スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

気力復活は釣り場情報で!

お昼に,ナマズだめだめっす>< と書いておきながら,HFCのAちゃんから「昨日,ナマズやばいぐらいバホバホでした」という生々しい(別に洒落じゃないですよw)話を聞かされて,ほうほう!!とすぐに乗っかるハリィです。

で,ナマズはもとより,コイがポイントについていてTOPで喰ってきました!という追加情報も聞いて,むしろコイを仕留めなくては!!とやや鼻息も荒く,定時で現地に急行!!

コイのポイントと教わった場所は,堰のようになっていて,水がドウドウと落ち込んで泡立っていました。

ホントにコイいるんかいね,コレ・・と,用意してきたネタルアーおよびパンプカセット+セブンイレブンの食パンを使う前に,タックルに結びっぱなしになっていたエコギアで様子見。

堰のすぐ上にある小さな橋の上から,ぽちょーん!と落とすやいなや,おそらくまだ水面にルアーがあるレベルで即ヒット!!

マジかよ!!!と思いつつ,すぐにバトル開始!

重い!!流れが速いので魚の引きは倍増なのです。コイは橋をくぐって下流に走っていきます。一瞬ラインが橋に擦れます。
マズイ!ということで,とっさにひざまずいてロッドを橋の下に突き出します。まさか田んぼの真ん中でニーリングすることになるとはwwww

ロッドは根本からギューンと曲がってますが,そこはさすがのフェン・クラシックグラス。安定感は抜群です。
タックルに余裕があるので,ちょっと泳がせた後ぐりぐりと巻きあげると・・・

おおー!コイだw 体高があって鮒と見まごうばかりです。あとは尻尾がデカイ!サイズの割に引いたわけです。


コイとしてはまだまだ小僧なサイズですけど,気分は上々です!

惜しむらくは,ネタルアーを使わなかったこと・・>< この状況だったらネタルアーでも一発だったろうに・・
ま,次回サイズアップも含めて挑戦しますよ^^

その後は場所が荒れちゃったのか,全く反応なし。まー。ニーリングしたことで自己満足度はMAXですから良しとします(笑)


さて,その後は本業の(?)ナマズに移行します。

Aちゃんに聞いたあたりをこのへんかな~・・と想像しながら数投したところで

「ナマズっすか~?上がりましたか?」と通りがかりの車から声をかけてきた方がありました。

「いやー,まだですねー」と答えつつ見ると,ニコニコとしながら若い男性が一人,車から降りてきました。
優しそうな感じで,ぱっと見,釣りをしそうには見えないようなイケメンなのです。(お世辞ではなく本当に!)
まぁ,ご本人からのお話もあったので,仮に「Bankinさん」と表記します^^


「ここもいいですけど,自分,さっきあそこで1本上げてきましたよー。場所教えますね」と丁寧に場所と状況を教えてくれました。聞くと,ハリィも去年の秋何度かアタックしてノーバイトだった場所でした。

Bankinさんから話を聞いて,あーーっ!とひらめいてしまいました。
手持ちの釣り場が無い,なんて考えていた昼休みとは打って変わって,あそこもここも,今年になってから打ってないや!という場所がもりもりと湧きあがってきました。あまりホームグラウンドに固執しちゃいかんですね><

で,Bankinさんはやたらと釣りに詳しくて,ルアーでも餌でも,海も淡水もやりこんでいる上に,ヘラブナまでやってたらしいのです。スゴイ・・・ハリィの中ではヘラブナをやる人は大人!と勝手に思っているのです。あれにハマったらそれこそ深すぎて大変なことになる,と手を出さないように注意している釣りなのです。
間違いなく面白いだろうなと思ってますけどネw

さらにBankinさんはサーフィンまでやっていて,サーフ情報にもやたら詳しい。よく,サーフィンの人は波を読むし,魚に遭遇したりで,サーフの釣りをするときに参考になる情報を持っている,と言われていますが,ガチガチの釣り師がサーフィンやっちゃったら無敵なのであります。

そんな話をしながら・・実はハリィはブログをやってまして・・とiPhoneで画面をお見せすると

「あーーっ!マジっすか!見てました!! えーっ!?本当にですかーー!マジでですか!」とだいぶ驚いていらっしゃいましたが・・スイマセン(笑) ぬるーい感じで本人出没しておりますwww

ありがたいことに,Bankinさんの釣りの楽しみ方に思いっきりハリィも共感しまして,ナマズは明るい時間だと2倍楽しい! たとえ掛からなくてもナイスなバイトがあればそれでかなり満足! なんて話しこんでいたらあっという間に20時になって暗くなってきました。

