スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

雨の合間にカミナリを

多少の雨ならばナマズの活性が上がるなんてこともあるんでしょうけど・・・
洪水注意報が出ちゃうほどの強い雨の連続。本流は大増水なのであります><

それでも,せっかく本気ナマ装備のレジェンドVIPオフセットグリップ仕様を持ち出したもんですから
まぁ,用水路なら大した増水じゃないでしょ,なんて期待しつつカッパを着て三日前。


・・・・普段のホームがおよそ1mも水位上がってるんじゃないか!?ゴウゴウと流れてます;;;;
あれです。これは「ハリィさんは田んぼの様子を見に行ったまま行方不明に」って報道されちゃうパターンのやつです。
危険危険。増水時に水辺に行っちゃあいけません!!なお,3投ほどして一気に下流に運ばれるジッタースティックは味わった模様ですが^^;

それから連夜,水路に行っているのですが,本流の増水は収まってきたものの水路のほうは普段の倍以上あり,しかも水門が閉まっていたりなんなりで,いつもと勝手が違います。

ナマズの生態としては,増水すると「ひゃっほう!水だ水だ!」と喜び勇んでどんどん支流の先まで入って行ってしまうらしいんですね。
つまり,群れが散ってしまってどこかに行ってしまう。実際に地元のじいさんに「この堀は普段はサカナ釣れないけど,大水が出ると鯉とかナマズがばんばん釣れるんだ」と教えられた小川があったりします。

まぁ,そっちに行って打って来い,って話になっちゃうんですけど,こっちは「もう増水収まったかなーー?」と期待しながらホームに向かうわけでして,あっちこっち遠征するつもりも無いのです。ま,もうちょっと待ってみましょうかね。


と,ナマズがダメならライギョでしょ!ってことで先日のリベンジ。
実は日中,営業の途中にライギョ感むんむんの池を発見したので,こりゃ開拓せにゃいかん!とイブニングライギョに向かったわけですが,全くのノーバイト。

それならば,開拓地の割とそばだし,ってことで先日モヒカンさんと行った第一ポイントへ転戦。

流心付近でモヤっと魚がもじったので,もしやライギョ?と思い,もじり個所を越えて対岸のアシにフロッグをぶつけた後にソフトな着水でポイントまで曳航してくる作戦です。

果たして第1投! ボッチャーン! ミスキャストです。アシに届かずにアシの根本に思いっきりうるさく着水><

あちゃーー・・・失敗。 下手だなぁ・・ハハハ^^; とややがっかりして手が止まったところで,静止しているフロッグに「バッフォーン!」という突然のバイト。ライギョ!?あの音でも逃げないんだ!と思いつつ,さすがに3シーズン目は焦りませんよ。素早く波紋の中心付近を確認,フロッグが水面に無いことをしっかりとみてから思い切りアワセをくれます。

ガツン!!ドシッ・・・モリモリモリモリ・・・!重い!乗ったーーっ!!
ナマズタックルよりもはるかにヘビィなタックルなのになかなかのファイト。けっこういいんじゃないかコレ!?

ということで満を持して,今シーズン初の一本,いただきました。



ふう・・またしてもライギョデントス丸呑み最強を裏付けてしまったようだ・・
(※あくまでも個人の感想です!!っていうかボンバー類使ってないナ^^)



まさか一発目で釣れてしまうとは思ってなくて,ハードスケールとか車に置いたまま・・・
なので,とりあえずなメジャーで計測。



魚体は曲がってるし,メジャーの先端もきれいに揃ってないってアバウトぶりですけど,75cm弱ぐらい?



このあともやたら活性高くて,捕食音聞こえまくりなのです。これはチャンス!!

