィにとってはファーストナマズもファーストライギョもこの竿で獲ったので思い入れがあります。
その後は完全にナマズにシフトしていったので,パワー不足や折れたら大変という心配,さらにグリップの破損によって物置にしまいこんだままになっていました。


グリップの破損状況はこんな感じです。


作りが甘いっちゃ甘いんですが,なんせ古い物ですからねえ。中のグリップパイプが回転したせいでコルクがバリバリと裂けてしまいました。



デイナマ中に壊れ,そのときはどうしても夕方からも出撃したくて,安心のエポキシではなく手元にあったセメダインスーパーXで適当に補修しちゃったんですよねえ。
それが初めてのスーパーXだったんですが,無知でしたねえ。弾性接着剤ってものが全然分かっていませんでした。いつまでもゴムみたいに柔らかいんですよね,これ。
修理後数回使っても問題はなかったですが,どう考えても力のかかる部分の固定には向きません。後から分かって後悔しました・・いずれまたバリッと裂けちゃうと思いますので。


オフセットグリップはEVAでもかまいませんけど,さすがにオールドロッドにEVAは合いませんので,今回のコルク素材を流用します。
ついでにほんのちょっとグリップを伸ばしてバランサーも仕込んでしまおうと思います。


前置きが長くなりましたが,工作そのものはイージーです。古いコルクをばらしてチェックインするだけでいいはず・・です。


ちょっと力入れたら外れるかなー?と思いきや,けっこう接着が強くて,なかなか壊れません。
案外このままでも問題無い・・とも思いましたが,道具に不安抱えたまま釣りしたくないので,思いっきり力をこめてねじると,予定通りコルクの割れ部分が外れました。


残りのコルクをばらします。前回同様スプリットリングプライヤーを使ってむしり取っていきます。



中身はこんな感じです。



次に,グリップをあてがって様子をみます。グリップの切断面はヤスリでならしてあります。




バランスチェック。素でこんな感じ。



リールを付けた状態。



オモリ7号(26g)を仮バランサーにして。そんなにウェイト積むわけにもいかないので,まぁ・・こんなところで良しとします。





今回はウェイトを中に仕込みます。ただ,ナツメ形だとおさまりが悪いので



金づちでたたいて,上下をつぶしました。底の接着面が平らになって良さげです。

こいつにエポキシをたっぷりと塗って,内部にチェックイン!


このままだとパイプ内部にエポキシべっとりですし,接着がはずれて内部でマラカスみたいに鳴っても困るので,今回も登場,バックアップ材。


こいつもエポキシして底まで押し込んでウェイト固定の補助をさせます。ついでにパイプ内部のエポキシをぬぐいながら下に押しこむ計画です。
空気圧で反発されると困るので,バックアップ材の中心にはエア抜き孔を開けておきます。


コルク部分完成~・・・見た目には全然わかりませんけど^^;



あとはいつものとおり,タコ糸を巻いてエポキシし,ドライヤーで温めてチェックイン!



出来上がりはこんな感じです。



純正の倍近い長さにはなってるんですが,特に長いとは感じませんね~。


シングルグリップのコルクって全体的に細いんですけど,今回はひと回り太くなったので,すごく持ちやすくなりました。バランサーも入ってる感じがわかります。
使ってみたくてウズウズしますよ^^

ただ,ナマズ相手だとやはり折れが心配なので(たぶん大丈夫だとは思うんですが・・年代物ですしねえ・・)
様子を見ながらの出撃になりそうです。


※追伸:ナマズリンク巡回中に「おっ!」と思ったブログを見つけたので,一方的にリンクに追加させていただきました^^ 見逃しませんよ~~!(笑)
どうぞよろしくお願いいたします。
[ 2013/01/30 23:59 ] タックル | TB(0) | CM(2)

漫画カメラ、アップデート!

iPhoneアプリの漫画カメラが更新されて、すでに撮ったカメラロールの写真も漫画化できるように!

これは嬉しいです。

後付け加工できるのは助かる~


ドーン!



明日は工作とかできるといいなあ・・
[ 2013/01/30 00:35 ] その他 | TB(0) | CM(2)

サトちゃんは優秀なノイジー!?

週末にグリップを塗装するつもりでいましたが・・・
土日ともこんな天気ですから延期します。


さーて,こまったなぁ。ブログにするネタがないな~



お?君,いいカラダしてるね!ちょっと水辺で働いてみないかい?


「お,おいらのことかい?」



写真にするとなんか恥ずかしいポーズに思えてきます^^;
まー,こんな一体型の中空構造なわけです。


がらんどうのボディを埋めるために,コ式・ナ式を作った余りのバックアップ材を使います。


なんということでしょう!太さピッタリw



ウェイトに1号のナツメ重りを使い,重量が11.5g フックやらなんやら付けたら15gぐらいになるかな。



やわらか素材なのでステンレス線でそのまま貫通~♪



折り曲げてアイを作り,スレッドを適当に巻いて瞬間接着剤。



ラインアイとフックアイができました。
後から出てきますが,あらかじめ両端にアイを作ったものを差し込んだ方が楽でした。



ブレード用のアイを作ります。ウェイトと組み合わせてバックアップ材に差し込むのです。



スレッドはウェイト固定用に巻いただけです。ステンレス線は折り曲げて「カエシ」のようにして



下穴を開けたバックアップ材にパンドーを注入して,チェックイン!
魚と引っ張りっこするわけじゃないので,こんなんでいいでしょう。カエシが効いてて抜けてはきません。



バックアップ材にパンドーを塗り,ボディにチェックイン!挿入口はパンドーでまるっとシーリングします。



フックとブレードつけて15gぐらい,って読みどおり^^たぶん浮くとは思う・・んですけどねえ



パンドーが乾くまで,手持ちぶさただなぁ・・・おっ!仲間を発見w



ついでに,こんなのも発見w
(後日書ければ,と思うんですが,最近リサイクルショップ巡りを強化していますので,その際になんとなく購入したものですw)



ちょっとサトちゃんよりも固くて重い感じです。ノーウェイトでいけそうです。



服をハラリと脱がせまして(写真にするとやっぱ妙な感じがしますよ^^;)



足元はこんな感じ。サトちゃんと構造が違うのであります。
ん?頭外してるのがかわいそう?・・・アソパソマソなんて幼児番組で毎回生首すっとばしてますぜ?それよりかソフトだと思うのですよ(笑)