本当ならばここからがナマズ本番なんですが,今日はカテーのジジョーで早上がりせねばならず,撤収。

そんなわけでナマズのバイトは今日もゼロだったんですが(話に夢中でほとんどキャストしてませんw)先日のノーバイトとは大違い。心はほくほくと豊かで,気力もフル充電!!
気持ちの良い方と良い話をするのは,心のエネルギーになりますね。

Bankinさん,本当にありがとうございました。きっと近いうちにまた水路でお会いすることでしょう。

20年も前のソルトルアー黎明期に,フラットを爆釣しまくってた頃の話,本当に懐かしかったです。
まさか同じ場所で,同じ釣り具屋で買ったメタルジグを放っていたなんて・・・あの愛想悪い釣り具屋のオヤジで笑い話ができるだなんて思いもよりませんでした。

記事を書きながら,あれもこれもと書きたいこといっぱいで筆を擱くのが名残惜しい気持ちさえしますが・・

今後ともどうぞご愛顧よろしくお願いします。
スポンサーサイト
[ 2013/07/02 22:00 ] コイ | TB(0) | CM(0)

コイはパワフル!

本日をもって,お仕事デスマーチがようやく終了。
一か月半にわたる長丁場,ろくに釣りにもいけず,ナマズも打てず・・そんな日々とようやくおさらばです。
まぁ・・来週からはデスマーチの後始末があるのでこれまたげんなりですけど,本番は終わりましたしぼちぼちと釣りにいそしむこととしましょう。

さて,そんな復帰戦はマズメなナマズで決まりです。まだ明るいうちから釣り場に入ります。

しかし,今日は寒い!上にジャケットを羽織らずにはいられないぐらいです。んーむ。
ナマズは打てども打てども反応なし。だめだなーこりゃ,とあきらめかけた頃。何気なく支流の流れ込みを見ていると,黒いものが一瞬動いたように見えました。

ん!!視力は弱いですけど,そういうのを見つけるのだけは目ざといハリィです。さらに見ていると,コイが勢いのある流れの中で,上流から流れてくる何かを捕食しているっぽいのです。しかも複数匹いるっぽく。普段は近づくだけでびびってロケットダッシュするコイたちですが,今日は捕食に夢中らしいのです。

これは・・流れにドリフトさせながらマルタ戦で使ったスプーンを通すのがベター!と早速車に取って返してスプーンを探すも・・無い>< あるぇええ・・^^; 家に置いてきたか・・

代わりに何かないかなーーと探すと,タック○ベリーで100円で買ったメーカー不明のメバル用メタルバイブ。
これをナマズ用タックルに速攻で結んで,そっと流れに乗せてリーリングはせず,半のべ竿状態でルアーを泳がせた瞬間・・

ドシッ!!と重いアタリ一発!!そしてロケットダッシュ。水深が浅いので逃げる方向も手に取るようにわかります。

うぉ・・!重い!!と思った瞬間,スポーンとルアーが吹っ飛んできました。
・・・まぁ,そりゃそうですよね。なめてかかってたのでフックが伸びちゃったみたいです。思ったよりデカイぜこれはw



次に,何かアンダーで攻められるものはないかなーと探すと,先日のフラット釣行で使ったリグを発見しました。6号のナスおもりに12lbのフロロをハリスにしたものです。

これに小さめのワームを付けて。そーっと流れに乗せると,横から小さいバスがすっ飛んできてフッキング。
お前じゃないっ!w 巻き上げる途中でフックアウト。もう,入れ食いなのであります。

そんなことが2回ほど続き,3発目・・! ドシッ!と重いアタリ。 フッキングするやいなやモモモモモ!と力強くダッシュ! うぉーー!走る!!といったところでフッと軽くなってしまいました。
回収してみるとハリスの中程でパツーンと切れています。・・・そんなにハリスが傷ついていたようには思わなかったんですが・・ダメですねこれは。

仕方がないのでPE8号にシンカーをつけて,フックを直結,そしてワームを付けて流します。


が,さすがに2匹暴れた後では場が荒れてしまったか,アタリが遠のいてしまいました。

ラインが太いのがまずいのかな・・それとも暗くなってきたせいか・・
と,少し粘っていると,コツっとあたってきました。ヒットです。一気に巻きあげると
んー。ちょっとロリなコイですw 手が手前に写っているのでなおさら小さく見えます><
逃げられた2匹とはあまりに感触が違いました。マルタ用のスプーンさえ持っていれば・・残念です。