観察&キャストの結果,今日は捕食音もバイトもことごとく岸添いのアシ際ばかりなのです。
一応フラットな藻場でもバイト出るには出るんですが,ピシャ!というようなバスっぽいバイトとか,パフッと小さなスモールバイトだったりで,今一つ。

そのため,どうしても捕食音バッフバフのアシ際を引きたくて,背よりも高いアシの中に潜入。水際から行っちゃうと魚に逃げられちゃいますので,あくまで陸側からアプローチしていきます。


しかしですね・・・ぜーんぜん水面が見えませんw かろうじて雰囲気でキャスト。ラインの向きでおそらく水面に行ったであろう,と思いながら極スローリトリーブでストップ&ゴー。

そこで,本日一番のビッグバイト。 「ビッシ!バフォオオン!」 ・・・しかしフロッグも何も全く見えず。でもアタッてきたのは間違い無いのです。
ままよ・・・,いーち,にー,とカウントし,サン!と言うなり全力でアワセをくれました。

・・・・無念!フロッグがすっとんで帰って来ました>< ミスバイトかーー。


その後もいくつかショートバイトを取ったものの,1時間ほどで高活性タイムが終わった感じでしたので,こちらも引き上げ。

結局,ファーストキャスト,着水丸呑みバイトという「ごっつあんゴール」な一本でしたけどね,一本は一本!感謝感謝。

サッカーワールドカップ開催も近いし,ごっつあんゴールでも何でもかまわないでしょwww
スポンサーサイト
[ 2014/06/11 21:44 ] ライギョ | TB(0) | CM(2)

マズメトップ出撃するも^_^;

夕方からトートツに「そうだ、沼 行こう」てことで出撃。

タックルは前回と同じくVIP。慣れてきたらフジグリップが使いやすくてたまらなくなってまいりました。


しかしまあ、ノーバイトであります。
鯉が恋の季節でガボガボやってますが、マグトーのほうは沈黙。

よーし、それならばコイツだ!

クレイジークローラーです。チョイスの理由は「愛くるしいから」(笑)
大好きなルアーですねぇ。懸命にトプカプと頭振りながらクロールしてくるのが良いのです。

他メーカーの似たようなルアーもありますが、丸い頭につぶらな瞳で泳いでくるオリジナルには敵わないのであります。


ナマズ用だと暗い中で羽根の開きが確認できないとか多少問題がありますが…今年は羽根を固定して夜間専用機を作ろうかな~、なんて。空気抵抗で飛距離が落ちたとしても、水路で投げる分には構わないかなと。
もしかして羽根固定しちゃうと上手くクロールしなくなるんだろうか??

まあ、やってみましょ。


本日は残念ながら暗くなるまで打ってノーバイトでフィニッシュ。
明日から東京に行ってまいります。
仕事とかじゃなしに、遊びで渋谷界隈に行くのは学生以来。釣りも忘れずにウロウロしてきますよ~。

ではでは。
[ 2014/05/02 21:49 ] ライギョ | TB(0) | CM(0)

雷撃戦と折れたゼニスドライバー,リベンジで2発!

土曜の朝は結局寝ないままにテ~ゲ~さんたちと雷撃戦。朝4:30・・ようやくあたりが見えるぐらいの明るさですが,すでに釣り場には人が入っています。早いよなぁ・・^^;

で,その後しばらく打ち続けて,ハリィにはバイトが3発。しかし全て外れ。下手だわなぁ・・

そんなこんなしてキャストしているうちに「パキーーン!」という甲高い音と共に,リールごとブランクがドボォ!と水辺に吹っ飛んでいきました。

ん?!ん!?と一瞬理解できなかったのですが・・

まぁ,こういうことです。グリップが折れてしまったのですねえ・・



アルミのハンドル部分がキレイに折れちゃってます。普通に使うならまだしも,グリップを3倍以上延長した上にヘビーロッド挿してフルキャストしてましたから,さすがに限界を超えちゃいますか・・・。


まぁ,モンスタークィーンのブランクはそのまま純正グリップでも使えるようにしてありましたので,ゼニスドライバーが無くてもとりあえず大丈夫。修理・・って言ってもこの状態ではなぁ・・。生半可な工作ではまた折れちゃうでしょうし。シーズンオフになったらシングルハンド専用に再生してみましょうかね。


その後,釣りっこやタカハシにボンジュニあったよ!というナマズ局長の情報をもとに,開店と同時に入店。
こちらは朝イチで出撃な上に昨日から寝てないもんですから時間感覚がおかしくなってるんですが,世の中はまだ早朝なわけでして・・w

で,フロッグコーナーに行ってみたら思わずキョーガクです。

ボンバーJr,プチボンバーがカゴにどどーーんと入って大量在庫wあとはゲーターも。言葉はおかしいですが有り難味がないほどの量じゃないですかww
(ただし,超人気商品ですからすぐになくなるでしょうけど^^;)