と,ここで作業中に発見!なんとオスのコロちゃんのほうが顔が大きいのです!
知らなかったなぁ・・大きさ=浮力に直結しますから,これはコロちゃんにチェンジです。



両側にアイを作ったステンレス線をコロちゃんの頭頂部から後頭部に抜けるように加工します。



もう,ボディは超適当w 両足にペラつけてダブルスイッシャーーー!!www
強度とかあんまり気にしてません。こいつで何匹も釣るようなことは考えてませんし,使うかどうかも・・w



はい,完成!w アイまわりもパンドーでシーリングしました。



ぶっさけ,サトちゃんのほうが出来がいいですね。この耳の形状が思わぬスプラッシュを出しそうじゃないですかw どう考えてもルアー向きな感じですよ?サトちゃんはガチで使ってみたいですね~。



ランドセルみたいにフックを背負っています。フッキング形状の関係でサトちゃんはトレブルを使っています。



おっと,忘れてました。コロちゃんに服を着せますよ。このためにフックアイを後頭部に持っていったのですw



と,この作業中にウチのやつがきて「何バカなことやってんの!サトちゃんがかわいそう><」とあれやこれや言われましたが・・まぁ・・確かに反論はできませんね^^;


ただ,コロちゃんはけっこう前から工作してみたいと思っていました。ライギョやってるときに「フロッグルアー」と言い張って工作してみようかというネタだったんですけどねー。

もう一個狙っているのは,手元のポンプを押すと跳ねる「ぴょんぴょんカエル」のおもちゃ。
あれも正式名称「コロちゃん」じゃなかったっけ?違ったかなぁ・・

------------------------------------------------------------------------------------------

そんなおバカな工作をやっている当ブログなんですが,先日,瞬間最大記録ながら・・

ナマズリンクでOUTカウントで1位になってしまいましたww
特に広告貼ったりもしてませんので,何も特典はないんですけど,ちょっとびっくりしちゃいました。
いつもご覧いただいている皆様に感謝しきりです。ありがとうございます!


次回はたぶん真面目な工作をやるつもりです。マグネットブレーキ工作も放置しっぱなしなんですが,いま一つ気が向かないのです。たぶん寒いからだと思います(汗)
[ 2013/01/27 18:47 ] ルアーとか | TB(0) | CM(2)

グリップ工作の続きとルアーの浮きチェック!

まずはロックリムーバーの通販についての訂正。
ショッピングカテゴリでだけサーチしていて,販売がなかなか見つけられなかったのですが,ストレートにググッたら「ペイントシティ」さんという塗料のオンライン販売のお店で1本単位で売っていましたw
思い込みでサーチせずにちゃんと探すべきでした><

ただ,送料が重さじゃなくて購入金額で一律になっているので,ロックリムーバー1本だけ買うと送料等でほぼ倍の値段になってしまいます。

ふくすけさんに情報をいただいた(本当にありがとうございます!)ロックのHPに載っている取扱店で購入するのがベターなようです。

ハリィは板金屋の後輩に聞いてみたところ,出入りの業者さんに頼んでくれることになったので,近日中には入手できそうです^^

さて。昨日から作業をしているグリップですが,新うるし塗料うすめ液に一晩漬け込んでおきましたが,まっっったく変化無しでした><
そこで素直にシンナーを買ってきて漬け込んだんですがこれまた効果無し。んーーーむ。

※塗料はがし剤の説明書きを読んだら,寒いと極端に効果が落ちるみたいで,20℃前後が理想的らしい・・です。部屋の中で作業するわけにはいかないのでちょっと無理><

しかーし,本来の塗装目的であるDIYは週末の予定。グリップの都合でずらすわけにもいかず・・・仕方ないのでワイヤブラシと耐水ペーパーで地道に削りました。




まぁ,細かいところ残ってますけど,こんだけ落ちないぐらいなら凹凸さえなければ,上塗りしちゃいますよ。
そもそもがそーんなに吟味するような素材じゃないですし(手抜き)


リールの取り付け部にガタがあったので,ちょっと削って調整しました。
バンタム300がカッチリと固定されましたよ^^

完成予定がこんなイメージです。塗装はまさかの赤になるんですが,けっこう期待値が高まってきましたよ!


-----------------------------------------------------------------------------

次に,ちょっと気になっていたのでルアーの浮き角度を検証します。


ベビートーピード(ノーマル)けっこうな立ち角度です。



マグナムトーピード(ノーマル)水平浮きに近いですね。



ティーニートーピード(ノーマル)かなり前から持っているのですが,初めて水に浮かべました(笑)
どこで使おうかな・・・^^;


残念ながら,タイニートーピードは持っていません><
明らかにベビーとマグナムで浮き方が違いますので,動きは違うでしょうねー。春が楽しみです!


おまけでバルサ50のスマートアレックJr(ノーマル)です。これも未使用なんですよね~。




ヘドンのサーフェイス210(ノーマル)・・・シャンプーハットが厚めでちょっと重いんでしょうね。
水平浮きですけど若干前のめりです。フックがかなり大きいので,ベリーフックの番手を下げるのもアリかも。



ベビーザラのシャンプーハット仕様です。浮き方も本家に似てるんじゃないでしょうか?
角度調整でリアフックは1サイズ大きいのを付けているんですが,ベリーと揃えたら若干前のめりでそっくりになります。個人的にはニンマリ満足ですよw



ベビーザラのシャンプーハット仕様プロペラ付き。リアが下がりつつ浮力がけっこうギリギリです。
どんな感じになるんでしょうねえ~使ってみてのお楽しみです!
[ 2013/01/24 22:10 ] ルアーとか | TB(0) | CM(0)

軽めの工作など

中断していたオフセットグリップの工作に着手しました。
元は茶色の塗装がされていたメーカー不明なハンドルを格安で入手していたのですが

(この写真の下のほうのハンドルです。上の改造前のゼニスグリップが懐かしいw)
fc2blog_20120714203410591.jpg

トリガーの先端とかの塗装がはげていて,いつか再塗装しようと思っていました。

塗装するなら2液型ウレタン!と決めていたのですが,スプレーガンとか持っていないのでイサムのエアーウレタンスプレーを使うことになり,このグリップのためだけに1本1500円以上するスプレーを買うのは高いし,塗料も余りまくります。
そのため,他に塗装するものが出てきたときにまとめてやろう,と機会をうかがっていました。

