スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ようやくようやく釣りへ

ものすごくご無沙汰であります^_^;

7月辺りから準備していたお仕事デスマーチがようやく終わりました。

合間を見てたまにライギョやフラットにも行ったのですが撃沈。

そんなわけで半休止、夏眠状態でしたが....

やっと出歩ける!ってことで、釣リハビリのために娘を連れて地元の小川へ。



ぽこぽこ釣れまくりで



釣り溜めては逃がしを3回ほど繰り返し



タナゴの婚姻色がキレイでした。


私はモツゴ類の猛襲を漢のミミズ一本掛けでかわしつつ、マブナ6匹をキャッチ。マブナは本当に久しぶりでした。

次の出撃は何かな~。
スポンサーサイト
[ 2014/09/26 15:04 ] その他 | TB(0) | CM(1)

減水とマルタ最終章

長靴ウェーディングでマルタ祭りを堪能した翌日。

当然ながら連戦に挑んだのですが....

川って難しいですね。たった一日で大減水。
昨日の着き場が今日は干上がって露出。

魚は居ないことは無いんですが、本隊はどこへやら。小さな群れがおとなしく定位しているだけに。


釣れない予感タップリですが、娘を連れてきたのでとりあえず開始。




アブマチックとバスライズを預けて、本意では無いんですが、「投げるときにカチッとボタン押すんだよ」と教えてやらせてしばらくすると、おいらのキャストと変わらない飛距離で飛ぶことがあったりして、びっくりしちゃいました。

昔から言われるように、子ども用にスピンキャストリールは良いのかもしれませんね。

この日はやっぱりノーフィッシュで終了。


翌日、にくくんが上流に単独ウェーディング釣行。

写真を借りてご紹介。

60のニゴイ。追い星がでてますね。
曰く、走りまわったのでなかなか楽しめたとのこと。



で、問題の外道がこちら。


ニジマス釣れちゃいました!とのことですが、あんな中流域にトラウト!??
しかもずいぶんとパーマークが鮮明な...
これニジマス、なのかなあ?

なんにせよ良かったですね!


おいらはと言えば、帰り支度のにくくんとしばし話した後、ナマズポイントへ。

炎天下でナマズ打つほどの気合いは無いので、狙いは鯉です。

まあ、メバルワームにごついジグヘッドの組み合わせで行けばですね



60オーバーってとこでしょうかね。

これ、ちょっと大きなワーム使うと喰わないどころか逃げていきます。

キャストが大変ですけど、できるだけ小さなワームを使うのが効果的らしい。

最後に自分撮りドーン!


まだマルタは行けそうですけど、そろそろナマズ頑張らないといけませんし、モンスターなあいつもシーズンに入りますし、本業のトップ、頑張りますかね(笑)


[ 2014/06/01 13:43 ] その他 | TB(0) | CM(4)

ついに瀬マルタと対面!

昨日は流心に群れる本隊ではなく、周囲の小隊を狙ってノーフィッシュでしたが、今日はあくまで本隊を狙います。

まずは気合い入れて靴下を脱いで(汗)

長靴で行けるところまで行こうって算段です。

そうしたら意外にもまったく余裕で川の中央まで行けてしまいました。
本当に遠浅だったのね^_^;

これで本隊は余裕で射程内!

始めはなかなかバイトが取れませんでしたが、本隊を越えるようにロングキャスト、あとは群れの中を流れに乗せて扇形にルアーを引いてくる、ってパターンをつかんだらバイトが出るように。


あとは写真で行きましょうか。

まずはニゴイでしたが



ついにマルタさん!



あとは連チャンで



相変わらずの良い引きですね~



普段のホームよりも川の懐が深いので上下左右に走りますね



いやー!満足満足!



帰りに余勢をかってナマズにも繰り出しましたが、こちらはワンバイトのみ。

先日良かったから今日も良い、とならないのがナマズちゃんの難しいところですかねー(^ ^)
[ 2014/05/30 21:05 ] その他 | TB(0) | CM(1)

ついに発見!マルタ・ラン!!

HFCのて~げ~さんから,マルタの遡上情報をいただきました。
それはハリィの打っている地点から約10kmも下流のポイントで目撃したとのこと。え~!?と驚くとともにやっぱりまだ終わっていなかったんだ!!と安心しつつ,当然ながら即日急行w

現地に着いてみると,確かに!!真っ黒な背びれを出しながらかなりの大群がバシャバシャとやっているのが見えます。

ただし,かなり川幅の広い流心部に居て,ちょっとおいらのタックルでは手も足も出ない距離・・・。

しばらくダメ元でキャストするもノーバイト。改めて周囲を見渡して・・・対岸に渡ればもしかしてポイントがあるかもしれない,と急いで移動。対岸側は砂浜が広がっていて,よく見るとひたすら遠浅の砂利が続いているようなのです。

これはもう,行けるとこまで行くしかでしょ!と安全を確認しながらスパイクブーツで進入!!

