スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

こんなもんで良いかな^^;

今朝七時半の気温が9℃、夜9時で11℃。
だいぶ暖かくなってきましたが、水路の水温は10℃ぐらいあるんでしょうか?
まあ、今晩もちょっとだけやってノーバイトだったんですけどね^^;
苦手な単独夜戦に慣れるべく、ちょっとでもいいから打って帰るようにしたいと思います。


さて、釣行写真も無いので適当に工作記録を上げていきます。

先日、作成を目指したアンバサダー用のウッドなサムレスト。



こんな感じに削ってみました。



前縁部を差し込んで



パタンと閉じます



スプールの収まる縁と、サムレスト固定用の突起で支えています。ぐらつきはありません。



セルロースセメントで2回ドブ漬け。
渋い色合いになったじゃないですかw



うーん・・工作も良いけど早くナマズ釣りたいですな~><
スポンサーサイト
[ 2013/05/13 23:02 ] 自作系 | TB(0) | CM(1)

寒い5月とノコギリと

天気予報は連日、強い寒気の影響で~と伝えていますが・・それって12月あたりから聞き続けてる気もするぞ?などと。
まさか連休明けから前日比マイナス10℃、平年比マイナス8℃、3月下旬並みなんて寒さが続くとは思わなかったわけで・・出撃意欲減退しまくりです><


そんな今日は寝る前に短時間作業をば。


先日サンリバーさんに行った際に
「ウッドでルアー作ったりもしますか?試しにこれ使ってみて!」と店長さんからコチラをいただきました。
(本当にありがとうございます!)

3×3×15cmの木材です。何の木かは失念してしまいましたが(汗)色合いに高級感があります。いつものホームセンター産のヒノキとは違いますよ。


ただ、色から想像して硬いんだろうな~、ハリィのなまくら手工業で刃が立つのだろうか・・と恐縮してもいました。

しかし、意外なほどサクッとノコが入りました。

あれ?なんか柔らかいかも。切り粉の細かさもヒノキとは違います。


で、小さく切り取ったものを使っていきます。この木片も持ってみると見た目より軽い感じがします。



カッターを入れると薄くきれいに削れていきます。すごく扱いやすい木です。


目は細かいけれども均一に空気を含んでいて適度に柔らか。確かにルアーにうってつけかもしれません。
これでウッドグリップなんかを作っても面白そうです。


10分ほど削って大まかな形が出来てきました。

実際にはこれからが細かい作業のスタートなんですが・・


目指すはコレです(笑)


買えば良いじゃないか!と言われればそのとおりなんですが・・削ってみたくなっちゃったんですから仕方ありません!

工作しやすい木材だ、と分かっただけでも大きな収穫です。
こりゃあ何の木だか調べなくては(^ ^)
[ 2013/05/08 23:49 ] 自作系 | TB(0) | CM(3)

ウッドグリップの塗装

ようやく暖かくなってきたので、たまっている工作を再開!
忘れているわけではなかったのですが、塗装ものは暖かくなるまで保留してきたのです。
いずれ記事にしますが、寒さに耐えながらウレタン塗装したオフセットのリールシートは悲惨な出来に><
近々ぜんぶ剥がして磨き上げ加工にしたいと思いますが・・


さて。ペーパーがけした後に、アクリル絵の具を着色ステイン代わりにして塗ってみたのですが、色が赤すぎて気に入らず、ペーパーで削り落としました^^;


若干、色は残ってますけども、塗装していく中で分からなくなる程度なのでそのまま行きます。

塗料は油性ウレタンニススプレーです。


塗装一回目

薄く薄く塗っていきます。

若干たれてしまったところはキムワイプでそーっと拭いて、そのまま刷毛のように流して塗り広げます。


2時間後、塗装2回目


本当はもう少し時間あけてもよかったのですが、天気良かったのでつい(笑)


一回目との色の差があまり無いようにも見えますが、少し濃くなっています。


2回目からは木が塗料を吸いこまなくなるので、タレやすくなり、スプレーが近いと小さな泡がワ~っとついちゃったりもします。

泡は強く息をフーッと吹いたらとつぶせますww


こんな感じで1日1回、薄く薄く10回ぐらい塗る予定です。
4月中に終わる・・かな?



そして、明日は気温も上がるし、ようやく自由な一日!
これはもう出撃でしょ。ちょっと時期は早いけど海に行きます。
[ 2013/04/13 22:24 ] 自作系 | TB(0) | CM(0)

アルミ板でスイッシャー用のペラを作ってみます

アルミ板でちょっと工作をしてみて,意外にいけそうだなと思ったのでプロペラを自作してみます。


欲しいタイプは直ペラなんですが,最初っから↓こんなのを求めちゃいけません。曲線が多いと加工が難しくなります。
imhagh5.png


なるべくカーブを減らし,直線でシンプルな構成のデザイン・・・ならば作れそうな気がします。
imayyy33.png
切ったあとの角はやすりで削って丸めればOKでしょ!(○部分)


別な工作の時にカッターで切っていくのが面倒だったので,加工用に金切りバサミを買ってきました。798円也



対0.8mmのアルミ板。このハサミってどんだけ切れるものなんかなあ?