そんな折,釣りとは別のDIYでエアーウレタンが必要になりましたので,塗装するチャンスができた,というわけです。

そこで,まずは塗装をはがします。

本当はふくすけさんが実践していらっしゃる「エポキシの剥離剤」のロックリムーバーを使いたくて,前からかなり探しているのですが,この辺の店やホームセンターごときではぜんぜん売ってません>< 困ったもんです。薬が強力すぎるからなんでしょうか?
そもそもホームセンターだとロックじゃなくてニッペとかがほとんどですし。
通販だと楽天ショッピングに1か所だけ,しかも3本セット。といっても3本は多いんですよねぇ・・さらに楽天って買ったことないしなぁ。

1/24追記:ロックリムーバーの通販についての訂正。
ショッピングカテゴリでだけサーチしていて,販売がなかなか見つけられなかったのですが,ストレートにググッたら「ペイントシティ」さんという塗料のオンライン販売のお店で1本単位で売っていましたw
思い込みでサーチせずにちゃんと探すべきでした><



暖かくなるまでに,ナマズ用ロッドを切らずに全バラシしてリメイクする予定がありますので,それまでには何としても入手しないとなんですが・・・板金屋の後輩に手配してみるかな。もしかしたら小瓶に1つくらい分けてくれるかもしれないし^^;


とりあえず手持ちで残っていたニッペの塗装はがしとグリップをビニール袋に入れて3日ほど放置,そしてちょっとブラシでこすりました。


ぱっと見かなり落ちたように見えるんですが


実際にはダメダメです。塗装はがしが弱いんですが,思ったより元の塗装強かったなぁと感心。



リール固定の金具。これは全くこすったりしてないんですがきれいに落ちました。
金色なのでブラスなんでしょうか。素材でだいぶ違いますねえ。



こういう細かいところは,手作業ではなく何としてもケミカルで落としたいところ・・。



塗装はがしよりもシンナードブ漬けとかのほうが効きそうですが,手持ちがありません。

・・・と,素材をあさっていたらそれっぽいのを見つけました。新うるし塗料のうすめ液。成分みたらアセトン20%とその他溶剤。ん~~。効くかどうか不明ですが,新うるし塗料を使うことは2度と無いと断言できるので→最低の塗料,新うるし 使い道のないうすめ液に漬けこんでみます。ダメだったらシンナー買ってきます。


工作再開を加速させたのが,こちらの素材。

先日のフェンウィック・クラシックグラスの残りです。

コルクはきれいですし,内径φ13mmのパイプですから,今回のグリップを差し込むのも容易です。
これをリサイクルしたらポン付けで完成です。



本当はウッドガングリップに仕立てる計画もあったのですが,非力なハリィ(汗)にはシングルグリップは使いにくいのでセミダブルくらいのあったほうが好みです。もっと言えば,ナマズ用ロッドをあと2本ほど仕立てることにしましたので,サブのセミダブルグリップも欲しくなってきたのですよねぇ~。


もういっちょチマっと工作。
今年のナマズ戦開幕投手のマグトーとフライ用のフェザーとスレッドです。



リアフックにフェザーを取り付けます。思った以上に柔らかい素材で,ちょっと思惑と違ったのですが
羽根の先端の方を使って,スレッドで巻き付けました。後でエポキシします。


よく,ナマズのフッキング向上チューンとして「タコベイト」をリアフックにかぶせるチューンが紹介されているんですけど,あれって単にタコベイトに食いついてるわけじゃなく,フックを抵抗浮力で浮かせて吸い込みを良くしてるんじゃないか,とハリィは考えているのです。(過去記事1過去記事2
真相はナマズに聞かないとわかりませんけど,可能性にはチャレンジしておきたいナ,と。


フックを交換したくなったら,フェザーを切り外さないといけませんが・・まぁ,そんときはまた工作しますし。

想定外だったのは,素材の都合で羽根3枚を要したこと。冬の間に主力ルアーには全て同じ工作を加えるつもりなんですが,素材が足りないです>< もっと言えばもーちょいハリのある羽根でもいい・・。


ひらめきました!ハリィの友達に狩猟やってるのがいました。さっそく電話して,カモの羽根が欲しい!と言ったらなんぼでも持って行け,とのこと。普通は捨てちゃいますからねw


(ちょっと今日は引用が多くなりました。リンクさせていただいているふくすけさんに感謝いたします)
[ 2013/01/23 21:50 ] タックル | TB(0) | CM(2)

サンリバーさんへ緊急買い出し

週末にサンリバーさんのブログを巡回していると,ドーンとお得な情報が掲載されていました。
「廃番カラーのベビートーピード他をワンコインセール」

何ですと~!これはゲットしに行かなければいけません。

まぁ,今までマグトーこそ至上!という5/8oz原理主義(?)で動いておりましたので,ベビートーピードは小さい!と決めつけて,全く入手してこなかったんですが,よくよく考えればベビトーは3/8ozなので,全然投げられない軽さじゃぁないんですよね。

しかも,45°に近いほどの斜め浮き(当然ヘドンなので個体差有り!)で,マグトーとはまた違ったアクションになるようです。むしろ世の中ではサイズ的にベビトーのほうが人気らしいとも・・w

ちょうどそんなことを考えて,ベビトーに興味湧いていたところだったので,これはもうベストタイミング。
買いに行くしかないでしょ!


で,買ってきたのがコチラ


ベビートーピード×4,タイニークレイジークローラー×2,マグナムトーピード×1,クレイジークローラー×1が500円均一!!
正直もっと欲しかったのですが,今日はとりあえずこれぐらいでw
あとはステンレスカップとタイイングマテリアルのフェザー。このフェザーは後日の工作ネタに使う予定です。


ペラはこんな感じです。



ハリィはいつも店長さんに声をかけてみようと思いつつも,トップ初心者かつ格安タックルしか使って無いものですから,おそれ多くて遠慮していたのですが,今日は店内にハリィ一人だったので思い切って

「ブログ見て,急いで買いに来ました!」と言ったところ,「いやぁ,いっぱいありますから大丈夫ですよwありがとうございます」という話から,いろんなお話につながり,楽しいひとときを過ごさせていただきました。
造詣深いお話は楽しくもあり,ワクワクし,店長さんが交流のある超有名なナマズ用ロッドの開発者の方のお話なんて「!!!」という衝撃でした。残念ながらシークレットを含むので掲載は控えますが,あー!ハリィの求めてるナマズ用ロッドの方向性は間違ってなかったなぁ・・と及ばずながらもめちゃくちゃうれしくなりました。

-------------------------------------------------------------------

とりあえずルアーのウェイトをチェックしてみましょう。

ベビートーピードが8.5g(カタログでは9g)
ハリィの計測誤差もあるでしょうから9g(3/8oz弱)でビンゴですね。
フック交換とかしていくと変わってくるでしょうけれども,オリジナルのアクションを知った後にしたいところ。
入魂まではバーブつぶす以外ノーマルで使用しますよ。



マグナムトーピードが16.2g(5/8oz弱)今まで黒って持ってなかったので,欲しかったんですよね。
水中からシルエットが最も強く見えるはずですから,明暗しか分からないとされるナマズにももしかしたら・・?