とはいえ,デスマーチ上がりにはうれしい貴重な一匹でした。感謝感謝です。
逃げられたとはいえ,熱い引きも味わえましたし。あんなののべ竿で掛けたらどうなるんだろう,なんて夢も広がります。

いやー。コイも面白い! 昨年からの宿題のパンコイも含めて準備しておきたいと思います。
[ 2013/06/28 21:38 ] コイ | TB(0) | CM(0)

サーモンはパンを食べないらしい

今日は午後から時間が取れたので出撃。
朝の陽気はどこへやら。強風と雲にちょびっとテンション下がります。

庭のブルーベリーが激しく紅葉してますもん。寒いです。



しかし、今日の釣り場は2方向に山を背負ったポイントで、風をうまく避けられました。


まずはチャミングでしょ!
竿は持ってますけど、まだ仕掛けは入れてません。



日がさせば暖かいのです。のんびりコ式を眺めてます。



撒き餌とコ式の護送船団。



と、かなり自分に近い位置に浮かべていたコ式と撒き餌に、デカイ魚が寄ってきました。

イケ!食うんだ!!

ところが、鼻先まで近づいて観察したくせにスルー。

何度か繰り返し寄ってきては去っていきました。
その時は、なんだか汚らしい魚体のコイだなあと思っていたのですが・・よ~く考えてみると、水面から出た背びれが尖っていたり、ちとスリムだったり。

!!

サケじゃん、今の魚!
マッディな水で細部は見えませんでしたが、たぶんそうです。
こんな田んぼの中の川まで来るんだ!?


写真取れば良かったなあ・・
つい、竿握りしめてパンを食い込むのに備えちゃってましたもん。

ということで、サケはパンはあんま好みじゃないらしいですね。
(そもそも捕食するのかどうかもあやしいですが・・)

この後は特にドラマは無くあっさりとノーフィッシュ。


----------------------------------------

さて、今日の工作はこちら。

ザウルス・バルサ50のビッグラッシュ、往年の名ペンシルです。
もちろん今だってバリバリ使えますけど、ナマズ用に仕立てちゃいます。

というのも、先日行った黄色い中古釣り具店になぜかビッグラッシュの在庫が多くて、300円ぐらいだったのです。
いじる材料としては申し分無いでしょ!


まずはねじってヒートン抜いて



昨日買った直ペラを付けちゃいます。
ステンレスカップも追加します。



当然、前後のペラが逆に回るよう、ひねりを反転させておきます。



完成、ビッグラッシュ・ダブルスイッシャー!
ノーマルで水平浮きなルアーなのでスイッシャーへの移行が容易です。

ベリーには珍しくトレブルを採用。角度がT字のフックです。


同じく、歴戦のマグトーもペラ交換しちゃいます。


何を隠そう、ハリィが初めてトップウォーターでの初バイト&初水揚げをした記念のルアーなのです。
今年の春だったんですが、ずいぶんと前のようにも思えます。


愛用してきたのでボロボロですけど、ダメになったら同じのまた買おうと思っています。

いつでもどこでも困ったらマグトー。思い入れあるだけに、マグナムトーピードには絶大な信頼をおいているのです(笑)
[ 2012/11/04 23:57 ] コイ | TB(0) | CM(2)

パンとフロッグとスポンジと。

明日,明後日は仕事なので,今日にちょっと時間をとって。
まずは手近のローソンでパンでしょ。


うーん。初めての体験です。パンを付けるのってインパクトあります。



最初はホームグラウンドであるナマズの用水路へ。
ナマズ打つときには,もうイヤってぐらいに鯉いましたからね。

・・・・どっこにも居なくなってました^^;減水はんぱないしなあ・・・。
それでも見えないだけで,きっといるだろう,と遠巻きにキャスト。流れ込み付近になんか魚集まってますし。

ああ,晩秋のオイカワとかハヤとかだなあ・・ちょっとした深みに集まってるのをフカセ釣りで狙いうちしたっけなあ・・・と,子どもの頃を懐かしみつつ。

ところが,いっこうにアタリはなく,それどころか小魚一匹パンをつつきもしません。

おっかしいなあ・・・とそろそろと流れ込みに近づくと。

「!!!」尻尾の先がひらひらとして黒い。ブラックバスです。
15cm前後から10cm以下まで大きさはまちまちですが,群れという群れ,すべてブラックバスです。
しかも川の水面いたるところ,いる魚はバスばっかです。