すごい!まるで紙でも切るみたいにさっくりと。めちゃくちゃ切れるじゃないですか!



と,いうことでスパッと4cm×1cm×0.8mmのアルミ板を切りだしました。楽勝です。



ボールペンでひっかきながら線を引きました。中心部に5mm角の正方形を描いて,その頂点から線を延ばした感じです。昔,技術家庭で「けがき針」って単語を習った気がします。こういうときに使うものだっけかな^^;



とりあえず線に沿ってカット。



中心に穴を開けます。本当はドリルで開けたいんですが,最低でも使える電動ドリルは5,000円くらいしますので,ペラ製作用には買えません。5,000円投資するなら既製品ペラ40枚買った方が早いwww
釘で軽く穴を決めて・・・


なお,余談ですがホームセンターで1,500円くらいで売ってる「電動ドリルドライバー」はドリル目的で買っちゃいけません。職場にあったので使ってみたのですが,回転数が180/min- とかで,むちゃくちゃ遅くて使い物になりません。あくまでドライバです。
リョービの最廉価モデルの電動ドリルで2100/min-ですから全然違います。普及品で4500/min- ですし。


さて,棒やすりで穴を広げていきます。



こんな感じに開きました。バリを平やすりで削るときにちょっと中心付近擦れちゃいました^^;



角にやすりをかけて丸めました。



ひねりと角度をつけました。強度は思ったよりある感じ・・かな。



なんとなくペラっぽくなってきました。



回転試験。ヒートンとカップに通してチェック。まあ,よく回ってますよw




今後の量産に向けて。凝ったデザインでなければ作れそうです。

今回は手持ちの0.8mm厚のアルミ板を使いましたが,ぶつけたりしたときの強度がちょっと心配です。
小さめのペラ・・P-2サイズならばこの厚さでOKだと思います。
(ただし,直径2cm強の小さいペラを切りだす加工のほうが大変そうです)


この金切りバサミではステンレスや鋼材は切れないので,もうすこし強度を求めるとすれば

①アルミ板の厚を上げる・・・1.0mm厚でどこまで変わるか。1.5mmだと切るの大変っぽい^^;

②ブラス・・真鍮板で製作・・ブラスの何mm厚まで売ってるのかなぁ。カインズでは0.5と1.5だっけかな?
 さすがにそんなに厚いのは切れませんので0.8mm前後のを触ってみたいものです。
 市販品のペラはブラスで0.7mm厚ってのがありました。


あまり厚くするとこんどは重くてルアーのチューンに向かなくなりますので,その辺も考慮しながら材料を選択していきたいですね。
[ 2012/11/13 21:47 ] 自作系 | TB(0) | CM(2)

オフセット用ウッドグリップを・・

休日は釣りに出られないので、午後までかかって家の作業をして、ようやく解放された時間を自作タイムに充てることにしました。

今日はへドンっぽい国産オフセットハンドル用のグリップ作成を。安かった割にグリップの角度が良くてやたら持ちやすい。軽いのも良い。
ただし、リール固定部分の作りが甘すぎてリールがガタつきまくるのが難点。そこは追って改造するとして・・


コルクグリップを取り外し


材料はホームセンター産のヒノキ。合計600円ほど。
クルミとかの硬い木じゃなきゃダメじゃん!という意見もお有りとは思いますが・・なまくらマニファクチュアでは刃が立ちません!
コルクよりは硬いでしょ!?とか言い逃れつつ





合わせ木で作るのはドリルを持っていないため、取り付け穴が開けられないからです。
まあ、ウッドルアー自作する感覚です。
接着は瞬間接着剤でOK



とりあえず採寸して切っちゃいます。
この時点でヒノキの良い香りがしてきます。だから好きなんです、ヒノキ。







リールシートには羽根がありますので、それに合わせて溝を切ります。ここで手を抜くと後で苦労します。






合わせ木方式の利点なんですが、カチッと採寸して溝切ると、羽根部分が密着するせいで、ドリル穴よりもすき間なく取り付けることができます。
手を離してもリールシートは落ちません。



あとはイメージに合わせて


切ったり


削ったり
ハリィは、基本、カッターナイフによる削りのみです。


角を丸めただけでそれっぽく見えてきました。


音楽を聞きつつ、ひたすらひたすら削ります。


で、4時間ほど削りたおし、とりあえず粗削り完了・・







・・ダメだ!くそダサい!!!
一応握りやすいには握りやすいけれども・・

やっぱノープランで削るのはダメだ。


ファントム改のグリップやった時みたいにCADで型紙作らなくちゃいかんですな。

ということで、まさかのボツ!(笑)

何だったのだ、今日の作業は σ(^_^;)

左腕が痺れてるし、親指はカッターの刃を押しすぎてマメがむけてその中にさらにマメができてる感じ。痛い!

リベンジは必ずいたします!
[ 2012/07/23 00:32 ] 自作系 | TB(0) | CM(1)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。