タイニークレイジークローラーが7gでカタログ通り。
これもただのダウンサイズモデルではなくて,アクションがよりキビキビとしてて別な感覚らしいです。
楽しみですねぇ・・愛機,チューニングしたバンタム100ならば7gでもたぶんいけるでしょ。
これもノーマルで使った後にいじりますが,けっこう浮力強いらしいのでウェイトを追加するのもアリかな。



クレイジークローラーが16gで,マグトーと同じで実にヘドンな重さです。
赤/白は去年ぶつけて割っちゃったのをリストアしましたが,ノーマルも補充しておきたかったのです。
もう一個買っておいてもよかったかな・・なかなかこの辺では売ってないので>< 次回買おうっと。




そして,釣り談義の前に「おまけ差し上げます」と奥の方から値札のついてない一品をサービスでいただきました。本当にありがとうございます。大感激です。


このルアーについてのあれこれは次回にでも書こうかな。サイズ違いのベビーザラモデルを買うかどうかしばし迷ったんですよねえ・・・。


(【注意!】たぶん,初売りで時間を間違えて閉店間際に駆け込んで,店内を巡回する間もなく買い物して出て行ったハリィを何となく憶えていてくださってのご厚意かと思います・・・ので,当ブログを読んだからといって「オレも買い物したからおまけくれ」などと無茶なクレームをつけたりしないようにくれぐれもお願いしますね!)


しかしまぁ・・また一気にルアー増やしちゃったなぁ^^; 在庫も含め,使いきれ・・ないですね,確実にw
[ 2013/01/21 20:39 ] ルアーとか | TB(0) | CM(3)

いただきスイッシャーのカスタム

昨年秋にHIACEさんに「ナマズ用に」といただいたダブルスイッシャー。



ハンドメイドなんでしょうか。手書きで銘が入っていますが詳細はわかりません><



ちょっとリアペラが錆びていたりしつつ,やたら回転が悪いのです。



ボス付きペラなのに何でだろう?と思ったら,どうやらヒートンの端がぶつかっているようです。
これはステンレスカップをかぶせたほうがいいですねぇ。



ペンチでつかんでぐるぐる回してヒートンを抜きます。



リアのバラシ完了。



こないだフィッシャーマンにAP-4のペラが補充されてたので買っておいたもの。
これと換装してもいいっちゃいいんですが・・・デザイン的にパスかなw
手持ちのボス付きペラは左回転用でしたので,今回付けたい右回転用とは換装できません^^;



フックを交換するために,純正のトレブルはペンチで折り取ります。


持ち替えて2~3回折り曲げたらパキーンと折れました。


ステンレスカップをかませて,フックはダブルに交換。回転は快調です。



予定工程はここまでだったんですが,眺めているうちに何となくベリーフックが後ろ寄りな気がしてきました。



よし,前に移動! ウッド製なのでどこにでも挿せますし。


移動完了。ハリィはいつもベリーフック,しかも前寄りのフッキング実績が高いので,思い切って前に付けました。
これでも針先はボディ中央付近に来ますし,問題ありません!




ここで,古参ルアーと今回カスタムしたルアーの会話が聞こえてきますよ・・。


「ほう,カスタム完了ですな。実にオーソドックスにまとまってますのぅ」

『ありがとうございます!』

「ただ,残念なのは数回使われたら,アンタ・・3軍送りじゃな」

『えっ!どうしてですか!!!??』

「いただきものルアーということで,入魂するまでは目をかけてもらえるじゃろうが・・ブログに入魂報告書いたら,それでお役御免になるってことじゃよ」

『そんな・・そんなはずはないと思うんですが!!』

「考えてもみぃ・・信頼と実績のマグナムトーピード,ど定番のジッター,寵愛のホッツィートッツィー,新興勢力のシャンプーハット部隊,あとはヘドンを中心にアメルア類・・・それだけで今やアムコのストックボックスに入りきらない数になっておるというのに,綺羅星のようなライバルの中でお前さんが生き残れるとでも・・?」

『もっ・・物置送りは嫌です!!なにか手は無いでしょうか!お願いします』

「そうじゃのう・・お前さんにしかないアピールポイントでもあれば・・あるいは使ってもらえるかもしれんのぅ」



と,ハリィには珍しく小芝居を入れながら(笑)・・でもある意味本当の話で,何かストロングポイントを持たせた味付けが欲しいところです。



そこで,前よりにしたフックのおかげで空いたボディ後部をカスタマイズ!

まさかの薄型コロラドブレード装着ですwwww
一応,フックにもペラにも干渉しない位置,サイズにしてあります。
極小サルカンをかませているので,ブレードはペラのように回転します。



ヘソのように残った穴にはパンドーを塗った爪楊枝を押しこんで,根元でカットして埋めました。


実にうるさそうなルアーの完成ですよw こいつには存分に1軍で働いてもらいます^^


「うーむ・・ちょっとフロントヘヴィになってやせんかのぅ?」・・ま,たぶん大丈夫でしょ。
[ 2013/01/20 21:24 ] ルアーとか | TB(0) | CM(2)

図らずもライギョ用ロッドを入手・・・

先日ポチった竿が早速届きました。

こちらのロッドです

ム,なんか見たことあるぞ?と思った方はスルドイです。
以前にも1度買った「フェンウィック・クラシックグラス7ftMH」です。


前に買ったのはナマズ駆け出しの頃ににくくんへの贈答用に買ったので,手元には無く
あのフェンウィックのフェングラス!という印象が強く刻まれたまま,いつか自分用にほしいな~と思っていたのです。前に買ったときの倍の値段を支払いつつ・・><

買った当時の自分の記事を参考にしながら(!)ほほー案外柔らかいのね,などと思いつつ買ってみたんですが・・



過去記事に訂正入れようと思います。あの当時のインプレは我ながらマズイ・・!