マスターに,大量に入荷してますねぇ,他ではなかなか入ってこないと聞いてましたが・・と聞くと,ウチはもともとライギョの扱い多かったから,営業さんが手配早かったみたい。とのこと。

ですが,前日ボンバーその他を買っていてお金が無いハリィさんは悩みに悩んだ挙句,探し求めていたボンバーJrではなく,あえてゲーターをチョイス。


理由は「かわいらしいからw」 あとはボンジュニは確かに素晴らしいんでしょうけど,サイズ的に手持ちのライギョデントスと同じぐらいだから,無理に買わずともいいかなと。



で,明けて日曜日。10:30頃から時間ができたので,昨日2バイト取れた場所に昼まで軽く雷撃をかけます。

もう出撃の早さを競ってもハリィでは負けちゃうので,打たれてない場所をピンポイントに拾う作戦です。

アシ際のわずかな隙間だけを狙い撃ちして,オープンなヒシモはほとんど捨てていきます。


と,狙い通りにバフォ!と来たのでガツンと合わせて巻きあげると。

いやーひさしぶりの一本^^60cmあるかないかぐらいのサイズでしょうか。



ライギョデントス君をばっくりと。こんなバイトばっかりならフッキングがー,フロッグがーなんて悩むこともないんでしょうけどねえ。



と,同じパターンで攻めていき,提灯釣りでシェイクしていたところにバフッと。完全にフロッグが水没したのを見てからゴン!と合わせてぶっこ抜きです。50cmかそこらでしょうか。



今回はさらに丸呑みです。ライギョデントス君が見えなくなってますw


ということで,主戦のライギョデントス君に一層の信頼が高まった感がありますよw
どこでも売ってるってのも強みです。

この辺で,もはや吐く息よりも外気のほうが暑いような気温になり,胸から腹にかけて汗で服がびしゃびしゃ。
呼吸も早くなりハァハァ言っている状態になってきたので,危険危険。この辺で撤収撤収!
そっちこっちで捕食音も聞こえているので後ろ髪を引かれる思いもありましたが・・w

マホービンに詰めていた氷水で手を洗い,残った水を一気に飲み干してから出発!水が旨い!
VINI・VIDI・VICI
[ 2013/08/18 13:41 ] ライギョ | TB(0) | CM(0)

雷撃戦準備!ボンバーをゲット!

※今回のフロッグのカスタムにあたっては,それいけ!雷魚マン!のふくすけさんの検証記事を参考・・というか丸パクリさせていただきました。m(_ _)m 
ふくすけさんお墨付きのボンバーをハリィも使って見たかったのが真相ですw


ロデオクラフトのフロッグ(ボンバー)について

(ボンバー)贅肉カットチューニング

そのほかの記事からもいろいろと。勝手ながら御礼申し上げます。 

---------------------------------------------------------------------------------------

先日,山の上でレクリエーション講師をやっていた頃,テ~ゲ~さんから「ボンバーJr入荷あったみたいだから注文取りますよ~」というありがたいメールが入っていたのに気づいたのは下界に降りてから。
あわてて欲しいですーと送ったものの時すでに遅し。もともと品薄の人気商品だけにとりあえず触ってみたいものだなあ・・と思っていたのですが。

サンリバーさんのブログにもボンバーJr入りました,って商品紹介がアップされていたので,これは行かねばならぬ!と買い出しに。

しかし,残念ながらJrのほうは売り切れ。ボンバーが3つだけ残っていました。

とはいえ,ハリィの手持ちフロッグは軽量級のポトフと中量級のライギョデントスという現有戦力でも十分。足りないのはこれからどんどん厚くなってくるヒシをゆらすための重めのフロッグ。
そう考えるとJrじゃなくボンバーでむしろ良いんじゃない?などと考えつつ急いでわしづかみw

今思うと3つ全部買っても良かったんですが,触ったことの無いフロッグなのでとりあえず2個。
蛍光ピンクとメンタイマヨネーズ色(※パッケージにそう書いてありますw)にしました。