水深10cmくらいなので本来はどんどん行けるんですけど,内心は「うううう><」と涙目なのであります。

何を隠そう。スパイクブーツの右足のほうがどうも最近防水がイマイチなのであります。きっと浸水するよなあ・・・
と思いつつも目の前のマルタの誘惑には勝てません。およそ5mほどウェーディングしてキャスト開始。
群れの本隊にはちょっととどきませんが,周囲の第2グループぐらいは狙える距離です。

ハリィはトラウトをやったことがないので川の中で釣りをする経験は皆無だったんですが,なかなか良いもんですね!
川の中で見える範囲180°が全部ポイント。バッシャバシャなのであります。
かなり気分いいぞーー!とキャストを繰り返します。しかし,こんだけ魚がいるくせになかなかヒットに持ち込めません。

去年はマルタさえいればがしがしアタックしてきたのに,思いっきりスルーされております。
ただ,思いっきり魚が居る!と思えるのでキャストしていて飽きることはありませんね。

せめて群れ本体を打てればなぁ・・・水深20cmくらいまで入れたら,ウェーダーがあったらどんなに良いだろうなどと思いつつ,じんわりと水が浸みてくる右足が残念な感じになってまいりました。

一応暗くなるまで打ったところで3回ヒット。しかしいずれもバラシ。喰ってきたらまあバラシませんから,たぶんスレなんでしょう。
とりあえず群れを横から直撃するよりも,群れの上流からダウンストリームで巻いてきたほうが多少は反応が良いようでした。

ほとんど暗くなるまで打ち続けましたが,帰りの水中が見えないのは危ないのでストップフィッシング。

本当は暗くなるまで打った後はナマズに移行する予定だったんですが,右足がなんとも残念なほどにキャッポキャポw

長靴の水をザーっとあけて,靴下の水をザーっと絞って,車に乗り込んだところで帰宅モードになりました。

明日のアフター5はどうしようかな・・・w 最初から靴下を脱いでブーツを履くかナwww
[ 2014/05/29 21:15 ] その他 | TB(0) | CM(0)

マルタ祭りに未だ会えず,アバウトな話でお茶濁し

前回の釣行からさらに3回のマルタ行脚を敢行しておりますが,全くマルタの影も姿も無く。
一度だけニゴイ祭りに当たったのですが・・・ニゴイも産卵の時期?なんでしょうか。大きな個体を数尾が追い掛けてバシャバシャと水面をはたいていまして,計8本掛けたのですが・・・本命はマルタちゃんなんですよ^^;

もう時期を過ぎたのだろうか??とネットでちょっと検索してみると,過去に仙台で5月27日のマルタ産卵の記事がアップされていたりしまして,まだ大丈夫なんじゃないだろうか??と淡い期待をしているんですね。

5月の連休頃の田植え&増水&ミルクコーヒー濁りが引いてから産卵が始まる,って流れだと思いますし,毎週調査に出ているので見逃しも無いと思うんですけどね・・・バーチカルスプーンで釣った時にはマルタの婚姻色がまだ薄い・・真っ黒では無かったですし。

んーむ・・・このまま出会えずに今シーズンが終わるのか,それともこれからワンチャンあるのか?もう少し通ってみたいと思います。もし他の生物のように月齢の影響があるのならば,5月15日頃?が満月だったので6月初めにチャンスがあるかナ??


と,そんなわけで全く成果が上がらないので,めっちゃアバウトな話を書いてみます。

スピンキャストリールを使っていると,どうもラインはPEじゃなくてナイロンが扱いやすいのです。滑りが良いですし,ライン射出口やピックアップピンの摩耗も抑えられそうですしね。かつ,瀬マルタの引きに耐えるためにもカップ内でのライントラブルを防ぐためにも,ある程度太めのほうが使いやすいのです。

最近はベイトでもスピニングでもナイロンラインを使う機会が減っておりまして,ナイロンの強度ってどんなんだっけな?と思い立ち,ちょっと調べてみました。

ここからが超アバウトの本題になるんですが・・・

ナイロン2号で約8lb,3号で約12lb・・・つまり,号数×4倍がおよそのlbなようです。
高級ラインはもっと細くて強い,なんて違いはあるでしょうけど,とにかくアバウトに行くのです。

3号で12lbってことは約6kgの引っ張り強度,つまり号数×2倍がおよその耐久kgかな。

ただ,直線でラインを引っ張りっこしたら3号=6kgで良いんですが,実際にはルアーと結んで使用するわけです。

結節による強度低下が(いろんなノットはあるでしょうけどね!)およそ5割・・・・・強度が1/2になるって考えます。


すると・・・あれ???


号数×2倍×結節強度1/2倍=実耐久kg となり

「号数=実耐久kg」 つまり「3号ナイロンは実釣強度3kg」ってことになるんじゃないですか???

ま,めっちゃアバウトな計算ですので眉唾もんですけど,お徳用ラインなんかで遊ぶときの参考にどうぞ(笑) 


[ 2014/05/26 20:56 ] その他 | TB(0) | CM(1)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。