ぶっとい!重い!重い!重い! しかもインプレよりかなり硬い・・・ぞ?(汗)うそつき!自分;;;;
駆けだしの頃だったからなあ・・全然分かってませんね。


竿先もごんぶとですよ?最近はロックで軽いグリスレクスターばっか触ってましたから,ことさらに重く感じます。

いかんです。あこがれてた思いが一気に冷え込んできましたよ・・うわぁああん。買わなきゃよかっtt


にくくんが「あの竿重いっす!」って言うのを「んなわけねーだろ!」なんて答えてましたが,確かに重いねこれ・・

185gという重量はともかく,先重り感が半端ない!
竿単体で握って振ってみると,トリガーにかけた人差し指にガーーンと衝撃がきます。


リール付けると多少改善はしますが,これはグリップにバランサー仕込まないといかんですね~。

一応,グリップエンドに30gほどのオモリを仮付けしてみたら,だいぶ扱いやすくなりました。
これ,グリップがかなり軽量に作られてるのが裏目に出ています。非常にバランスが悪い。


ナマズ用に考えると,硬めのアクションは良いとしても,重いと使うのがたぶん億劫になります。
なにせハリィには対ナマズ戦不動のエース,VIPクラシックがありますから。


うーむ・・もう少し柔らかく軽いサオな記憶だったんですが,ちょっと違ったなぁ・・
はっきり言って80cmの鯉だって不足無くやれちゃいそうですよ?
むしろ鯉のメインタックルにするのも手かなぁ・・太い竿先とグラスの粘りは安心できますし。

上:モンスタークイーン  中:VIP  下:フェン・クラシックグラス


竿先をそろえて長さの比較


モンスタークイーン(ブランク+フェルール)約108g


VIP(ブランク+フェルール)約81g


バット比較・・・フェンのがはるかに太い・・w


正直・・即売却も頭をよぎりました。求めてたのと違いましたし。
だけど,出品とかぶっさけ面倒臭い(笑) たぶん黄色いお店に出しても二束三文でしょうし。

しかしまあ,品物は美品だし,飾りも色もかっこいいのです。
さらに,今年のナマズ戦では「世の中に逆らって硬めの竿でフッキングを検証してみる」のをテーマにしていますので,硬めのアクションそのものは納得しているハリィなのです。


えーーい!手元に来たのも何かの縁!やっちまいますよ!ww


検討の末,フォアグリップ直下で切り落とし。





ブランクのみで98g(なんか画像潰れちゃってます><)



コルクとツライチになるように末端を削ります。



まさかの内径13.5mm どんだけ太いのよ・・w



φ12mmのアルミパイプをさや管に使います。φ9.5mmのステンパイプだけではスカスカすぎるのです。


ステンパイプも切りました。


余談ですが,先日作成したクーリースピンのバット印籠部分。かなり長いカーボンパイプで印籠にしたのですが,あれは失敗でした。車の内輪差みたいなもんで,長すぎると曲げた時に生じるズレに接着部が追従しきれなくなる可能性があります。できたてのクーリースピンを曲げてみたら,ピシッ!と接着部が音を立ててました。
意地になって全方向に負荷をかけまくってたら音がしなくなりましたが,ほどほどの長さにしておいたほうがよさそうです。


φ9.5mmのステンパイプにはスレッドを巻き付け,エポキシして温めてアルミパイプに挿入。


(毎回おなじみの作業なのでちょっと省略気味にいきますw)

さや管のアルミパイプにはタコ糸で。あとはエポキシしてチェックイン!



出来上がりはこんな感じに。



なんでフォアグリップのコルクを残してたかというとですね・・・


ナマズ用のグラスアイグリップ改セミダブル仕様に合わせると
(まだナマズ用に使うのを完全にあきらめたわけじゃないんですw)



差し込み部のコルクといい感じに一体感出るんですよw
フォアグリップ握ってのやりとりも可能になるかなーと。



ゼニスドライバーには合わないんですが・・まぁ本人が気にしなければOKですし。



で,ブランク+フェルールの重量が126g!モンスタークイーンより20g重い(汗)



と,モンスタークイーン見て思い出したのが,モンスター~のはフェルール部強化のためにφ9.5mmのパイプの内側にさらに一回り細いステンパイプ入れてあったこと。
ここまできたら多少重くなっても構いません。同じ構造にします。



これで一通り作業終了なんですが,グリップエンドにバランサー仕込んであるゼニスドライバーに合わせるととても持ちやすいです。ただ,ライギョ用を想定して長くしてあるグリップが,ナマズ用の気軽な取りまわしとは違う感じになっちゃいます。


作っちゃってから用途を考えるのもアホな話なんですが,オープン~ライトカバーだったらライギョ用に使ってもむしろ面白いかもしれません。
モンスタークイーンよりも柔らかく,若干胴にかかる調子ではあるんですが,そう簡単に折れるようなシロモノではありませんし。
あとは鯉狙いですかねぇ。車内にVIPと一緒にスタンバイしておいて,鯉やるときにさっと取り出せるようにしておけば活路はあるかなぁ。


でも,あらためて比べてみると,思ってたよりもVIPのバットは強かったです。
欲しかったのはちょっと強めで少し長いナマズ用ロッド,だったんですが・・強さもアクションもVIPで満足できるなぁ。
長さは今のVIP(元は6ftジャスト)は飾り巻きを手元に置きたくてフォアグリップより前で切り落としているんですが,別なVIP,できれば6.6ftを入手し,グリップをばらして切り落とせば,計7ftオーバーのVIPに仕立てられるかな。

うーん・・・今回の竿を買わずに別の竿を買っていれば・・・という後悔もかなりあるのですが,あこがれちゃってた竿ですし,いずれは買っていたに違いない。鯉・ライギョ用に活かしていきましょ。

-------------------------------------------------------------------------

えーと。にくくんにアドバイスとしては・・ナマズは今ロックで使ってる柔らかめのモスバックが合うかもしれません。おいらのメイン漁場・水路は足場が高いので7ftはむしろ重宝することでしょう。

で,このフェンウィックの竿は行方不明中のライギョロッドが見つかるまで,ライギョに使うのが良いんじゃないかな?初期のライトカバーであれば,十分にいけるパワーですよこれ。

良かったじゃん!これで今シーズンはハリィと一緒にライギョ打てますよ!?wwwおめでとうwww

むしろ2人でフェングラス担いでライギョ打ちにいくのも,ブログのネタ的にはアリです!渋いじゃん(笑)
[ 2013/01/19 16:13 ] タックル | TB(0) | CM(2)

リンクのお知らせです

新しく相互リンクをいただいたのでお知らせです!
読んだ瞬間に,釣りの路線に思わずドーーン!と共感してしまいました。

焼津ルアー釣り野郎 さんです!