どうりでパンをかじってこないはずです。ひどいもんですね。
かつての郷愁は吹っ飛んでしまいました。と同時に普段釣ってた用水路がこんな状況になっていたなんて。知らなかっただけにショックでした。
結局コイは姿かたちも見えず小一時間で転戦。

続いて,ライギョを打ってたポイントへ移動。いつでもヒシモをジュボジュボ吸ってましたし。
しかし,まずはフロッグを投げてから・・・全くライギョ感ありません。オープンで小バスがバイトしてきたっきり。

そこで,タックル変更。パンを握りしめつつコ式を流します。


水面にただよう白いの2つ。



ところが,まったくアタリがありません。背中出してもぞもぞやってる鯉の鼻先にプレゼンしても見向きもせず。
フロッグととっかえひっかえしながら釣りましたが,結局2時間たっても水面にチャミングしたパン切れ1つも食われず。
もう,パンを食べるのって都会の鯉だけなんじゃねーの?^^;田舎の鯉はグルメだからなー・・

などと疑いつつ転戦。


瓢箪からコマといいますか。探索してたら,ナマズ用にむちゃくちゃよさそうな水路を発見しました。
シーズンになったらジッター打とうっと・・・。今日はコ式を流します。
まさか置き竿にされるとは思ってなかったであろうゼニスドライバーとMC72XXです。
ハリィは基本的には釣れるためならなんでもやっちゃうので,ルアー原理主義ではありません。
ただ,今は淡水でエキサイティングに釣りたいために,トップウォーターしばりをかけているだけです。



橋の下に,定位しているコイを発見。そろそろとパンだけを鼻っつらに浮かせていきます。
もはやコ式でもなんでもないwwwただの見釣りwww

ところがこれがまた難しい。全く食い気なし。鯉ってなかなか気難しいなあ。


さらに,橋の下のゴミたまりでジュボジュボ!と吸っているコイを発見。吸い方からあまり大きい鯉ではなさそうですが,なんでもいいから掛けてやるわい!!ww


コ式を流しこむと,反応あり!浮きが一瞬半分ほど沈みました。イケ!持ってイケ!走れ!

・・・・沈黙。

くっと合わせてみるも,手ごたえ無し。痛恨のエサ盗られです><



えーと。思いのほか難しいですよ?パンコイ。やる気ある鯉がいるかどうかにすべてかかってる気がします。


それから。ハーフオンスだとライギョ用ロッドでは軽くて投げにくかったので21gモデルを2本作成しました。
[ 2012/10/26 20:54 ] コイ | TB(0) | CM(6)

自作コ式の強化について

いつもコメントを寄せてくださるHIDEさんから,コ式釣り動画のお勧めをいただきました。
http://m.youtube.com/#/watch?v=66HWbdN_Qng&desktop_uri=%2Fwatch%3Fv%3D66HWbdN_Qng&gl=JP
なんというか,小林重工氏,面白いw
ヘルメットかぶってお世辞にもきれいとは言えないスタイルで,魚がかかるとウ○コ座りで竿をぐっと立てて引きをこらえ,デカイ鯉をばんばん寄せていく。キープはタライ(笑)で泳がせる。
うまいこと言えませんけど,本当に心底楽しそうな釣りしてます。
そんなんだったら本家のコ式買って応援しろよ・・と言われそうですけど・・・
まあ,やっちまったもんは仕方ありません。カンでコ式作っちゃってから動画を見るという始末ですからね。
本家はたぶんきっとそのうちに(汗


まず,動画を見てわかったのは「コイの引きは半端ない」ということ。
生半可な作りじゃあいけませんね。前回作ったものでも持つとは思いますけど,安心して楽しむためには強度に自信があったほうがいいです。

そこで,今回はステンレス線を長く折り返します。折り返した端はもう片方の端でオモリに差し込みます。



写真では見づらいのですが,ステンレス線を1.5往復させていますので,中央部はステンレス線が3本になります。オモリの穴を通すのがキツキツです。



オモリのズレ止めとステンレス線の結束強化のために,PE50lbをスレッドにしてぐりぐりに巻きます。
そして,パンドーを塗って固めます。エポキシじゃないところに手抜き感残りますけど。
でもまあ,浮力体の発泡ポリとの接着にはエポキシよりも向いてると思いますです。



で,3つ目の自作コ式が完成です。正直,使用するとしたら今日作った強化版がメインになります。
残り2つは補欠です。
[ 2012/10/25 22:09 ] コイ | TB(0) | CM(5)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。