で,マヨ色のほうから開けてみたら,想像していたのよりもはるかに皮が柔らかい。ちょっとびっくり。
感覚としてスミスのグロッサマグナム触ったようなパフパフ加減。



一方ピンクのほうは,想像していたぐらいの固さ。凹み方もずいぶん違うんですが,写真では分かりづらいですね。



色で固さが違うというのは知っているつもりでしたが,こんなにも違うの?皮の厚さ違ってたりしないよね?
ということで,皮だけで重さ計測。マヨ色ボンバーが10.1g



蛍光ピンクボンバーが10.96g・・・うーん。皮の厚さは同じですよ。



固いとか柔らかいとか感覚で言っていても参考になりませんので,数値で見ていきましょう。
例によって測定誤差はお許しくださいw その代りズルっこはいたしませんので。


マヨ色がフルボトムで150g・・ちょっと数字に驚いちゃいました。



蛍光ピンクが254g・・むしろこれくらいの固さが普通だと感じます。



ただ,柔らかければ柔らかいほど良いのか?といえば,そうとだけも言えない気がしまして


蛍光ピンクのボンバーの腹はけっこう固くて,いい腹筋してますね的な安心感があります。
この時点でさすがボンバー,人気なだけあるなぁ・・と,うっすら感じ始めます。背中やわらか腹筋固めというのが皮をつぶしただけではっきり分かるのです。いかにもフッキング良さそうな感じじゃないですか。



一方マヨ色ボンバーも腹筋は固めなんだけれども,全体的に柔らかい。まぁフルボトム測定で100gも違いますからねぇ・・。



日中,モヒカンさんと話していて,皮やわらかだと着水で凹んで水を吸い込みやすい感じがする,という話題がちょうど出ていまして,マヨ色君は大丈夫かなぁ・・とちょっと気になったり。


なので,先に気に入った蛍光ピンクのほうからカスタムを開始します。


まずは,ケツの厚い皮を削ぎ落し・・



ちょっと柔らかく(つぶれやすく)なった気がするよ,ということで再計測。254g→212g
おーーw




ふくすけさんのレポートによると,ボンバーは32gで垂直浮きということなので,目指すは仕上がり32gです。


フック類は6.3g




皮が10.1gですから,32gにはあと約16g必要です。

買ってきた糸オモリが45cmで1号(3.75g)ということですが,糸オモリの固定にハンダを使いたいので2g余裕を見て,糸オモリで14gを巻くことにします。

14g÷3.75×45=168cm ・・ですが,重さを号数で表示しているあたりに精度に疑問符。

たぶん表示より重くなるんじゃないかな?と思いつつも,短かったら困るので,168cmの糸オモリを切断。

で,とりあえず端を残したまま168cmをフックに巻き付けて,測定すると・・おおー16gだw
予定より2g多いじゃないの!



そこで,余分な20cmほどを切り落とし,再計測。概ね予定通りの重量になりました。



次に,ケツにあたる部分と巻き始めにだけハンダをして,21gジャスト。
皮10.1gと合わせて,パンドーとスレッドの重さ入れてでぎりぎり32gに収まるかな・・?ちょっと超えそうw



31.91g・・・一応予定どおりなんですが0.09gしか余裕が無い^^;



ためしに浮力チェックしてみると・・・沈みすぎじゃないですか!?
まぁ,原因は浸水なんですが,せっかくのトラの子ボンバーを斬新なシンキングフロッグに仕立てるわけにはいきませんので,安全のため巻き始め部分から5cmほど糸オモリ+ハンダを削ります。


ほんのちょっと巻き始めにハンダを付けたつもりでいたのですが,けっこうしっかりと中までハンダが浸透していて,ペンチでむしりとらないと外れませんでした。ハンダ流すとかなり丈夫になりますね。
ケツ部分はがっちりとハンダを流しているので,より丈夫になっていると思うので安心安心w


パンドーでシーリング。ついでにマヨ色のほうも同じくカスタムしておきました。



こんどは浸水しないのでキレイに浮きました^^



仕上がり重量30.83g・・予定より1g軽くなっちゃいましたけど,まぁ,良いでしょw



えーっと・・・明日の朝はテ~ゲ~さんから雷撃戦のお誘いを受けていたのでしたが,現地4:30!
今もう2時だし・・・寝ないほうが良さげですねぇ。そもそも朝の弱いハリィめは起きる自信ないのです。さぁ,ボンバーちゃんさっそく頑張ってもらうぜぃ!
[ 2013/08/17 02:23 ] ライギョ | TB(0) | CM(0)