まず,写真が秀逸!(ダダ星人が多々出現w)文章もとっても楽しい感じです^^
ハリィの好きな「ちょい古」タックルを安く,工作をまじえながらの内容になっていますので,ぜひチェックしてみてください。



おいらの記事の方は,ポチった竿が到着したら・・になる予定です!
明日届いたら,工作に最高なんですけどねえ(笑)
[ 2013/01/17 20:51 ] その他 | TB(0) | CM(0)

アイコン作って,竿をポチっと

冬になってからは海に行くことが増え,本業(?)の水面釣り以外の内容が多くなっていますので
タイトル画像にアイコンを追加しようかな,と思い立ってイキオイで作成しました。

こちらができたてのアイコン
smallsalt1.png

いちおう海でもできる限りトップで狙えるものは狙っていくのですが,海でやる以上はむしろオールレンジで楽しまないと逆にもったいない・・。

うーーん・・。ブログの看板はトップウォーターですから,ちょっとアイコンがそぐわないかなぁ。

まぁアイコン貼ろうが貼るまいが,海で釣る時はたぶん普通に出撃するんですけどね(笑)

そう考えるとわざわざ看板に掲げなくてもいいかなぁ,などと迷い中。今日のところはとりあえず保留しておきましょう。



そんなことはさておき。

またしても・・うっかり,竿をポチっちゃいましたよwwww

うっかりとはいいながら,去年の夏から探して目を付けつつも,ちょーっとお値段が気に入らなくてポチらずにいたのですが・・・
当初より1000円ほど値下がりした上に,売れちゃっても悔しいので黄金の左クリック炸裂!!

ランカーナマズ用ロッド(の予定)です。今シーズンは・・デカイの獲りますよ!!そのためにちょっと強めの竿もスタンバイします。(今使ってるのでももちろん獲れますけど,高台でのぶっこ抜きは無理っぽいので)

と,ポチった後に巡回していると,なんと!おいらが昨年からオフセットグリップ仕様に改造して愛用している
グラスロッド「ダイワVIPクラシック6.6ft(M)」の1ランク硬いMHアクションのが販売されてました。

しかもグリップに大きな破損があってお安く・・!おいらはどうせグリップ切っちゃうので不要ですから,むしろ好都合!!ナマズ用に今のVIPクラシック使ってて満足してますので,パワー違いの一本もあったらいいかなぁと,当然思うわけです。でも今月のお小遣いはポチった竿でおしまいだしなあ・・


ん~!・・・迷う!しかし今回ポチった竿で十分にイケるから・・不要っちゃ不要なんですが・・・ちょっと欲しいかもw

本当に買う気満々だったらブログに書いたりせずに虎視眈眈と狙いますけど,まぁ・・売れちゃったらあきらめつくので,あえて書いちゃいますよ。黄色いお店ネットですよ(笑)

(すでに売れてて在庫無かったぞ!って時にはゴメンナサイ! まず即売れしない状態だとは思いますが・・)
[ 2013/01/16 20:50 ] その他 | TB(0) | CM(2)

ナマズ用シャンプーハット達

先日買ってきたベビーザラにシャンプーハットを取り付けます。
まずは黒のベビーザラに。黒ベースには金色が似合いそうですので金色のを使います。



ステンレス線の切れっぱしを赤くなるまでライターであぶり



ルアーの脳天にぶっさしますw 穴をあける位置は確認済です。



ネジ留めして固定。ネジ穴がちょっと細かったので,ハットの穴ごと棒やすりの先端で穴を広げています。



ここでテールにペラを追加しようと作業していたのですが,アクシデント発生!
ヒートンがねじ切れてしまいました;;;;ガーン。きつくて入らないネジを無理やり力こめたのが原因。
たぶん,後部にウェイトか何か入っているのかな・・・



しばらく考えて・・カッターで削ってネジの頭を出すことにしました。



思ったより柔らかかったので,輪切りにして加工していきます。



ネジの頭をペンチでつかんで回し抜きます。・・抜けてほっとしましたw



切っちゃったの分の保護を含めてステンレスカップでカバーすることにします。



このあと,ステンヒートンでいろいろ試行錯誤していたらネジ穴がゆるくなってしまいました。

どうやっても長いヒートンが入っていかなくて何度も抜き差ししてしまったのです。


そのため,ヒートンでフックを固定するのは強度に不安が出たので,ベリーフックと同じくステンレス金具を使ってフックを取り付けます。リアヒートンの穴に金具をネジ止めしました。ネジは少し径の太いものを使ったのでガタつきはありません。



アクシデントの解決に1時間以上費やしましたが,おかげでアイディアも浮かびました。
別なベビーザラのテールもフックは取り付け金具を利用し,リアヒートンにはコロラドブレードを装着!
アピール力がアップしたルアーになりますよ・・・w



別なベビーザラにはペラを取り付けます。プロペラ大好きですからね~。



今日4つ追加して,合計7個になったシャンプーハット部隊です。
今シーズンの対ナマズ用メインウェポンにする予定の面々です。もちろんジッターとかスイッシャーとかも使いますけどね^^


コイに使うつもりのベビーザラまで加工しちゃったので,ベビーザラまた買ってこなくちゃないな~。
[ 2013/01/12 22:07 ] ルアーとか | TB(0) | CM(0)

メバルロッドへの改造その2

昨日の接ぎ木ブランクは無事接着されていましたので,さっそくバランサーの装着に入ります。


まずはノーマルでの重心を見ます。ちょうど接ぎ木部分に来るぐらいです。
ホーネットのグリップは純正のグリップよりも長く,重量も増していますのでオリジナルよりはかなり手元に
バランスが来ました。



とりあえず仮にリールを付けてみます。もう少し重心を後ろにしたいところ。



ウェイトには口径がちょうど良かったので,バレットシンカー1/2ozを使います。
なんだか座薬でも挿しこむ図ですが・・^^;いろいろ試してみて,ウェイト2個,1ozで行くことに。



グリップエンドにはクーリースピンのパーツを再利用します。



エポキシで接着して完了!



で,バランサー装着の効果なんですが・・・有り無しで全然違います。
元が軽いのでフロントヘビーと言っても大したことないだろうと感じていたのですが,バランサーとリールを付けた状態で持つと,持った感じがすごく軽いのです。
もちろん実際には1oz分重くなっているんですけれども,感触がまるっきり軽いんですよね。
エアートゥイッチ(笑)してみても,操作感が断然良いのです。

1oz重くなるっていってもライギョタックルとかに比べたらそもそもが軽いですから,問題無いですw
ほぼ費用かかっていませんが,なんとか工作した甲斐があったというものです^^


あとは継ぎ部分にスレッドを巻きました。光が当たるとグリーンになるブランクに合わせて,モスグリーンのスレッドにしました。
手元側の金色のスレッドはホーネットのもともとのスレッドなんですが,ここは段差なくすっきりと巻けたので違和感がありません。手先側の段差はまだ残りますが,いったんスレッド全体を薄くコーティングしたあとに再修正していきたいと思います。



とりあえずこれで工作終了です。なかなか具合が良いので,安上がりタックルですけどけっこう気に入っちゃいましたw

入魂がいつになるかは不明ですけど・・・備えあればなんとやら。スタンバイOK!
[ 2013/01/09 22:52 ] タックル | TB(0) | CM(2)

メバル用ロッドへの改造その1

先日買ったコータックのトラウトロッドはベイト用に改造する,と書き残して年を越してしまったのですが・・
結局はスピニング用としてメバル向けに改造することにしました。

今日,仕事帰りに黄色いお店に行ってきまして,リールコーナーでぼっろぼろに傷ついたスコーピオンを何気なく手にとってスプール回してみたんですが・・・
もう,何これ!?ってイキオイで音もなくシューーーン!と回り続けるじゃないですか。スプールも最初っから軽量感ありありですし。
もちろん,フリースプールの高回転=実釣性能でないことは百も承知ではありますが,メバル・トラウト用にアブ1500Cをカスタムしまくったとしても,生半可な改造費では,おそらく手にしたボロボロのリールと同等の回転を得るのは至難・・。そして,ハリィがメインでやりたい釣りはトップウォーターでフルプラグ(または古プラグ)を投げることですから,いわゆるベイトフィネス方向にリソースを割いてもなぁ・・ということで,素直にメバルはスピニングでいきましょう,と。
もちろん数千円でボロボロの今時の中古を買うって選択肢もあるっちゃあるんですが,それもまた好みの方向性が違うのです。オフセットグリップにスコーピオンやらアンタレスやらを装着・・ちょっと無いですね^^;


さて,そんなわけでクーリースピンULをメバル用に改造していきますよ。

まずは最大の弱点である簡易なリング式のリールシートをどうにかせんといけません。
さらに,シングルハンドの短いグリップじゃなく,もう少し長いグリップに換装しつつ,グリップエンドにバランサーを仕込んでいきたいのです。
もっと言えば可能な限り安価に仕立てたいw


取り出したるは,アブのホーネットのワンピース・スピニングモデルのグリップ。
相当昔に折れ竿ジャンクを譲り受けたものです。
もう,真っ黒のドロドロですね^^;



もう捨ててもいいのよ,的な扱いですからしくじっても惜しくない。800番のペーパーでガンガンこすります。



削った後は毛羽立たないキムワイプを湿らせて拭き取っていきます。
ぬるま湯と中性洗剤を薄く混ぜたものを含ませました。汚れと粉がどんどん落ちていきます。



写真では分かりにくいですが,クーリースピンのきれいなコルクと見比べても,まぁ我慢できるレベルになりました。
コルクの目抜けは仕方ありません。この先もっと見苦しくなったらパテで埋めるか・・あるいは熱収縮チューブかぶせちゃうかな・・ぐらいの扱いです。



真っ黒だったビフォーよりかはだいぶマシかと。



さ,クーリースピンのグリップばらしちゃいますよ。


カッターで削りながらやってみたんですが,なかなか手間です。
切りにくいしブランクに傷つけたら大変ですし。



そこで,作戦変更。ペンチでむしり取ります。手近にあったスプリットリングプライヤーを使ったのですが
これが大正解。先端の突起がコルクに食い込んで非常に具合が良い。一気に作業が進みます。



ブランクには布の粘着テープが巻いてあって,その上にコルクが接着されていました。
これがコアテープってやつなのかな?なるほどなるほど。



ざっくりとコルクをはぎとって,グリップにあてがってみました。ブランクが細いのでゆるゆるです。
こりゃータコ糸アーバー巻きまくりか・・・と思った瞬間,ひらめいちゃいました!


ホーネットのもともとのブランク(ガイドを外した上に,塗装は水研ぎして剥がし,しごき塗り実験に供用・・)
の差し込み部が活かせるんじゃない?抜き差し自由だし,寸法ももちろんぴったり。



とりあえずホーネットのブランク,バット部分にクーリースピンのブランクを差し込もうと思ったんですが,
残念ながら寸法的に入りませんでした。印籠継ぎで行くしかありません
そこで,クーリースピンは塗装部分ぎりぎりで切り落とし(結果的にコルク剥き作業は不要だった・・・)



ホーネットのブランクの中間部分で,クーリースピンのブランクにぴったりと差し込めるテーパーの部分を切り落して継ぎ部品にします。
強度がほしかったのでかなり長めの継ぎ手にしました。



これで,ホーネットのグリップに脱着可能になったほか



ほぼ寸法が9mmなので,グラスアイグリップ他,手持ちのオフセットグリップにも装着可能です。
どうしてもベイトで使いたくなったら,ガイドはスピニングのままでもとりあえず使用できます^^
もしベイトがメインになったらガイド交換しちゃえばOK!・・という2面性を確保(笑)



まずはクーリースピン側に印籠部分を差し込み。寸法ぴったりまで押し込むのでエポキシを塗って挿すだけ。
少し挿しては戻してを繰り返して十分にエポキシを回しながら挿入。挿しきったら余分なエポキシは拭きとります。



次に,ホーネットのブランク側にも挿しこんで接着します。こちらはアーバーとしてPEラインを巻きます。
太さ的にこれがちょうどでした。たっぷりとエポキシを塗って,ドライヤーで十分に温めてからゆっくりと挿入。
挿しこんだ後,隙間が無いせいでパイプ内の空気圧が上がり何度か印籠が押し戻されたりしましたが,じっくりと
押さえこんで圧をかけていったところ,落ち着きました。