逃げまくるライギョ

最近釣りに行けず,更新をさぼりまくりなハリィです。

夏の恒例,レクリエーション活動ボランティアの講師に今年も県の方からお声がけいただいたので,そっちの準備と宿泊に入っておりました。心も体も最高に楽しいのですが,中・高校生と全力で関わるのに年々体力不足を感じずにおれません。トシだわなぁ・・ハァ・・^^;

ということで,ようやく疲れも取れた週末。朝っぱらから暑い!!・・ライギョにいくしかでしょ!


どうにも人が多いってことで気遅れしていたライギョでしたが,まずは行かなくちゃ始まらん!と気合いを入れて。

使用したのはスミスのポトフ。もーちょい大きく重ければなお良いんですけどね。自分が気に入ってるのとハイプレッシャーの場所をソフトにいくにはいいんじゃない?なんて。


で,ソフトにキャストして,極スロー引き。ちょいちょいステイ。慎重に静かに攻めていきます。

がーーしかし! フロッグが近づくとかなり距離のあるところでバシャ!!!と派手に魚が逃げていきます。
コイのびっくり逃げも混じってるかもですが,明らかにライギョな魚も逃げていきます。
小型のライギョなんて,ピョーンピョーンとトビウオみたいに逃げていく始末。

な,なんでだよ・・・そんなにまで嫌わなくたっていいじゃねーかよ><

そんな悔しい思いをしながら,遠投してバスっぽい着水バイトがパシャッと1つ取れただけ。

ウィードの状況は悪くないと思うんですが・・やっぱプレッシャーのせいなの?食い気が無いから・・?


とりあえずライギョはいるので,夕マズメにでも出直すか・・と午前中早い時間に撤収。


で,夕方まで何しようかな・・・そうだそうだ「風たちぬ」を観に行かなくては,と思い立って出撃。


べつにハリィはジブリ好きではないのです・・思いっきり個人的に言えば,紅の豚より後の作品は大して面白くない・・と思っています。世の中そんなに絶賛するほど面白いとは思えない^^;

理由はこれまた超個人的ですが「空を飛ばない宮崎映画は面白くない」と思っています(汗)

ところが今回はどうみてもヒコーキいっぱいの空いっぱいな映画な感じがするし,ヒコーキマニアとしては堀越二郎の名前を見て,反応しないわけがないでしょ!w

で,ストーリーそっちのけで観に行った結果・・・子どもを連れて行かなくてよかった,としみじみ。思いっきり大人向けですね。

「沈頭鋲で空気抵抗を減らす」なんてマニアックなとこまでいっちゃってんなら,零戦の超々ジェラルミンまで突き抜けちゃえよ!!などと明らかに間違った鑑賞をしつつ,何となくあっさりと終わった感を持っていたんですが終了後,周囲のおじさんおばさんは思い切り泣いてたのにびっくり。

うーん,どうもおいらの感覚が間違ってるっぽいぞ・・w ただ,ヒロインはジブリ史上最高にイイと思いましたw


まぁ,察しの良い方はお気づきのことと思いますが・・こういう余計なこと書いてる時点で本日の釣果は・・・w


夕マズメに再出撃したところ,向かうポイントというポイント,いろいろ車が停まってます。
仕方がないので,あまり実績の無いポイントに入り,ライギョデントス君で打っていったところ,なんとか小さなバイトをパフっと1ついただきましたが,思いっきり的外れ。フロッグに感触無し;;
なんでステイしてんのにバイト外してんの!そんなことじゃ大きくなれませんよ!などと訳のわからない独り言を言いつつ,タイムアップ。


そうそう。タックルは例によってフェングラス切り詰めのショートロッドだったんですが,次回からはロングロッドにチェンジしようと思います。
操作性には全く問題ないんですが,今日バイトが取れた二つとも遠投した先で着水間もなくだったんですね。足元や近場が叩かれまくっているのであれば,遠投先に可能性を見出したほうがいいのかなぁ・・などと。遠投するのだったらショートロッドの利点は薄れますから・・・。
[ 2013/08/11 21:17 ] ライギョ | TB(0) | CM(0)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。