とりあえずブランクの加工は完成~!行き当たりばったりな工作でしたが,結果的に
「アブ・ホーネット接ぎ木式クーリースピンUL」という仕様になりました。まー,印籠とかせずに
素直に挿入接着でも良かったんですが,いざとなったらオフセットグリップにも挿せるってのはハリィ的に非常に大きなメリットなのです。
継ぎ目にはちょっと段差があるので,後でスレッド巻いてエポキシですね。口割れ防止+補強にもなりますし。
全長は20cmほど長くなりました。グリップエンドが大幅に延びて,若干ブランクも長くなっています。



強度的な心配もあろうかと思うのですが,メバルロッドですからねえ・・竿折れる前にドラグ効くかライン切れるので大丈夫かなーとw 

釣りキチ三平なんて,ススキを竿にして魚釣ってスキルアップしつつ,細いヘラ竿でレンギョを上げて一平じいさんをクレーマーから救ってましたからね,ススキに比べたら丈夫丈夫!
(わかりにくい例えになってますが・・わかる方にはきっと伝わるはず・・!)

ひさびさの楽しい工作でしたが,次回はグリップにバランサー装着とスレッド巻きで完成・・の予定です^^
[ 2013/01/08 23:59 ] タックル | TB(0) | CM(0)

昨年のまとめと今シーズンの目標!

今年のナマズ用に初売りで買ってきました^^ ザラベビーです。




2012年は1年間釣りを休んで,いろいろと考えた結果,今までやったことのなかった淡水でのルアーフィッシング,しかもエキサイティングなトップウォーターでやっていこうと思い立ち,知識の全くない所からのスタートになりました。


最初はブラックバス狙いで早春のため池に行ってはノーバイトの連続。本当にこれで釣れるんかいね?と思いながらも,キャストとルアー操作が新鮮で全く飽きませんでした。


そして2か月間連日の夕方修行の後,転戦した先で初めてのバイト&ヒット。今思うと対岸きわきわでの着水バイトだったんですが,ボフっという捕食音と同時に水面でうねった魚体に激しく衝撃を受けました。その瞬間は本当に映像がスローモーションに感じました。60サイズのナマズだったんですが,もううれしいなんてもんじゃなかったですね~。
今でこそ慣れてきて,バイトにびっくりすることもそうそう無くなりましたが,初めてのトップでの一尾はたぶんこの先も忘れないと思いますし,この後ひたすらナマズに傾倒していくきっかけになりました。


そして冬を迎え,自分の中であきらめていた海にも連れていっていただき,感激の再開を果たすことができました。しかも初めてのルアーでのゲームです。

昨シーズンは初めてづくしとなりましたが,HFCはじめ多くの方々にお世話になり,初めたてのよちよち歩きブログにも関わらず温かいコメントやリンクをいただき
本当に感謝でいっぱいです。何にも知識が無い中で思いっきり参考にさせていただいていたHPの方々とつながることができたなんて,本当にありがたく幸せだなぁと思います。




さて,2013年のシーズンについて新しく目標を立てますよ。ただし高い目標で達成のためにヒィヒィ言うのはいやなので(汗)ぬるーい感じで。別に人と競うわけじゃないですからね~

1.トップで鯉を獲る!
2.ゼニスドライバーでライギョを獲る!
3.のべ竿でデカイのを獲る!
4.ナマズはシャンプーハット系メインで獲る!

今年,どうしても獲ってみたいのは鯉なんですよねー。自作コ式で掛けたいなーと。もちろんナマズとライギョもがっちりと行きますよ!
ナマズはいろんなルアーで掛けてみたいですねー。あえてシャンプーハット系をメインにいくつもりですが,ノイジーなルアーで自由度高く楽しめるのがナマズの面白いところです。たぶん,昨年同様にまずめオンリーの短時間での勝負になります。個人的にはバイトが目で見えないと面白さが減るのです。もちろん真っ暗なのが怖いというのも大きな理由なんですが(滝汗)

ライギョは何としても昨シーズン末期に完成した自作のオフセットグリップとアンバサダーで獲りたいですねー。


そして,のべ竿。リンクさせていただいているuribauさん,かほにかさんの釣行記見るとワクワクしちゃいます。
鯉もやりたいし,実はナマズものべ竿でやってみようかなぁとw


往年の「釣りトップ」に載っていた「ナマズのポカン釣り」・・ポカン釣りのエサはカエルでしたけど,あれをルアーでやれないかと。
ポカンジッターとかポカンフロッグとかで間近でナマズのバフっというバイトをのべ竿で体験できたら,最高にエキサイティングじゃないですか~^^最盛期の水路ならばたぶん・・いけるかな?(笑)

暖かくなるまでは準備にいそしみますよ。 
[ 2013/01/07 21:00 ] その他 | TB(0) | CM(3)

新春!初釣り2013!

今日はにくくんと2013年初釣りです。
年末年始,休みありそうで自由になったのは今日だけですから休んだ感皆無でしたけどねー^^;

にくくんが釣りタカの初売りに行ってきた後の出発で,いつもの漁港に着いたのはお昼。のんびりモードです。
小潮のど干潮の潮どまり,気温は氷点下で強風という,実に素晴らしいコンディション(?)

アタリはとにかく渋いんですが,なんとか1本。30cm後半というところ。



手が冷たいので計測はしませんw ダウンスーツを繰り出したので身体は寒くないんですが手先は寒い!


ハリィはこの他チビナメ2本ヒットで,まぁ初釣りとしては上々というところ。


ところがにくくんがここまでノーフィッシュ。初釣りでボウズは回避したい!というので転戦!

日も傾きかけた頃,本当に渋い中,にくくんが30cmオーバーのアイナメをヒット!

これで2人ともホッと一息。熱いインスタントコーヒーで祝杯!旨かったネ。


その直後,ふと気付くとなんかロッドに違和感が・・・ガイド凍ってんじゃん!!

うへぇ・・とか思いながら,ふとリールをみるとレベルワインドが!!!!!!!!


オー寒い寒い!撤収撤収! 幸先の良い2013年となりました^^
[ 2013/01/03 21:05 ] ソルト(ロック類) | TB(0) | CM(0)

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。
2年目を迎えます当ブログともどもよろしくお願いいたします。

IMG_300oo0019.jpg


今年も皆様に「幸運な釣り」がありますように・・!
[ 2013/01/01 10:53 ] その他 | TB(0) | CM(2)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。